mog TIPS

焼き肉・バーベキューの煙で発生する頭痛対策。ゴーグル装着で煙をブロック

【 本記事のターゲット 】

  1. 焼き肉やBBQが好き
  2. 最近焼き肉・BBQの数時間後激しい頭痛が発生
  3. 頭痛にならないように対策を考えている

今回は焼肉やBBQで頭痛がよく発生する方向けに、煙&目から来る頭痛対策としてゴーグルを着用する方法をご紹介します。

mog自身、家族や知り合いなどでキャンプやBBQを実施したり、家の中でもガスコンロ使って卓上焼き肉を良くするのですが...

歳を重ねたせいか、最近焼き肉等を食べると、数時間後に激しい頭痛に襲われる事がしばしば...

昔は頭痛になった事なんてあまりなかったんですけどね...

焼き肉・BBQはこれからも続けたかったので、自分なりに色々原因を考えていた所、

  • 炭火焼・卓上コンロで肉を焼く時に発生する煙が目に入る

これによって、目の奥が徐々に痛くなり、最終的には頭痛を引き起こすのでは?と考えるようになったんですよね。

という事で、今回は目に煙が入らないように、ゴーグルを装着して頭痛を防ぐ方法をご紹介したいと思います。

焼き肉やBBQで頭痛が発生するという方は、本記事を参考にしてみて下さいね。

ゴーグルで目を覆って焼き肉・BBQの煙をブロック。頭痛発生を抑制する

キャンプ・公園・家などで焼き肉・BBQをすると毎回頭痛が発生

20代の頃は焼き肉と頭痛なんでアルコールを飲み過ぎた時くらいしか発生しなかったのですが...(要するに二日酔い)。

30代になってから、普通に適量のアルコールを飲んで焼き肉を食べているだけなのに、数時間後急激に頭痛が発生するという症状が毎回のように出るようになってしまいました...

歳のせいなのか...原因不明。

焼き肉自体は本当に好きなので、よく実施しているのですが...その度に夜頭痛に苦しみ、眠れない日々を過ごしていました。

どういった時に発生しやすいのか...あくまでmog自身の体質などもあるので参考程度ですが、

  • 肉を焼いた時に発生する煙が大量に目に入る
  • 霜降り肉など、油分が高めのお肉を食べる
  • アルコールを若干取りすぎる(缶ビール3本以上)

上記条件が揃うと、それはもう堪え難い頭痛が発生する事に...泣。

以前別記事でご紹介した「アルピタン」を飲むと、焼き肉とアルコールを同時に食べて飲んだ時の頭痛を程よく改善する事が出来たのですが...

アルコールを飲まない時でも、頭痛は発生するんですよね...

いつも途中で目が痛くなる。目から来る頭痛を防げないか考察

頭痛の発生ですが、食べている時や食べ終わった後は至って普通...

いつも発生する時間は決まっており、例えば夕食で食べた後、お風呂に入って寝た後数時間経過した後が一番症状が酷いです。

大体6時間後くらいでしょうか。次の日が平日のときは本当に会社に行きたくない&行けないのでは?と思うくらいの頭痛が発生します。

なのでいつも朝3時とか、朝4時とかに一番苦しんでいる感じ...

頭痛の種類は主に目の奥と頭のてっぺん・後頭部あたり。群発頭痛のような感じだと思うのですが、両方の目の奥から痛みが発生しているような感じ。

この目から来る頭痛...先ほど頭痛になる原因を記載しましたが、焼肉やBBQで発生する煙が目に入って引き起こされるのでは?と考えたんですよね。

目を覆う事が出来る安価ゴーグルを購入。若干お粗末だが値段相応

という事でBBQや焼き肉、特に脂身が多い肉を焼いた時、炭や炎の上に落ちた時に発生する煙が目に入らないようにしようと考えました。

目の周り全体を覆うもの...スノボなどで利用している目を完全に覆うゴーグルが良いですよね。

スノボ用はごっついので、アウトドア系...できればスポーツ系のゴーグルがないかどうか色々探してみたところ...

1000円ちょっとで購入出来る上記商品を発見。

若干怪しそうな商品ですが...そもそも効果があるのかどうか分からなかったので、とりあえず安価なゴーグルを楽天経由でポチッと購入。

税金がかかるやらなんやら...と記載されて注意喚起がされていましたが、特に発生する事なく1週間ちょっとで国際配送(多分中国から?)にて到着。

上記のような感じ、とりあえず中身を開けてみると...

おぉ、想像していた通りのゴーグル。色つけるのは嫌だったので、透明のゴーグルを購入してみました。

見た目はいい感じです。値段が安いので仕方ないですが、若干ちゃっちい...苦笑。

別角度で撮影。

目の周辺にぴったりフィットするようになっていて、クッションがついているので、多少ゴーグルをつけたときの痛み防止となっています。

また、上面に空気孔がいくつか付いており、曇り止め防止も付いていました。

ちなみに、メガネを欠けた状態では装着する事は出来ませんでした。裸眼かコンタクトレンズ必須になりますね。

あと、気になったのが作りが若干脆い事...

上記、目の周辺にフィットする時にあたるクッション材となりますが、粘着部分が若干はみ出して付いている...

この部分、指で触ると若干ベトベトします。装着箇所が大きくずれているようには見えないので、少し余裕をもって作られているのか...

あと、このゴーグルが届いた時、右側の部品が取れた状態で届いたんですよね。

まぁこの部分は指で簡単に外れるような設計みたいなので、再度下記の通りはめ込めば問題ないのですが...

あと、頭に装着する部分は下記のようなゴム・ベルト素材となっていました。

多少大きさは調整出来るので、自分の頭にあった広さに調整して利用しました。

ゴーグル使ってみた結果、頭痛発生無し。多少暑い&曇るのが難点

さて、こちらのゴーグルを使ってみた感想なのですが...

焼き肉・BBQ時の煙が発生している状況にもかかわらず、一切煙が目に入ってこなかったですね。

それでも多少入ってきているとは思いますが、今までよくあった「目も開けられない」ような煙攻撃は完全に無効化する事が出来ました。

今回アルコール・ビールも飲んでいたので、多少頭痛・目も少し痛くなりましたが、これは通常のアルコールを飲んだときと同じ症状で、耐えがたい頭痛というのは発生しませんでした。

別記事でご紹介した「アルピタン」と合わせて利用すれば、頭痛発生をかなりの確率で抑制出来るんじゃないかな...と思った次第です。

まぁこのあたりは個人によって差があるので、効果がない人もいればmog同様に効果があるという人もいるかと。

あと、このゴーグルですが、やはり目の周りが若干暑くなってきますね...暑いというか蒸すといった感じ。

今回5月中旬で使ったので、全然我慢できる範囲だったのですが...本格的な夏になったとき、汗が垂れ落ちる中使うのはちょっときついかもです。

あと、最初は問題なかったのですが、途中からゴーグルが曇りだしました...特に何も対策をしていなかったので、曇り止めなどを併用した方が良かったかもです。

今回は一度煙がない所でゴーグルを取り外し、ティッシュで曇った部分を拭いた後、少し空気に当てて乾燥させて再度利用致しました。

個人的には、とりあえず目を煙から保護する事が出来たので、今後も焼肉やBBQ時に活用していこうかと思っています。

最後に

今回は焼肉やBBQなどで発生する煙が目に入った際に、目の奥がいたくなって頭痛が発生する場合の対応策をご紹介しました。

とりあえず手元に一つゴーグルあれば、いざという時に利用出来ますので...

焼き肉・BBQの煙が目に入らないようにしたいという方は、一度ゴーグルを試してみて下さいね。

Copyright© mogblog - family challenge - , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.