食べ物

キャナリィ・ロウで利用出来るランチメニュー種類・価格一覧をご紹介

2021年10月23日

【 本記事のターゲット 】

  1. キャナリィ・ロウで昼食・ランチを食べたい
  2. 昼の時間帯で利用できるキャナリィ・ロウのランチメニュー種類・価格一覧を知りたい

今回は女性の間で大人気の南欧風イタリアンレストラン「キャナリィ・ロウ」のランチメニュー種類・価格一覧をご紹介します。

2021年10月、平日に休みが取れたので、妻と一緒に上記「キャナリィ・ロウ」へ訪問してきました。

13時前での訪問となり、ちょうどランチメニューが利用できるタイミングでした。

ランチコースが利用できる時間帯(おそらく11時〜15時の間?)だったので、パスタとピザ・そして前菜バイキング(サラダバー)やドリンクバーを利用してきました。

実は訪問前にどんなメニューがあるんだろうと調べてみたのですが、キャナリィ・ロウのランチメニューの情報がネット上にあまりなく...

今回訪問利用した際に、ランチコースの全メニュー・価格一覧をメモしてきましたので、本記事にてご紹介します。

これからランチタイムにキャナリィ・ロウへ訪問予定の方、ランチコースの内容を知りたいという方は、本記事を参考にしてみてください。

ちなみに、持ち帰り・テイクアウトも実施しており、下記別記事にて種類・価格一覧をご紹介しておりますので、気になる方はあわせて見てみて下さい。

キャナリィ・ロウのランチコース種類・価格一覧をご紹介。パスタ・ピザどちらかのコースから選択しよう

パスタをメインとしたランチコース種類・価格一覧(全31種類)

キャナリィ・ロウですが、ランチコースは「パスタ」か「ピザ」どちらかから選択する形になります。

パスタもピザも、非常に多くの種類が含まれていて、どのメニューを注文しても「前菜のバイキング」と「フリードリンク」がついてきます。

なので少々値段は高めですね。それでも女性には大人気、平日昼間に訪問したのですが、満席で10分ほど待ったくらいなので...

という事で、どんなランチコースが選択できるのか、値段はどのくらいなのかを見ていきましょう。まずはパスタから。

上記写真の左側に31種類のパスタが紹介されています。

下記にテキストベースで箇条書きで記載していきます。

オリーブオイルベースのパスタ

  • なすのアーリオ・オーリオ:1,230円 + 税
  • ドライトマトとハーブのアーリオ・オーリオ:1,280円 + 税
  • 薫りベーコンのアーリオ・オーリオ:1,380円 + 税
  • 海老のフリットとアーリオ・オーリオ:1,530円 + 税
  • 海の幸のアーリオ・オーリオ:1,630円 + 税

ジェノヴァ風バジルソースのパスタ

  • スウィートバジルのペペロンチーノ:1,330円 + 税
  • スウィートバジルのペペロンチーノとグリーンアスパラ:1,380円 + 税
  • スウィートバジルのペペロンチーノと薫りベーコン:1,480円 + 税
  • スウィートバジルのペペロンチーノとスモークサーモン:1,530円 + 税
  • スウィートバジルのペペロンチーノとイタリア産生ハム:1,630円 + 税

トマトソースのパスタ

  • プッタネスカ(アンチョビとオリーブ):1,330円 + 税
  • 薫りベーコンとなす:1,480円+ 税
  • 帆立貝柱となす:1,480円 + 税
  • モッツァレラチーズ:1,530円 + 税
  • ペスカトーレ(海の幸たっぷり):1,630円 + 税
  • 海老のポモドーロ(海老のトマトソース):1,630円 + 税
  • モッツァレラとなすのラグーソース(ミートソース):1,580円 + 税

クリームソースのパスタ

  • きのこのクリームソース:1,380円 + 税
  • カルボナーラ炭焼風:1,480円 + 税
  • 帆立貝柱とエビのクリームソース:1,530円 + 税
  • めんたいこのクリームソース:1,530円 + 税
  • スモークサーモンとエビのクリームソース:1,530円 + 税
  • 帆立貝柱とグリーンアスパラのトマトクリーム:1,580円 + 税
  • 海老のクリームソース バジル風味:1,630円 + 税

和風仕立てのパスタ

  • にんにくとベーコンの悪魔風のスープ:1,230円 + 税
  • にんにくとベーコンのディアブロ風のスープ(にんにくと唐辛子が2倍):1,290円+ 税
  • きのことバジルの輪数スープ:1,290円+ 税
  • めんたいこ:1,290円 + 税
  • めんたいこときのこ:1,480円 + 税
  • めんたいことスモークサーモン:1,630円 + 税
  • めんたいこと海老のフリット:1,580円 + 税

+180円で大盛り可。カルボナーラ炭焼風の大盛り注文、ボリューム満点

という事で、パスタは全部で31種類から選ぶ事が可能です。

そして、パスタに関しては+180円で大盛りにする事が可能なんですよ。

なので、今回下記の通りカルボナーラ炭焼風の大盛りを注文してみました。

実際に運ばれてきた商品が下記。

ちなみにパスタに関してですが、目の前でスタッフがコショウやチーズをパスタの上でかけてくれます。

どのくらいの量をかけるのか、ストップというまでかけ続けてくれるので、自分である程度調整する事が可能となっていました。

で、パスタの量ですが...成人男性のmogが食べてもお腹いっぱいになるくらい、ボリューム満点でしたよ。

妻はピザの方を頼んで、そちらは大盛り・Lサイズとかはできなかったのですが、二人でもう食べれないくらい満腹という状態になりました。

パスタの味自体も美味しかったです。個人的にはピザよりパスタの方が美味しかったかな...

生パスタをメインとしたランチコース種類・価格一覧(全6種類)

あと「生パスタ」もいくつか提供されていました。先ほどのメニュー表の右に掲載されているので、こちらも箇条書きで記載しておきますね。

同様に「前菜のバイキング」と「フリードリンク」がついてきます。

  • カルボナーラ:1,580円 + 税
  • ずわい蟹のトマトクリーム:1,690円 + 税
  • モッツァレラとナスのラグーソース(ミートソース):1,660円 + 税
  • 帆立貝柱とエビのクリームソース:1,630円 + 税
  • きのこのポルチーニソース:1,690円 + 税
  • 海老のクリームソース バジル風味:1,690円 + 税

ちなみに、生パスタは「大盛り不可」となりますので、注文時はご注意下さい。

がっつりお腹いっぱい食べたい方は通常のパスタを選択して大盛り注文しましょう。

ピザをメインとしたランチコース種類・価格一覧(全8種類)

次にピザのランチコースメニュー種類一覧をご紹介します。

同じく全てのメニューで「前菜のバイキング」と「フリードリンク」がついてきます。

  • カプリ(モッツァレラチーズ・バジル・トマト・ベーコン):1,530円 + 税
  • ボローニャ(ペパロニサラミ・エビ・ベーコン・ピーマン):1,480円 + 税
  • ポルトフィーノ(エビ・イカ・サーモン・ツナ・オニオン):1,680円 + 税
  • ジェノヴァ(ペパロニサラミ・ガーリック・オリーブ・アンチョビ・バジル):1,480円 + 税
  • マンジャーレ(チキン・ベーコン・コーン・オリーブ・ピーマン):1,580円 + 税
  • カンパーニャ(ダブルチーズ・ベーコン・グリーンアスパラ・レッドピーマン):1,580円 + 税
  • パルマ(生ハム・ルッコラ・オリーブ・パルミジャーノチーズ):1,780円 + 税
  • ピッコリーナ(エビ・イカ・ベーコン・オニオン・コーン・ペパロニサラミ):1,680円 + 税

ジェノヴァを注文、ピリ辛で美味しい。タバスコも付いてくる

今回は下記商品「ジェノヴァ」を注文してみました。こちらは大盛りとかないので、下記サイズのみになるかと。

少し写真で切れてしまっていますが、タバスコも付いてきますので好みの辛さに調整する事が可能です。

ボリュームは男性だとちょっと足らないかな...思った以上に味が濃ゆくて、辛くて美味しかったです。

先ほども記載しましたが、個人的にはパスタ大盛りの方がお腹もいっぱいになりましたし、美味しかったですね。

TIPS:手作りドルチェ(ケーキ3種盛り合わせ)をデザートにつける事が可能

ちなみにですが、ランチコースには下記「手づくりドルチェ」を+320円でつける事が可能です。

こちらのお店はやはり女性客が多く、そして多くのお客さんがこちらのデザートメニューを注文していました。

今回実際に妻が注文して食べましたので、その時の様子を下記別記事にまとめています。気になる方はあわせて見てみて下さい。

TIPS:季節限定メニューや2名様用ランチコースなどもある

あと季節限定メニューなども用意されていました。

例えば上記、今回訪問したタイミングが10月という事なので、秋メニューとして限定パスタが提供されていました。

あとは下記のようなランチコースもありました。

二人で利用できるランチコースですね。

  • 渡り蟹のパスタランチ:3,560円 + 税
  • チーズフォンデュランチ:3,660円 + 税
  • パエリアランチ:4,160円 + 税

それぞれ二人分の前菜バイキングとドリンクバーが付いていて、メイン料理が2品あるような構成になっていました。

全てのコースにサラダバー(前菜のバイキング)・ドリンクバー付き

ちなみに、全コースに付属している前菜バイキング・サラダバーは下記のような感じ。

店の中に専用コーナーが設けられていて、セルフで好きな食材を選んだり、好きな飲み物を入れたりと食べ飲み放題というシステムになっていました。

こちらで利用できる食材や飲み物の種類一覧に関しては、下記別記事にてまとめていますので、気になる方はあわせて見てみて下さい。

最後に

今回は南欧風イタリアンレストラン「キャナリィ・ロウ」のランチメニューをご紹介しました。

女性客に大人気のイタリアンレストラン、もちろんカップルやファミリー連れも多くいらっしゃいましたよ。

昼の時間帯・ランチコースを利用したいと考えている方は、本記事を参考にしてみて下さい。

© 2021 mogblog - family challenge - Powered by AFFINGER5