mog TIPS

ダイソーのソーラーライト(300円)がおしゃれ・性能良し。購入利用ブログ

【 本記事のターゲット 】

  1. 庭に太陽光で充電・夜にピカッと光る「ソーラーライト」を設置したい
  2. 100円均一ショップ「ダイソー」で販売しているソーラーライトが気になる

今回は100円均一ショップダイソーで販売しているソーラーガーデンライト「ソーラーライト 炎ゆらゆら」に関して、実際に購入・設置してみた体験談をご紹介します。

上記はダイソーの店内に設けられているソーラーガーデンライトのコーナーになります。

今回訪問したのは2021年11月となりますが、安くて質の良いソーラーライトが多数販売されていましたよ。

ホームセンターでも1000円前後で販売されていましたが、やはりダイソーの方が圧倒的に安い(200円〜300円)ので、mogは今回ダイソーの「ソーラーライト 炎ゆらゆら」を購入してみました。

購入後の組み立てや使い方、庭に設置してどのように光るのか、光出す時間やライト持続時間など、実体験を元に写真付きで詳しくご紹介します。

ダイソーのソーラーライトが気になるという方は、本記事を参考にしてみて下さい。

ダイソーの「ソーラーライト 炎ゆらゆら(300円)」購入利用ブログ。組み立て方・光出す時間帯・ライト持続時間など実体験レポート

100円均一ショップ「ダイソー」、色んなガーデン用のソーラライトが販売

2021年11月、下記別記事でも記載しておりますが、自宅の庭に勝手に車が侵入してこないよう、お店でガーデン用のソーラーライトを探しにホームセンターをぐるぐると訪問してみました。

ナフコやコーナンなど色々あったのですが...1000円前後とちょっと高い(汗)

そういえば、100円均一ショップでもソーラーライトを売っていると聞いたことがあるなと思い出し、近くにあるダイソーへ訪問してみることに。

お、ありましたよ。

色々な種類のソーラーライトが販売されています。ソーラーライトなので、基本昼間太陽光で充電して夜発光するというものになります。

上記写真は200円のソーラーガーデンライトですね。安く購入したいという方はこちらで良いかと。

次に今回購入した「ソーラーライト - 炎ゆらゆら -」になります。こちらはお値段300円。

ちょっとおしゃれな形をしており、ライトの色も雰囲気が良い暖色系となります。

あとは上記の柄・カラーが入ったソーラーライトも販売されていました。こちらもお値段300円となります。

ソーラーライト - 炎ゆらゆら - 購入。1本300円(税込330円)

ということで、今回はお洒落にソーラーライトを設置したかったので、下記ソーラーライト - 炎ゆらゆら - を300円(税込330円)で購入する事に。

箱に刺さっていたソーラーライトを引き抜いて、レジにて購入。

上記のような感じ。箱にも入っていない状態なので、非常にシンプルですよね。

組み立ては足を付けるだけ。電源スイッチをONにするのを忘れずに

ではこれを実際に組み立てて行きましょう...と言いたいのですが、する事は一つだけ。そう、足を付けるだけなんです。

購入後の商品はビニールで保護されているので、そちらを破ります。そして、足の部分がスポッと抜けるようになっているので、足を抜いて逆側にして再度さします。

上記のような感じですね。とんがっている方を下に向けて装着すると...

上記のような感じになります。これで完成、めちゃくちゃ簡単です。

ただ、一点注意しないといけないのが、電源スイッチを入れないと光らないという仕様になっています。

上記の通り、説明書にも記載されています。

まず、ソーラーライトの頭部分を手でグリグリっと回します。下記の通り簡単に外れる仕様となっています。

そして白い部分の根元をみると、「ON」「OFF」と記載されているスイッチがあるのが分かるかと。

購入直後はOFFになっているので、これをONにするだけ。これで準備完了です。

TIPS:万が一、光がつかなかったら電池切れ or 不良の可能性あり

スイッチをONにする時、少し気になった事が...

んん??よく見ると電池が入っているような気が...

説明書を読んでも、この電池の利用用途とかに関しては一切触れられていないですし、ソーラー充電式なので基本電池はいらないはず。

が、口コミを見てみると、たまにこの電池が切れていたり不具合を起こしてソーラーライトがつかない事があるんだとか。

もしかしたらソーラー充電が出来ていない時や、光のON / OFF時などに利用されているのかも知れませんね。

もし電源をON & 十分に太陽光で充電した後でもライトが点灯しないという事であれば、一度電池を交換してみるのも良いかも知れません。

設置方法は庭の地面に刺すだけ。ソーラーパネルで自動充電

では実際に庭へ設置してみましょう。

とはいっても、設置方法も簡単ですよね。ほどよく柔らかい土にソーラーライトを刺すだけでOKです。

下記のような感じ。

どうです?結構お洒落じゃないですか??

上部にソーラーパネルがありますので、当然ながら太陽がよく当たる所に設置しておきましょう。十分に充電できなかったら夜点灯しないかも知れませんので...

ソーラーライトは夕暮れに自動で点灯。フル充電で7時間以上光り続ける

ここで一つ疑問。

そういえば、これってどのタイミングで点灯するんだろうか?何か設定がいるのか、それとも自動なのか...

おそらく光センサーみたいなものが付いているのか、夕方になると自動で点灯しました。

どのくらいか...というと、なかなか表現が難しいのですが、車のライトを付けようかどうか迷うような暗さですかね。まだ薄暗いといった感じの状態で、自動で光り出しました。

そして、周囲が真っ暗になると下記のような感じで、炎のようにゆらゆら光り出しました。

写真だとちょっとわかりづらいと思うので、動画でご紹介します。※音声無し動画です。スマホで上手く再生出来ないという方は、上段にある「完全版を表示する」をタップして再度表示してみて下さい。

どうです?実際に炎がゆらゆらしているような暖色系の光で、まるでキャンプの焚き火のような感じで雰囲気が良いですよね。

今回1本だけだったのですが、これを複数本購入して庭をお洒落に見せるという事も出来るかと。

ちなみに、この光が夜中いつまでもつのか...太陽光でフル充電した後、夜中のライト持続時間はどのくらいなのか。

実はまだ正確に計れていないのですが、11月では17時過ぎに点灯して、夜中0になった時に見てみてもまだ点灯していたので...7時間以上は持つという結果となっています。

最後に

今回は100円均一ショップ「ダイソー」で販売しているソーラーライトに関して、実際に購入してみた体験を元に写真付きで詳しくご紹介しました。

ダイソーのソーラーライトが気になるという方は、本記事を参考にしてみて下さい。

© 2021 mogblog - family challenge - Powered by AFFINGER5