旅行

ユネッサン近くの安い旅館ベネフィット・ステーション箱根宮城野宿泊レポ

更新日:

【 本記事のターゲット 】

  1. 箱根へ旅行に行く予定がある
  2. 大型プール&スパ「ユネッサン」へ行きたい
  3. ユネッサン近くの安い宿、ユネッサンのチケットがセットになっている旅館を探している

今回は神奈川県箱根にある大型プール&スパ「ユネッサン」近くにある安い宿「ベネフィット・ステーション箱根宮城野」に宿泊してきましたので、旅館宿泊レポートとして詳しくご紹介したいと思います。

先日別記事にて幼稚園児・小学生と一緒に箱根ユネッサンは楽しめるか?という記事を記載させて頂きました。

箱根ユネッサン幼稚園児&小学生は楽しめる?プールの水深・滑り台情報レポ

過去3回ユネッサンに訪問した事があるのですが...やはり箱根って旅館に泊まるとまぁそこそこ値段するんですよね...

今回は家族旅行で特に旅館の質にはこだわっておらず、とりあえず安く泊まれるところがあればそれでいいやと思い色々調査していた所...今回のベネフィット・ステーション箱根宮城野に辿り着きましたので詳細をレポートします。

箱根ユネッサンに家族旅行で行きたいという方は参考にして見てくださいね。

場所

箱根ユネッサンから車で5分程度

ベネフィット・ステーション箱根宮城野の場所ですが、箱根ユネッサンから数km、車だと5分程度しか離れていない場所にあります。

ユネッサン日帰りだと朝一で入る事は難しいですが、この距離なので朝ごはんを8時前に食べて9時前に旅館を出発すれば十分朝一で入る事が可能ですよ♪

mog家は...ちょっとお寝坊さんが多いので、9時30分前に出発して9時30分にユネッサンへ入る事が出来ました。それでも朝はほとんどユネッサン貸切状態♪

ユネッサン&夕食朝食付&祝日で家族4人3万円台で宿泊可能

ベネフィット・ステーション箱根宮城野の一番のメリットはやはり安さ♪ベネフィット・ステーションという名前が付いている通り、福利厚生サービスの宿になります。

おそらく会社勤めをされている方で利用出来る方も多いのでは?利用出来る方はベネフィット・ステーション箱根宮城野以外にも直営の宿はありますので、箱根以外でも一度調べる価値はありそうです。

で、気になる値段なのですが、今回2018年6月2日(土曜日)に宿泊、1泊2食付きでさらにユネッサンの利用券(水着エリア)が人数分付いてなんと驚異の下記料金。

  • 大人・・・・12,050円
  • 小学生・・・8,130円
  • 幼稚園児・・6,040円

大人2人、小学校3年生、幼稚園年中さんの4人で3万8千円(ビール代などは省きます)で宿泊利用出来ましたよ♪

受付時に下記ユネッサンの利用券をもらえます。

箱根という観光名所で、さらにユネッサンの利用券もついてこの値段はかなり魅力的かと♪

ベネフィット・ステーション箱根宮城野宿泊体験レポ

空いているスペースに自由に駐車可能、旅館とちょっと離れている

ではここからは実際にベネフィット・ステーション箱根宮城野を利用した時の状況を元に、詳しくご紹介していきたいと思います。

まずは現地到着...結構坂が激しい&道が狭いのでゆっくり現地へ訪問するようにしましょう。

入口入ると直ぐに駐車場があります。下記のような感じ...

旅館の入口まで少し坂を登る必要があり(階段あり)、200mくらい離れているので、直接入口まで荷物を運びたい...という方はここに駐車せず左側にあるスロープを車で登って行って入口に車をつけるようにしましょう。

が、駐車スペースは上記入口にしかないので、車をUターンした後再度この駐車スペースまで戻ってくる必要があります。

客室詳細レポ、冷蔵庫・洗面台・トイレ・広さや間取りなど

車を止めたら入口ロビーで受付を実施します。その際先ほどのユネッサン利用券や歯ブラシ等ももらえるので、部屋まで持っていくようにしましょう。

では実際にチェックイン後の客室設備をご紹介していきたいと思います。部屋の鍵は通常の鍵になります。部屋の扉を開けた時の状況が下記。

ベビーカーなどを利用されている方はこちらに置いておく事が出来るくらいのスペースが確保されていました。ちなみに旅館内は入口で靴を脱ぐのでスリッパOnlyになります。

次に冷蔵庫。下記程度のスペースは確保されています。子供が寝静まった後に一杯する感じで入れておくのも良いかもしれませんね。

電気ポットとコップ・お茶の葉も完備。ドライヤーも置かれていました。

人数分のグラスと栓抜きも準備されていました。

洗面台です。ハンドソープとコップ、リセッシュなどがありました。

タオルはなくて紙で手を拭く感じです。タオルはお風呂用のものがあるので、ここに置いて置いて子供たちにはそちらを利用させても良いかと。歯ブラシは受付で人数分もらう感じになります。

お風呂利用後に干す部屋用物干しも用意されていました。

次に客室の間取りです。10畳くらいでしょうか。家族4人であれば十分すぎるスペースです♪

テレビやティッシュ、ゴミ箱も完備。もちろん部屋にエアコンもありました。

布団はセルフ型になっています。押入れの中に人数分枕とマット、シーツ・かけ布団が用意されていました。

布団を敷いて見た感じが下記。4人であれば隙間があるくらい十分なスペースがありましたよ。

夜はちょっと寒いかな...と思っていましたが全然大丈夫でした。また子供連れが多いので隣とかうるさいかな...と思いましたが、全く音は聞こえませんでした。壁が分厚いのかな...

あと押入れ内にハンガーと人数分のハンドタオル&バスタオル、大人の浴衣が用意されていました。子供の浴衣はありませんでした。

浴衣の下に金庫もありました。部屋の鍵に小さい鍵がくっついているので、それを利用して金庫を開け閉めする事が出来ます。

一応部屋の外、ベランダに出る事も可能です。ベランダに外用のスリッパが用意されていました。まぁ周りから丸見えになるので、ほとんどの方はベランダ利用されていませんでしたが...

ベランダから見た景色が下記。

自然に囲まれている&箱根の山々を見渡す事が出来ますよ♪あと下記利用規定も紹介しておきます。

  • 朝食:7時30分〜9時00分
  • 夕食:18時00分〜20時00分
  • チェックイン:15時、チェックアウト:11時

といった所でしょうか。食事エリアにはアルコール持ち込みは別途料金が発生するようです。

旅館の広間、無料コーヒー、囲碁将棋もある

さて、客室の紹介が終わったので、客室以外の施設に関しても見ていきましょう。まずは2Fにある大広間スペースです。

下記の通り結構な広さがあり、お風呂上がりなどゆっくりくつろぐ事が可能なスペースになっています。壁も全面ガラス張りなので眺めも良いですよ♪

ここには下記ドトールの無料コーヒーが設置されていました。これが地味に嬉しかったです。

コップと砂糖・ミルクも付いているので、この広間で一息つくのも良いですし、mogは3回ほどここでコーヒーを入れて客室へ持って帰っていました。

その他広間の端っこに下記「囲碁」と「将棋」が置かれていました。1式ずつです。

息子とお風呂上がりに2局将棋を指しましたよ♪ちょっと面が削られすぎていて少々見にくかったですが...

無料卓球台が1台、ラケットとピンポン球も完備

次によく利用した施設として、1Fフロント横に下記卓球台が設置されていました。

無料で利用する事が可能です。1式なので混雑するかな...と思っていたのですが、3回ほど利用しましたがそのうち1回だけ他の家族とバッティングした以外、直ぐに利用する事が出来ました。

上記の通り、ラケットとピンポン球も完備されていましたよ。

自販機コーナー、値段は良心的な価格設定

卓球台の横に下記自販機が備え付けられていました。

ソフトドリンクとアルコール類両方ありましたよ。値段は通常自販機で販売している値段そのままです。旅館だと結構高いイメージありますが、さすがベネフィット・ステーション♪

マッサージチェアとマッサージコーナー

マッサージコーナーとしては、先ほどの広間に下記マッサージチェアが設置されていました。100円15分で利用可能です。

そのマッサージチェアの後ろにはマッサージ施設があり、下記料金で利用可能となっています。

最終予約が21時、22時まで利用可能となっていますので、利用される方はまず予約をしておきましょう。

外にちょっとした簡易アスレチックがある

あと子供が喜んだ設備としては、下記の通り旅館の外に簡易アスレチックが設置されていました。

うんていを楽しんだり、滑り台で滑ったり...

まぁこれだけでも20分くらいはここで遊べたかな?下記の通り、ちょっとしたハンモック代わりに箱根の自然を満喫するという事も出来ますよ♪

大浴場、内風呂1・露天風呂1、サウナなし。貴重品入れ有り。

諸々遊んだ所で夕食前にお風呂に入る事に。

お風呂場には下記貴重品入れが完備されているので、財布・携帯などを持ち込んだ方は利用するようにしましょう。

お風呂設備としては、洗い場が5つあってボディーソープ・シャンプー・コンディショナーが完備されていました。

内風呂が1つあり、広さ的には大人20人くらい入れるくらい♪

露天風呂も1つあり、広さは大人8人くらい入れる大きさ、けど結構水温が熱く...直ぐに内風呂へ戻ってしまいました。

風呂上がりは扇風機と綿棒、ドライヤーなども完備されていました。あ、使い捨ての髭剃りもありましたよ。

風呂場の外には下記冷水機が設置。

ここで一杯休息する事が出来ます。座る場所がないので立ち飲みになりますが...

夕食はレストラン施設で、メニュー・ドリンク価格一覧

では最後に食事部分をご紹介。まずは夕食から。

再度規約の案内となりますが、夕食は18時〜20時の間になり、ドリンクラストオーダーは19時30分と少々早めの時間設定になっています。

またアルコール関連には、指定されているものに関しては持ち込み料を支払って利用する事が可能です。浴衣姿でそのまま利用出来ます。

レストランは隣の建物になります。1Fは繋がっていますが、2Fの場合は下記の通り外の通路を歩いて渡っていく感じです。

レストラン内は下記のような感じ。

場所は部屋番号で指定されているので、入口で部屋番号を伝えて指定場所まで案内してもらいましょう。

上記の通り、今回は座席へご案内されました。幼稚園年中の娘にはちゃんと子供用の椅子が用意されていましたよ。

大人メニュー

では食事の内容をご紹介。下記が大人向けメニューになります。まぁこちらはプランによって違うので参考程度に...

そこそこ美味しかったですし、量もまぁまぁ...mogでちょうど良いくらいだったので、もしかしたらよく食べる方は少し量が足りないかも...

メニュー表も下記の通り置かれていました。

小学生メニュー

次に小学生メニューが下記となります。なんと、まさかのお寿司♪

これには小学校3年生の息子もテンション上がっていました。4歳の娘がちょっと羨ましいといった感じで見つめていました(苦笑)。

幼稚園児メニュー

で、4歳の娘の幼稚園メニューが下記。

これはこれで美味しそうですけどね。子供が好きなメニュー構成となっていました。

ドリンクメニュー一覧

有料ドリンクメニュー表が席に置かれていました。下記がアルコール・ソフトドリンクの有料メニューになります。

さっきの自販機とは違い、まぁさすがにそこそこ高いですね。mogは地ビールを注文してしまいました...680円。後から高いと言われるのを恐れつつ...苦笑。

座席だとスタッフが近くまで来てくれない&テーブルに注文ボタン等がないのでちょっと追加注文等しにくかったかな...

まぁけど値段が安いので...mog個人としては全然満足できるレベルです。

朝食もレストラン施設で、メニュー一覧

では次に朝食メニューになります。

場所は同じ、2Fのレストランコーナーにいく感じです。場所も同じように部屋番号で決まっており、夕食と全く同じ場所に案内されました。

下記が大人メニューになります。朝なので、まぁちょうど良いくらいのメニュー♪

下記が小学生メニュー♪ほぼ大人と同じですが、梅干しがないのとしゅうまいが付いているというあたりが微妙に違う(苦笑)

そして下記が幼稚園児メニュー♪完全に子供向けです。朝は逆に息子が幼稚園児メニューを羨ましがっていました。

朝食も多くもなく少なくもなく...旅館等で朝食バイキングだとお腹一杯になるまで食べて苦しんでしまうというのがいつもの事なのですが、今回は腹八分目&これからユネッサンにいくのでちょうど良い分量でした♪

最後に

今回は箱根ユネッサン近く・アクセス抜群の場所にある安い旅館「ベネフィット・ステーション箱根宮城野」をご紹介しました。

値段の割には設備はかなり良いですし、ユネッサンの利用券が付いているプランがあるので、箱根ユネッサン近くで宿を探されている方・ベネフィットワンが利用できる方は検討してみてはいかがでしょうか。

-旅行

Copyright© mogblog - family challenge - , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.