旅行

草津ナウリゾートホテルの客室の広さ・間取り・アメニティ・各種設備を紹介

【 本記事のターゲット 】

  1. 草津温泉へ訪問、草津ナウリゾートホテルへ宿泊予定
  2. 客室の設備・広さ・アメニティ一覧を知っておきたい

今回は群馬県草津温泉の旅館・リゾートホテル「草津ナウリゾートホテル」に関して、実際に宿泊した体験を元に客室の設備や広さ・アメニティ一覧をご紹介します。

2020年11月下旬の3連休、家族で草津温泉へ旅行に行ってきました。

宿泊先は今回ご紹介する草津ナウリゾートホテルとなり、種類豊富なバイキングと温泉をたっぷり堪能してきましたよ♪

今回宿泊したプランですが、できるだけ安く済ませたかったため「エコノミー和洋室」を予約しました。このプランであれば4名まででも利用できるので、家族4人で宿泊して楽しんできましたよ。

で、このエコノミー和洋室はじめ、草津ナウリゾートホテルの客室の設備やアメニティはどういったものがあるのか気になる方も多いかと。

という事で、実際に宿泊した体験を元に、草津ナウリゾートホテルの客室設備等を写真付きで詳しくご紹介します。

これから草津ナウリゾートホテルへ宿泊予定という方は、本記事を参考にしてみて下さいね。

ちなみに、下記別記事にてホテルの駐車場や大浴場&温泉・バイキング内容など諸々ご紹介しておりますので、良ければ参考にしてみて下さいね。

また、下記別記事にて草津温泉までの道路事情や足湯情報・その他豆知識に関して記載しておりますので、気になる項目あれば併せて見てみて下さい。

目次

草津ナウリゾートホテルの客室広さ・設備・アメニティ一覧。冷蔵庫・加湿空気清浄機・電気ポット・金庫など

フロントでチェックイン、鍵を2つ受け取る・通常の鍵タイプ

別記事でご紹介しておりますが、草津ナウリゾートホテルは目の前が駐車場となっていて、いつでも無料で駐車可能となっています。

今回mog家は車で訪問し、駐車場に車を停めて下記フロントにてチェックインを行いました。

チェックインは15時から、部屋の鍵を2セット渡していただけましたよ。

鍵は2つあった方が何かと便利ですよね。嫁さんとmogでそれぞれ一つずつ持つ事にしました。

よくあるホテルの作り、左右に客室が配置

鍵を受け取ったら客室までエレベータに乗って移動します。

作りは通常のビジネスホテルのような感じ、廊下があって左右に客室が配置されていましたよ。

入り口はそこそこ広い、スリッパが人数分用意(大人&子供用)

部屋の扉は通常の鍵タイプとなります。mog家が訪問した時はオートロックになっていなかったので、鍵をさして開け閉めするタイプでした。

客室の中に入ると、上記の通りそこそこ広い玄関スペース。ベビーカーなどは問題なく置いておけそうです。

あとは上記スリッパが人数分用意されていました。

ちゃんと大人用と子供用2種類用意されていましたよ。

和洋室なので手前にベッド2式、奥に畳&机・椅子が4式

部屋の作りは下記のような感じ。

和洋室なので、手前にベッドが2セット用意されていて、奥のスペースが和室&机と椅子が用意されていました。

今回mog家では、子供がベッドで寝たいという事だったので、大人が和室・子供がベッドという形となりました。

大人と子供用の浴衣が用意、上着も用意されている

ベッドの上に浴衣が用意されていました。

こちらも大人用と子供用それぞれ用意されていましたよ。

後ほどご紹介しますが、サイズが合わない場合は変更する事も可能です。

あと草津温泉って標高が1200m近くあるのでまぁまぁ寒いです。

浴衣の上に羽織る上着も上記のような感じで用意されていましたよ。

エアコンは温度調整不可、強弱を設定する事は可能

部屋にエアコンは付いていたのですが、詳細な温度設定などは出来ない仕様でした。

コントローラーはベッドの間にある上記スペースで操作する形です。こちらもビジネスホテルによくあるタイプですね。

今回11月下旬に訪問したのですが、若干寒かったですがエアコン付けなくても問題なく過ごす事が出来ましたよ(夜中、外の気温は2度まで下がったようですが、部屋の中は快適でした)

※TIPS:一番奥の窓際がそこそこ寒かったです。

和室の机の上にお菓子あり、布団は夕食バイキング後スタッフにて準備

和室は下記のような感じで、6畳スペースとなっていました。

一応家族でボードゲーム・トランプなどここで実施しましたが、狭いと感じる事なく快適に過ごす事が出来ましたよ。

机の上に草津温泉のお菓子が人数分置かれていました。美味しく頂きましたよ。

あとは布団ですが、和室の奥にある収納スペースをあけると中に用意されていました。

が、こちらは特に自分たちで何かしないといけないというわけではなく...

上記の通り、夕食バイキングが終わった後、部屋に戻ってきたらスタッフにて布団を準備していただいている状態となっていました。

電気ポット・500mlの水×人数分が用意、コップ・煎茶あり

部屋の中のアメニティをもう少し詳しくみていきましょう。

まず、いつでも湯が沸かせるように電気ポットが1台設置されていました。

あとは人数分の500mlの水がペットボトルで置かれていました。これは地味にうれしかったですね。

夜中とか喉が渇くというシーンが度々あったので...この水が大活躍しましたよ。

あとは上記の通りコップも用意されていて、お茶(煎茶)も人数分×2セット用意されていました。

冷蔵庫はからの状態で利用可能、ホテル1Fにドリンク・アルコール販売あり

テレビ台の下に下記冷蔵庫が1台設置されていました。

中身は空っぽの状態なので、家から持参してきたドリンク・アルコール飲料などを冷やしておく事が可能です。

あとホテル1Fに上記売店があるのですが...

店の奥にソフトドリンク・アルコール飲料が豊富に販売されていました。

値段は350mlビール缶が270円、500mlビール缶が360円、500mlのソフトドリンクが150円といった感じ。まぁまぁ良心的な値段で販売されていました。

加湿空気清浄機1台用意あり

あと冬場に嬉しい加湿空気清浄機が1台部屋に設置されていました。

若干申し訳ないスペースに挟まっている感じなので、mog家は空気の通りをよくするため少し斜めにして利用させていただきました。

ホテル内って結構乾燥するので、加湿ができるのはありがたいですね。水はからの状態なので、洗面台などで水を入れて利用するようにしましょう。

液晶テレビ1台設置、自由に閲覧可能

テレビはそこまで大きく無い小型の液晶テレビが1台設置されていました。

もちろん追加料金などは必要なく、自由にみる事が出来ましたよ。

クローゼット・ハンガーあり。下に金庫も用意

入り口近くに下記クローゼットが用意されていました。

ハンガーも複数用意されていたので、こちらに服をかけておく事が可能です。

あとこちらに浴衣の上着が用意されていました。

その下には下記金庫が用意されていました。

金庫も通常の鍵タイプとなっていました。バイキングや温泉へ行く際はこちらの金庫を利用しましょう。

洗面台に使い捨て歯ブラシ・ドライヤー・ハンドソープ・タオルあり

次に洗面台まわり。こちらは入り口入ってすぐ左手に下記のようなスペースが用意されていました。

人数分の使い捨て歯ブラシ・くし・ドライヤーなどが用意されていました。

あとは人数分のコップとハンドソープなども用意されていました。

ハンドタオルも人数分用意されていました。

大浴場・温泉で利用するためのバスタオル&袋あり。タオル掛けも

洗面台の横になりますが、下記スペースにバスタオルが用意されていました。もちろん人数分ありました。

あと袋も用意されていたので、大浴場・温泉に行く際の着替えなどを入れて持参していく事が可能です。

上記タオルかけも近くに用意されていました。

温泉・大浴場を複数回利用したいという方は、こちらのタオル掛けを使ってタオルを乾かしておきましょう。

トイレ・お風呂はユニットバス、トイレスペースは少々狭い

客室にあるトイレ・お風呂は下記の通りユニットバス仕様となっていました。

草津ナウリゾートホテルは温泉・大浴場があるので、客室のお風呂は多分利用しないとは思いますが...

トイレはウォシュレット、問題なく利用できる広さではありましたが、若干スペースが狭く感じました。

ホテル・客室はフリーWiFi利用可能だが、客室内は若干電波が悪い...

あと客室内ではインターネット・フリーWiFiが利用可能となっていました。

上記のような感じ、PWはかかっていないので、試しに手持ちのiPhoneで接続してみました。

特に難しい操作は必要なく、タップするだけで接続完了。

一応そこそこ使えたのですが...今回mog家が宿泊していた客室の場所の位置が悪かったのか、何度か通信が切れる・接続できない(扇マークが消えたので、そもそもWiFi接続が切れてしまった)場面がありました。

TIPS:浴衣のサイズ変更可能、有料で各種ゲームレンタル可

あと先ほど記載しましたが、浴衣のサイズが合わない場合、下記一覧より選択し直す事が可能です。

その他、トランプやウノ・将棋など、ボードゲームを有料レンタルする事も可能となっていましたよ。

今回mog家はトランプやボードゲームを持参してきたので利用しなかったのですが、夜中みんなで遊びたいと思っている方は、こちら検討してみましょう。

最後に

今回は草津温泉の旅館・リゾートホテル「草津ナウリゾートホテル」に関して、客室の設備や間取り・アメニティ一覧をご紹介しました。

部屋はけっして広いとは言えないですが、必要なアメニティ類は一通り揃っていたので不自由はしなかったです。

これから草津ナウリゾートホテルへ宿泊予定・訪問を検討しているという方は、本記事を参考にしてみて下さいね。

© 2021 mogblog - family challenge - Powered by AFFINGER5