ITラボルーム

iPhoneのパスコードをアルファベット・文字列で自由に設定する方法

【 本記事のターゲット 】

  1. iPhoneを利用している
  2. iPhoneのパスコード(パスワード)をアルファベット・英数字が混ざった複雑なものに設定したい

今回はiPhoneを使っている方向けに、パスコードを英文字で設定する手順をご紹介します。

iPhone、言わずと知れた日本で一番利用されているスマートフォンですよね。

mog自身も過去iPhone 4S、iPhone 6、iPhone 8、iPhone XSと利用してきており、途中から指紋認証や顔認証(Face ID)がついたりと、生体認証を使ってセキュリティもどんどん進化してきています。

指紋認証や顔認証だと、本人しか解除出来ないですよね。

が、大元のパスコードって必ず設定する必要があります。

指が濡れていたり、マスクをしている状態だと生体認証がうまく反応せず...その場合は、端末に設定したパスコードを入力てロックを解除します。

しかし、このパスコード、iPhoneだとデフォルトで数字6桁の設定となっているんですよね。もちろん、数字6桁ってパターンはものすごく多いので、基本破られる事はないのですが...

中には、もっと強固なパスコードを設定したいという方もいらっしゃるかと。6桁以上設定出来て、数字だけではなく英文字を交えたパスワードを設定したいなど...

そんな方向けに、iPhoneで6桁以上&英数字を交えたパスコードへ設定変更する手順を画面キャプチャ付きで詳しくご紹介します。

ちなみに、他記事にて逆パターンとなりますが、簡易的なパスコード設定・数字4桁の設定をする手順をご紹介しておりますので、良ければ合わせて見てみて下さい。

iPhoneのパスコードを数字ではなく英数字交えた複雑なパスワードに設定変更する手順

iPhoneはデフォルトで数字6桁のパスコード設定を進めてくる

まず、現在設定されているパスコードを確認しておきましょう。

最近のiPhoneだと、おそらく「指紋認証」か「顔認証」どちらかを利用されている人が多いと思いますが...

あえてロック画面で何度か失敗(違う指で認証・顔を隠して認証)していただき、パスコード入力画面に進んでみてください。

おそらく、上記の通り6桁の数字パスコードを求められるんじゃないかと思います。

もちろん、カスタム設定をされている方は違うと思いますが...

iPhoneの初期セットアップを順番に実施していくと、6桁の数字パスコードを設定するように進められるので、上記画面の通り6桁の数字パスコードが設定されているという方が比較的多いんじゃないかと思います。

「設定」→「パスコード」と進み、設定されているパスコードを入力

ではこの6桁の数字パスコードを英数字交えた複雑なパスコードへ変更する手順をご紹介します。

ちなみに、今回の画面キャプチャは「iPhone XS(iOS 13)」をベースとしております。

手元にiPhone 8もあったので、並行して設定内容確認しましたが、ほぼ同じだったので機種が違う場合も参考にしてみて下さいね。

まず、iPhoneのホーム画面を表示していただき、「設定」アプリをタップします。

上記画面の真ん中あたり、歯車のアイコンですね。

タップすると下記画面が表示されます。

少し画面を下にスクロールしていただくと...

「Face ID とパスコード」という項目があります。ちなみに、iPhone 8 の場合だと「Touch IDとパスコード」という表記になっていました。

機種によって多少違いますが、「パスコード」と書かれている項目を探してタップしてみましょう。

すると、下記の通り現在端末に設定しているパスコードを入力するように求められます。

ここは最低限思い出していただく必要がありますので、ご自身で設定している6桁の数字パスコードを入力しましょう。

「パスコードを変更」をタップする

すると、下記画面が表示されます。

この箇所もFace ID対応のiPhoneなのか、指紋認証(ホームボタンあり)のiPhoneなのかで多少表記は違いますが、パスコード変更部分は同じなので、気にせず進めてみて下さい。

画面を少し下にスクロールすると...

「パスコードを変更」という項目がありますので、こちらをタップします。

すると、上記画面が表示されますので、面倒ですが再度現在端末に設定しているパスコードを入力しましょう。

「パスコードオプション」をタップ、「カスタムの英数字コード」を選択

パスコードの入力が完了すると、「新しいパスコードを入力」という画面が表示されます。

この画面でパスコードの変更ができるのですが、そのまま入力するのではなく画面下に表示されている「パスコードオプション」をタップします。

すると、下記画面が表示されます。

  • カスタムの英数字コード
  • カスタムの数字コード
  • 4桁の数字コード

今回は英文字パスコードへ設定変更しますので、「カスタムの英数字コード」を選択しましょう。

「カスタムの英数字コード」で6桁以上の英数字交えた複雑なパスコードが利用可

「カスタムの英数字コード」をタップすると下記画面が表示されます。

「新しいパスコードを入力」という欄は同じですが、先ほどは6桁の丸が表示されていましたが、今回はフリーテキスト形式の枠が表示されています。

こちらに、iPhoneのソフトウェアキーボードを使って、英文字と数字好きな文字列を入力する事が可能ですよ。

もちろん、桁数も6桁以上可能なので、少し長めのパスコードを設定してセキュリティを上げておくという事も可能です。

ただ、あんまり長くしすぎる&複雑にすると覚えきれなくなるので程々に...

設定が完了したら、一度画面を閉じてiPhoneのロック解除の画面を表示してみましょう。

上記の通り、先ほどのロック画面とは違ってフリーテキストで入力する欄が表示されます。

iPhoneのソフトウェアキーボードを使って、こちらに先ほど設定した英数字パスコードを入力してみましょう。

「カスタムの数字コード」で6桁以上の数字パスコードが利用可

ちなみにTIPSですが、先ほどパスコード設定変更画面で「カスタムの数字コード」をタップすると、6桁以上の自由な数字パスワードを設定する事が出来ます。

カスタムの数字コードをタップした場合の画面が下記。

同じように、フリーテキスト欄が表示されますが、数字のみ桁数に関係なく入力してパスコードの設定を行う事が可能です。

ちなみに、設定後iPhoneのロック解除画面を表示すると...

上記の通り、数字6桁のパスワード解除画面と似たような形になっていますが、上部に表示されている欄が6つの丸ではなく、フリーテキスト欄として表示されます。

mog自身、9桁の数字パスコードを検証で設定してみたのですが、問題なく利活用出来ましたよ。

最後に

今回はiPhoneのパスコード(パスワード)に関して、数字6桁から英数字・カスタム数字といった複雑なパスコードに設定変更する手順をご紹介しました。

パスコードを数字だけではなく複雑なものにしておきたいという方は、本手順を参考に設定変更してみて下さいね。

-ITラボルーム

Copyright© mogblog - family challenge - , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.