mog TIPS

沖縄の冬はコート必要?不要?1月末那覇市内へ行った時の状況を元に解説

【 本記事のターゲット 】

  1. 冬に沖縄へ行く予定がある
  2. 那覇市内などコートは必要なのか不要なのかを知りたい

今回は冬の沖縄に関して、コートは必要なのか不要なのかという部分に関してご紹介してみたいと思います。

先日2019年1月末という、冬真っ只中に東京から沖縄へ行く用事があり、羽田空港から飛行機でひとっ飛びしてきました。

で、行く前にちょっと疑問に思っていたのが

  • 沖縄ってそもそもコートは必要なのかどうか?

という点。

普段東京での通勤時に利用しているコートを沖縄へ持って行くかどうかを迷っており...

もし不要だったらコートって結構な荷物になって邪魔になるので羽田空港までの移動時だけ我慢すれば良いんじゃない?という事で今回は思い切ってコートを着ずに沖縄へ訪問してみました。

けど、実際に現地の人たちって冬コートを着ていないのかどうか...よくわからなかったので若干不安だったんですよね。

という事で、実際に現地沖縄・那覇市の冬はどうだったのかという部分を詳しくご紹介します。

沖縄・那覇市内の冬はコート不要、実際に現地の様子を元にご紹介

1月末の東京は最高気温10度、最低気温2度前後とめちゃくちゃ寒い...

まずmog自身は東京に住んでいるので、東京の1月末の気温などを簡単にご紹介。

まぁこちらはみなさんのご想像通りですが...直近だと下記のような感じですね。1月下旬の東京の天気・気温になります。

1月は本当に雨が降らず...晴れマークが続いていて、日々めちゃくちゃ乾燥していますよね。特に2019年はインフルエンザがめちゃくちゃ流行っています...苦笑。

気温は...寒いです。最高気温が10度ちょっと、最低気温は2度前後でしょうか。外出時コートがないとかなり辛いです...

ユニクロのヒートテックなどを着込んで、羽田空港までコートなしで移動

という事で、東京ではコート無しで生活するのはかなり厳しいです。東京の通勤時間帯など電車の中を見ていても、コートを着ていない人ってほぼいないですよね。

一方沖縄・那覇市内の気温を少し見てみると...最高気温は20度前後、最低気温は15度前後と東京の最高気温より、沖縄の最低気温の方が高い予報になっていました。

なかなか判断が難しかったのですが...いや、ここはコートを持って行くと絶対に邪魔になりそうだから、今回はコート無しで羽田空港まで行こうと決断♪

冬の東京なのに、コートなしでチャリに乗って電車を乗り継ぎ、羽田空港まで移動...

ユニクロのヒートテックや手袋を着用したり、コート無しの状況でできるだけの防寒対策を実施して、無事羽田空港へ到着。

まぁ寒かったですが、30分ほどであればなんとか耐えれるかな...電車やモノレールの中は暖かいですしね。

という事で、いざ那覇空港に向かってフライト♪

飛行機内はコート無しでも十分暖かいです。コートを持って行っている時も、席に着く前に脱いでいますしね。

冬の沖縄・1月末の気温は最高気温20度・最低気温15度前後

という事で、しばらく飛行機内にて時間を過ごします。

羽田空港から那覇空港って3時間かかるんですね...思った以上に長い( 苦笑)。帰りは気流の関係で2時間ちょっとみたいですが、行きが長いです。

その間、飛行機内のエンターテイメントコンテンツをiPad で閲覧していたのですが...その時に下記の通り沖縄・那覇市内の天気・気温の1週間予報が表示されていました。

うーん、こちらを見ても、やはり暖かい。

那覇市内の状況ですが、一番暖かい日で最高気温は23度、一番寒い日でも最低気温15度といった状況です。

1月末ですよ?東京では考えられない気温です...

那覇空港へ到着...降りた直後はそうでもないが、しばらくすると汗が吹き出す

さて、長いフライト時間も終わりに近づき、沖縄本島が飛行機から見えるようになってきました♪

そして無事、那覇空港へ着陸。

飛行機の外へ出てみたところ...搭乗口の通路(空調があまり効いていないエリア)ですでになんとなくモワッとした感じが...苦笑。

そして那覇空港のメインエリアへ行き、とりあえず昼ごはんを食べようとレストランを探していたのですが...

上記わかりますでしょうか?

誰一人コートなんて着ていないですよね。見にくいかもしれませんが、右側にいるスタッフなんて半袖ですよ?(苦笑)

那覇空港のレストラン街は4Fにある&時間があまりなかったので、ちょっと少し早足で歩いて向かったのですが...ヒートテックを着込んでいた関係からか、若干汗が噴き出してきました...

まぁもともとmog自身汗かきなので...そのくらいの気温と思っていただければOKかと。

那覇空港で沖縄そばを食べる頃にはヒートテックも脱がないと耐えれない状況

そして...沖縄といえばやはり「沖縄そば・ソーキそば」を食べておきたいところですよね。

という事で、下記の通り、ヒートテックを着込んだ状態で沖縄ソーキそばを注文♪

やってしまった...暑い...完全に汗が噴き出している(苦笑)。

1月末なのに汗をかく事になるとは...という事で、沖縄そばを食べる前は薄着になっておきましょう。(苦笑)

冬の沖縄は東京のGWくらいの陽気、日中那覇市内でコートを着ている人はいない

その後、空港から那覇市内へゆいレールというモノレールを使って移動したのですが...

モノレールの車両内、なんとなく冷房が効いている気が...いや、違うな。これは多分送風ですね。とはいえ、1月末にも関わらず暖房は一切効いていませんでした。というより、暖房をする必要がないくらい暖かいです。

那覇市内・国際通り到着後、色々人の様子を見ていたのですが...いやはや、誰一人としてコートは着ていないですね。むしろ海外からの旅行客で体格が良い男性などは半袖...

mog自身もコート無しで色々散策してみましたが、まぁ東京でいうGWくらいの陽気に近い感じを受けましたね。キャンプとかちょうど良さそうな気候♪

あとこれは人から聞いた話ですが、1月末にも関わらず、なんと美ら海水族館のあたりでは桜が咲いていた模様。

という事で、冬の沖縄・那覇市内ではコートは不要ですよ♪

東京や大阪などから来られる方、空港までの間が寒いかと思いますが、できればコートは持参せずに行った方が荷物にならなくて良いかと思います。

最後に

今回は真冬の沖縄・那覇市内に関して、コートは必要かどうかという部分を1月末に訪問した体験を元にご紹介しました。

結果、沖縄・那覇市内であればコートは冬でも不要です。沖縄へ行く予定がある方は参考にして見てくださいね。

-mog TIPS

Copyright© mogblog - family challenge - , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.