食べ物

天下一品のカップラーメンはまずい?美味しい?実食レポート。ドロっとしていない

【 本記事のターゲット 】

  1. 天下一品が好き
  2. 天下一品のカップ麺を食べたい。美味しいのか不味いのか、実際に食べた人の感想を聞きたい

今回はこってりラーメンとして有名な「天下一品」のカップ麺に関して、実際に食べてみた体験を元に詳しくご紹介します。

10年以上前になりますが、mog自身昔大阪に住んでいた事があり、よく近くの天下一品へ訪問して食べにいったのを覚えています。

濃厚こってり、他のラーメンとは一味も二味も違う独特のラーメンに対して、「好き」という人もいれば「嫌い」という人も多いですよね。

mog個人的にはちょっとこってりしすぎかな、、、という事で、昔は裏メニューとなっていた「屋台の味」を選択してよく食べたものです。

そんな天下一品ですが、先日とあるスーパーの中を散策していると、天下一品のカップ麺が販売されていたので、試しに購入して実際に食べてみました。

天下一品のカップ麺は美味しいのか不味いのか?こってりしているのか?気になる人も多いかと思いますので、実際に食べてみた体験を元に、写真付きで詳しくご紹介します。

天下一品のカップ麺が気になるという方は、本記事を参考にしてみて下さい。

ちなみに、一蘭のカップ麺の体験レポートを下記別記事にて記載しております。一蘭のカップ麺も気になるという方は、下記記事もあわせて見てみて下さい。

天下一品のカップ麺は美味しい?まずい?実食レポート。いつものドロっと感がない、思った以上にさらっとしている

近所のスーパーでカップ麺の天下一品を発見。価格は1個200円程で販売

2022年6月、近所のスーパーを散策していると、下記カップ麺の販売コーナーを発見。

よく見てみると、mog自身大好きな「一蘭」と「天下一品」のカップ麺が販売されていました。

本記事では天下一品のカップ麺を紹介したいと思いますが、最初見つけた時は「天下一品のラーメンか、、、値段高いんだろうか、、、」と思っていたのですが、

上記の通り、200円で販売されていました。

思ったほど高くないですよね(隣で販売されていた一蘭のラーメンが高すぎたせいで安く見えた、、、)

天下一品カップ麺を1個購入。製造元は太平食品工業、販売者はサンヨー食品

という事で、試しに一個購入してみました。

側面の詳細内容を見たのですが、販売者はサンヨー食品株式会社、製造所は太平食品工業株式会社となっていました。

天下一品の会社は「株式会社天一食品商事」となりますが、その名前は記載されていなかったです。

カップ麺の天下一品を作ってみた。熱湯4分、スープ・具材など3袋が同梱

では実際に天下一品のカップ麺を作ってみましょう。

作り方も側面に記載されていました。

まずは蓋を半分まであけて、中に入っている袋を取り出します。

袋は下記のとおり、「かやく」「特製スープ」「液体スープ」の3つが入っていました。

かやくを麺の上に乗せて、、、

熱湯を入れて、蓋をします。

蓋の上に液体スープの袋をおいて、4分待機します。

4分経過したら、蓋をあけます。

お箸で麺をしっかりとほぐして、、、

特製スープと、、、

液体スープを入れます。

そして、再度しっかり混ぜると完成です。

ん??あれ??

混ぜた時に感じたのですが、天下一品のこってりラーメンにあるドロっとした感じがない、、、むしろサラサラしているような、、、

これ、大丈夫なのか??

TIPS:ゆでたまごやネギ、替え玉の事前準備を推奨

ちなみに、かやくだけだと具材としてはちょっと寂しいので、下記の通りゆでたまごやネギなどを用意しておきましょう。

で、一蘭のカップ麺の時にはげしく後悔したのが「替え玉」がなかったという事。

一蘭のカップ麺はスープがめちゃくちゃ美味しかったのにもかかわらず、具材もないし麺も少量という事で、替え玉が欲しくなってしまったんですよね。

という事で、近所のイトーヨーカドーに事前に立ち寄って、上記の通り麺だけ販売しているコーナーにて麺一袋を購入しておきました。大体70〜80円くらいで購入可能です。

それをカップ麺が出来上がるタイミングを見計らって茹でてお皿に乗せておきます。

という事で、上記で準備完了です。

具材を入れて、麺を食べ終わったら替え玉追加という戦法でお腹いっぱい食べてみたいと思います。

実食レポート。美味しいが、天下一品の特徴でもあるドロっと感は殆ど感じられない

まずは麺をすくってみます。

うーん、まず最初に思ったのは、天下一品のこってりラーメンの場合、ドロっとしていて嫌というほど麺にスープが絡むのですが...

どうもサラッとしすぎてて、そんなに絡んでいるような感じがしない...

そして実際に食べてみたのですが、やはりこれは「天下一品のこってり」ではないですね。まぁ美味しいんですが、、、あの天一のラーメンとは程遠い味・感覚のように感じました。

こってりではなく、どちらかというと屋台の味をもう少しサラッとさせたような感じ。

天一のこってりを想定して食べるとギャップが激しいと思うので、天一ファンの場合は注意が必要です。

とはいえ、200円カップ麺という事でそこそこ美味しい、、、すぐにラーメンが空になりましたので、ここで替え玉投入です。

スープもそこまでガッツリ飲まなければ上記の通りそこそこ残っているので、替え玉分としては問題ないかと。

ということで、再度もう一人前食べる感じで天一のカップ麺を頂きます。

で、ちょっとここで気付いたのですが、、、替え玉を投入した事で温度が下がったせいなのか、ちょっとスープにトロみが出てきたんですよね。

ただ、、、ちょっと天一のドロっと感とは違った感じ。片栗粉みたいなドロドロ感でしょうか。。。味は美味しいのですが、あんまり気持ち良いトロみという感じではなかったです。

ドロっと感が出て麺に絡んだせいなのか...

スープを特に飲まなくても、替え玉投入後は上記スープ分量しか残らなかったです。

カップ麺自体は美味しいのですが、、、個人的には天下一品のこってりラーメンとは別物と考えた方が良いですね。

最後に

今回はこってりラーメンで有名な天下一品のカップ麺に関して、実際に食べてみた感想を元に詳しくご紹介しました。

値段の差もあると思いますが、個人的には一蘭のカップ麺が一番美味しかったですね...天下一品のカップ麺は本当に別物だと感じました。

天一のカップ麺が気になるという方は、本記事を参考にしてみて下さい。

© 2022 mogblog - family challenge - Powered by AFFINGER5