mog TIPS

与島PAはUターン可能。瀬戸大橋の観光・写真撮影に最適。お土産・レストランあり

【 本記事のターゲット 】

  1. 瀬戸大橋を見てみたい
  2. 近くで大迫力の瀬戸大橋を見てみたい
  3. 瀬戸大橋の途中にあるパーキングエリア「与島」ではUターンできると聞いたが本当か?料金はいくら?

今回は岡山県と香川県を繋いでいる「瀬戸大橋」の途中にあるパーキングエリア「与島」に関して、Uターンが可能なのか?瀬戸大橋はどんな感じで見えるのか、実体験ベースで詳しくご紹介します。

mog自身出身が兵庫県なのですが、子供だった頃、よく親に連れられて岡山県に旅行に行っていたんですよね。

車で訪問していたので、山陽自動車道を走って向かっていたのですが、なぜか毎回少し遠回りして「与島パーキングエリア」に観光しに行っていたんですよ。

で、そのまままた岡山へ戻って旅行を楽しんだという記憶がうっすら残っており...

最近になって、子供と一緒に岡山から香川・徳島へ旅行にいったのですが、久々に与島へ立ち寄って見ました。

...ここでふと思ったんですが、瀬戸大橋の道路は高速道路になっていて、普通高速道路のPA(パーキングエリア)やSA(サービスエリア)ってUターンできないですよね。

けど、昔の記憶からUターン出来ていたように思ったので...今回実際に与島PAへ立ち寄って、どんな仕組みになっているのか、Uターンはできるのか?料金はどうなるのか詳しく調査してみました。

また与島にあるレストランやお土産、展望台からの瀬戸大橋の眺めなど、色々調査してきましたので、与島パーキングエリアが気になるという方は、本記事を参考にしてみて下さい。

与島PA(パーキングエリア)ではUターン可能。通行料金は?瀬戸大橋は見れる?レストランなどの設備は?現地利用体験ブログ

与島PAは瀬戸大橋の真ん中の島にある。そこそこ大きいパーキングエリア

2022年10月、家族旅行として岡山から香川・徳島へ行くために瀬戸大橋を渡ることに。

岡山インターから山陽自動車道に入り、途中から瀬戸中央自動車道へ入り、しばらく走ると壮大な瀬戸大橋が見えてきました。

いやぁ、瀬戸大橋って圧巻なんですよね。

他の橋もすごいと思うんですけど、やっぱり橋の大きさ・瀬戸内海の上を走っているという爽快感...

晴れていれば、窓をあけて爽やかに駆け抜ける、それだけで日々のストレスが吹っ飛んでいきそうな感じ。

で、しばらく瀬戸大橋を走っていると、丁度中間地点にパーキングエリアがあります。その名も「与島PA(パーキングエリア)」。

上記奥に高速道路の道がグルグル巻いているのが見えると思いますが、こちらから上記写真に写っている与島PAの駐車場に入ります。

で、ちょっと気をつけないといけないのが、駐車場に入る手前に合流地点があるんですよ。

上記見てわかる通り、与島パーキングエリアは岡山方面からも香川方面からも同じ駐車場に入るシステムになっていて、上り・下りでパーキングは分かれていないんですよね。

なので、岡山から入ると香川から来た車と合流する地点があるので、合流するときは気をつけながら通過するようにしましょう。

パーキングの大きさもそこそこ大きく、この日は3連休という大混雑時期に訪問しても全然満車になっていなかったので、通常の土日程度であれば問題なく入れるかと思いますよ。

高速道路のPAなのに、与島PAではUターンして元に戻ることが可能

さて、この与島PAなのですが、駐車場が上りも下りも同じ...ということは、普通にUターン出来てしまうんじゃないか?と疑問に思う方もいるかと思います。

通常高速道路では逆走になってしまうので、上りと下りのパーキングは別々になっているのですが、与島は同じエリアになっている...

ということは、出る時も岡山方面・香川方面へ分岐があって、それぞれ好きな方向に進めるのでは?と。

これに関して、現地与島PAにて下記のような注意喚起の看板が掲載されていました。

  • 与島PAは岡山・香川いずれの方向からも立ち寄ることができ、また岡山・香川のいずれの方向へ行く(戻る)ことができます。
  • 本線に戻られる途中のチェックゲートでは、与島PAに立ち寄ったことの記録を行います。

やはり、この与島PAではUターンが可能ということですね。仮に岡山方面から瀬戸大橋を使って与島まできて、瀬戸大橋の景色を堪能してそのまま岡山へ戻るということが可能となっていました。

与島PAから出るときに、上記の通りチェックゲートという料金所のような箇所を通過するのですが、そのときに与島PAへ立ち寄ったという記録が記載されるようです。

その後、やはり岡山方面・香川方面へ道路が分岐していて、好きな方面に進むことが可能です。

これ、間違えると大変なことになるので、分岐部分は慎重に...

Uターンしたら料金はどうなる?お得に瀬戸大橋を利用する事が出来る?

ここで疑問。そもそもUターンしたら料金はどうなるんだろうか?と。

mog自身も疑問に思ったので、下記例を使って色々料金を調べてみました。料金はETC搭載の普通車・平日料金の場合を記載しています。

  • 児島IC(岡山)から坂出北IC(香川)まで行く場合:1730円(走行距離15.9km)
  • 児島IC(岡山)から与島PAで折り返し、児島IC(岡山)で降りる場合:1580円(走行距離15.2km)
  • 坂出北IC(香川)から与島PAで折り返し、坂出北IC(香川)で降りる場合:1860円(走行距離16.6km)

岡山から香川へ通過する場合と、岡山・香川それぞれ瀬戸大橋に一番近いインターから乗って折り返した場合が上記料金となります。

料金自体は距離に応じて発生しているようなので、特段お得だとは言い切れないのですが...ただ、通常だと高速道路折り返しは出来ないので...

例えば岡山から瀬戸大橋を通過して香川へ行って、再度香川から岡山に帰ってくる場合、1730円(児島IC=坂出北IC)の2倍(往復)となる3460円料金が発生します。

が、与島PAで折り返しを行うと、当然ながらその半額となる1500円ちょっとで利用することが可能となっていますよ。

瀬戸大橋・与島PAが目的ということであれば、このプランもうまく使っていきたい所ですね。

与島パーキングではレストラン・芝生広場・展望台などが利用可能

ではせっかくなので、簡単に与島PAをご紹介します。

与島PAの全体MAPが上記となるのですが、メインはいろんなお店や展望台が入っている与島PAの建物となっています。

その中に色々な売店やお土産屋さん、そして展望台では瀬戸大橋を目の前で見る・写真を撮ることが可能となっていました。

その他、屋外では芝生広場や座ってまったりするエリアなどもありましたよ。時期によっては水遊びも出来るみたいです。今はコロナの影響でやっていないかもですが...

瀬戸大橋の景色は絶景。展望台から瀬戸大橋の景色を独占・写真映えする

今回せっかく与島に立ち寄ったので、家族で瀬戸大橋をバックにして良い写真を撮ってみようということで...

上記展望台の上に上がってみました。展望台は無料で利用出来ますので、上記階段を登って展望台まであがってみましょう。

おぉ、めちゃくちゃ良い景色。晴れていれば上記の通り雄大な瀬戸大橋が綺麗に見れますよ。

ということで、いろんな角度から写真をパシャリ。

上記のような感じで、巨大な瀬戸大橋を背景に映える写真を撮影することが出来ました。

屋台多数、レストランやジェラート工房も。おいしい食べ物が沢山

その他、美味しそうな匂いがぷんぷん...

牛串や焼きそば・フランクフルトなど、屋台が多数出店されていました。

あとは店内に「よしまレスト」というセルフ形式のレストランもありました。

オリーブ地鶏定食や讃岐定食、与島ラーメンなど美味しそうな料理が沢山ありました。

今回写真にはおさめていませんが、架け橋といううどん屋さんもあるようです。

あとはこの日暑かったということで...

上記ジェラート・ソフト工房「マリン」が大盛況。右側の発券機に10人くらい人が並んでいました。

美味しそうなソフトクリームが販売されていましたよ。パーキングの休憩として、ソフトクリームは食べたい一品ですよね。

お土産屋「よしまルシェ」、中四国のお土産が沢山集まって何でも揃う

あとはお土産屋さんもありました。

この与島ですが、住所としては香川県になりますので、香川県のお土産・うどんが多数販売されていました。

が、中四国の間にあるということで、岡山の銘菓なども多数販売されていましたし...

少し離れた場所となる上記「徳島ラーメン」なども販売されていましたよ。

与島に来れば、中国・四国のお土産それぞれを購入することが出来そうです。

最後に

今回は瀬戸大橋の中間地点にあるパーキングエリア「与島PA」をご紹介しました。

世にも珍しいUターンが出来るパーキングエリアとなっていて、雄大な瀬戸大橋を眺めることが出来る人気のパーキングエリアとなります。

瀬戸大橋へ車で行きたいという方、瀬戸大橋をメインに観光して料金を安く済ませたいという方は、この与島PAを是非訪れてみて下さい。

 

© 2022 mogblog - family challenge - Powered by AFFINGER5