mog TIPS

子供とバドミントン、シャトルが当たらない場合の対策法。短いラケットを活用

【 本記事のターゲット 】

  1. 子供と一緒にバドミントンをする予定
  2. 子供のラケットにシャトルが中々当たらない
  3. 子供でも簡単にバドミントンでラケットに当たるようにしてあげたい

今回は比較的小さい子供とバドミントンを一緒にする時、中々ラケットにシャトルが当たらない方向け対策法をご紹介します。

mog家の娘が最近ハマっているのが「バドミントン」と「バスケット」なんですよね。

今小学3年生なのですが、バドミントンに関しては幼稚園児の頃からたまに公園や家の前の道などで実施していたのですが...

うーん、中々娘のラケットにシャトルが当たらない。どうやら距離感がつかめないようで、ほぼ空振りで全くラリーが続かないんですよね。

それでもたまにシャトルが当たると嬉しそうにするので、それで良いかなと思って続けていたのですが、せっかくならお互いしっかりラケットにシャトルを当てて、ラリーを続けたい所。

そんな方向けに、ラケットにシャトルを簡単に当てれる方法をご紹介します。

小さい子供とバドミントンを楽しみたいという方は、本記事を参考にしていただければ幸いです。

バドミントンのラケットにシャトルが当たらない。子供でも簡単にシャトルを当てられる「短いバドミントンラケット」購入体験ブログ

小学生の娘とバドミントン。シャトルが当たらずラリーが全く出来ない

先ほども記載しましたが、小学生の娘と度々バドミントンを実施していたのですが...

どうも小さい子供だとラケットが長すぎてシャトルまでの距離感が掴めず、空振りを連発...

5回実施して、1回ラケットにあたるかどうか?という、既に別ゲームになっているような感じで楽しんでいたのですが...

せっかくなら子供と一緒にラケットにシャトルを当て続けてラリーとかしたいですよね。

けど、何度か教えたんですが...上記写真は幼稚園年長の時なのですが、中々難しい...当たらない...

小学生の娘が友達の家でバドミントン、すごく使いやすいラケットがあったとの事

そんな中、気がつけば娘も小学3年生。

同様に家の前でバドミントンを実施するも、大分当たるようになっては来たものの、やはりラリーができる状態にはならず...汗。

しかし、この前娘の友達の家でバドミントンを友達同士で楽しんだらしいのですが、

  • めちゃくちゃ使いやすいラケットがあった〜
  • 今までより格段にラケットにシャトルが当たるようになった〜

と喜んで帰ってきたんですよね。

ん?どんなラケットなんだ?バドミントンにラケットの種類なんてあったっけ...

色々話を聞いてみると、妻から

  • ダイソーに持つ部分が短いバドミントンラケットが販売されている
  • 距離感が掴みやすいからラケットに当たりやすい・使いやすいらしい

との情報をゲット。

ダイソーで「バドミントンジュニア」が100円で販売。長さ46cmとかなり短い

娘が非常に喜んでいたので、そのラケットをmog家でも買ってみようという話に。

ということで、近所のダイソーへ訪問して色々散策していると...お、ありました!

100円でお遊び用のバドミントンラケットが販売されているのですが、その隣に持つ部分とラケット部分の間の棒が無い非常に短いラケットがありますよね。

拡大して見てみると、長さは46cmと通常のラケットと比べて約20cm短いサイズとなっていました。

100円(税込110円)なので、サクッと一本購入。

これを使って、娘とバドミントンを実施してみる事に。本当にこれで当たるようになるのだろうか...

通常のラケットと見比べると半分くらいの長さ。根元で持てばほぼラケット

再度家にあるバドミントンのラケットとサイズを比較してみることに。

上記のような感じですね。ラケットの面積は全く同じで、持つ部分とラケット部分の間の棒が無い状態です。グリップのサイズもほぼ同じです。

実際に娘が持ってみた感じが下記。

確かに短い...mog自身も持ってみましたが、イメージは卓球のラケットに近いかな...

短いと距離感が掴みやすい・ラケットにシャトルが当たる。ラリーも多少出来るように

では実際にこの短いラケットを使って、娘と一緒にバドミントンを実施してみることに。

お、意外と当たる...最初はちょっと慣れ・練習が入りますが、格段にラケットにシャトルの当たる回数が増えました。

そして、練習すること1時間...今までほぼラリーができなかった娘とのバドミントンですが、10往復程度でしょうか、かなり長いラリーを実現することが出来ました。

もちろん大きくなったら通常サイズのバドミントンラケットに戻して欲しいですが...

現段階で子供たちと楽しんでバドミントンをするのであれば、この短いラケットはかなり活用出来るかと思います。

最後に

今回は子供がバドミントンでラケットにシャトルが当たらないという方向けに、短いバドミントンラケットをご紹介しました。

距離感が掴みやすいので、小さい子供でもシャトルを当てやすくなるかと。

子供と一緒にバドミントンを楽しみたいという方は、100円均一ショップで100円で販売していますので、試しに購入してみて下さい。

© 2022 mogblog - family challenge - Powered by AFFINGER5