キャンプ TIPS

キャンプ・BBQに便利。100均フッククリップ&レジ袋でゴミ捨て場を作成

【 本記事のターゲット 】

  1. キャンプ・BBQをしたい
  2. いつもゴミを捨てる場所に困る。ゴミ箱がない
  3. 100円均一ショップで販売しているフッククリップ(レジ袋を引っ掛ける)が気になる

今回はキャンプ・BBQをする時の、ゴミ捨て場の簡易作成方法(100均・フッククリップ活用)をご紹介します。

mog家はキャンプやBBQを年中通してよく実施します。

が、その際毎回困るのが「ゴミを捨てるところ」なんですよね。

食材が入っていたビニール・発泡スチロールの容器や、ソフトドリンク・アルコール飲料を飲み終わった空き缶・ペットボトルなどなど...

キャンプ・BBQ時って思った以上に「ゴミ」が出るんですよね。その時にふと思うのが、「あれ?ゴミ箱ってないなぁ」と。

簡易的なゴミ箱(伸縮自在のゴミ箱)も持っているのですが、もっと簡単に確実にゴミ捨て場を作る方法として、最近100円均一ショップ「ダイソー」で便利グッズを購入したんですよ。

それが「フッククリップ」という商品。これを使ってレジ袋を持っていれば、簡単にゴミ捨て場を作ることが可能です。

実際に先日キャンプへ行ってきた際に使ってみましたので、どんな感じの商品なのか写真付きで詳しくご紹介します。

BBQ・キャンプ時のゴミ捨て場にいつも困っている・ゴミ箱が欲しいと考えている方は、本記事を参考にしてみて下さい。

キャンプ・BBQ時に超便利。100円均一のフッククリップとレジ袋を使って簡易ゴミ箱を作成

BBQ時、食材ゴミ・飲み物の空き缶などゴミが多数でる

繰り返しになりますが、キャンプやBBQをする時って結構ゴミが出るんですよ。

例えば上記ですね。

焼肉をする際に、食材が入った容器をあけるのですが、当然全てゴミとなります。

机の上に放置していると風で飛んで行ったり、見た目・衛生上も良くないので...ゴミ箱を作ってゴミ捨て場を作っておきたいですよね。

ゴミ置き場に困る。地面に置くと風で飛ばされたり、虫が寄ってきたり

けど、いざゴミ捨て場を作ろうとレジ袋などを使うのですが...

地面に置いてると簡単に風で飛ばされてしまったり、昔mog家がキャンプ時に遭遇したのですが、キャンプの夜などゴミを地面に近い位置に置いていると猫に襲撃されたり...

あとは夏場などアリが大量にゴミ袋の周りに寄ってきたりと、何度も大変な目にあっています。

一度テントの中にレジ袋にゴミを入れて夜保管していたのですが、テント内がアリだらけになったことがあります(汗)

そうならないように、地面から離して風に飛ばないよう確実にゴミ捨て場を作りたい...そんな便利グッズがあったらなぁと。

ダイソーのフッククリップを購入。ポールに挟んでゴミ袋をかけることが可

そこで今回ご紹介する100円均一ショップ「ダイソー」の便利グッズのご紹介です。

それが下記「フッククリップ」になります。お値段は1個110円(税込)となります。

ポールがあるところであれば、テントでもタープでも椅子でも、どこでも設置できるという優れもの。

ポールに挟んで簡単に固定することが出来ます。

固定したら、普段スーパーなどでもらっているレジ袋をフックに引っ掛けるだけ。

これで地面から離したところにゴミ捨て場を簡単に作ることが可能です。

そしてフックにしっかり引っかかっているので、少々の風が吹いても飛ばないです。

キャンプ時に利用。ポールに固定されて超便利・ゴミ箱問題解決

ということで、110円(税込)で一つ購入し、先日家族でキャンプした際に使ってみました。

設置した場所ですが、今回は下記の通りタープのポールにしてみました。

実際に使ってみるとわかるのですが、結構しっかり固定されます。

そして、予め持ってきておいたスーパーのレジ袋をひっかけてみます。

お、意外といい感じです。

最初中身が入っていないので、多少風が吹くとヒラヒラしていましたが、少し中にゴミを入れると底がずっしりしてきて、簡易ゴミ捨て場として効力を発揮してくれました。

これであれば、高さも自由に変えれるので簡単にアリや虫とかが寄ってこないですし、猫防止にもなりますね。

フックで引っ掛けられるので、そこそこ風にも強いです。今ではmog家のキャンプ時の必需品となっていますよ♪

最後に

今回はキャンプ・BBQ時に活用できる100円均一ショップ「ダイソー」のフッククリップをご紹介しました。

ポールとレジ袋があれば簡単にゴミ捨て場を作成出来ますので、キャンプ・BBQをする予定の方は一度試してみて下さい。

© 2021 mogblog - family challenge - Powered by AFFINGER5