mog TIPS

フリード三列目のリクライニングは利用可能?どのくらい倒せる?実体験ブログ

【 本記事のターゲット 】

  1. フリードを購入予定
  2. 三列目席のリクライニングが気になる
  3. 座り心地は快適か?実際の利用者の体験談を聞きたい

今回はホンダのコンパクトミニバン「フリード」に関して、三列目シートのリクライニングはどのくらい倒せるのか?座り心地はどうか?という部分をご紹介します。

2022年3月、13年間乗っていたフィットとお別れをして、上記新車FREEDを購入しました。

高い買い物という事もありますが、新車購入時ってドキドキしますよね。特に一番最初にエンジンを入れて車道に出て運転する時の緊張感といえば半端ない(汗)

そして、車の中は新車独特の匂いがプンプンしていて、なんとも居心地が良いです♪

さて、そんな新車フリードですが、今回購入したのが6席・3列シートタイプのフリードを購入しました。

そこで購入前から疑問に感じていたのですが、三列目シートって座り心地はどうなのか?リクライニングは出来るのか?と。

同じように疑問に思っている方も多いと思うので、実際の購入後の体験を元に、写真付きで三列目のリクライニングの状況に関して詳しくご紹介したいと思います。

フリードにて、三列目席のリクライニングが気になるという方は、本記事を参考にしてみて下さい。

ちなみに、二列目のリクライニング状況やその他フリードに関して下記別記事にて色々ご紹介しておりますので、気になる記事があればあわせて見てみて下さい。

フリード三列目シートのリクライニングはどのくらい倒せる?狭い or 広い?座り心地はどうか?実体験ブログ

フリード G・Honda SENSING 6人乗りを購入。三列シートタイプ

先ほども記載しましたが、2022年3月にホンダのフリードを購入しました。

フリード G・Honda SENSINGというタイプで、6人乗り三列シートタイプを購入しました。

上記は後ろから撮影したものですが、一列目・二列目は独立した座席シートになっていて、三列目はベンチシートのような形になっています。

三列目に関しては、不要な時は上記のような感じで左右上部に収納して、荷室スペースを作る事が可能な作りになっています。

三列目シートへは車中央の通路を使って移動することが可能。非常に楽

では本記事の本題でもある三列目シート・三列目席に関してご紹介していきます。

今回購入したフリードの場合、中央の通路(ウォークスルー)を使って三列目シートまで移動することが出来ます。

上記のような感じですね。

常に運転席から三列目まで中央の通路が空いている状態となりますので、わざわざ二列目シートを倒して後ろに入るといったことをしなくても、そのまま中央を歩いて移動出来ます。

後ろの席へ移動する時、後ろから前の席に移動する時などめちゃくちゃ便利ですよ。

三列目シートのリクライニング調査レポート。3段階で倒すことが可能

ではウォークスルーで三列目の席まで移動して、どんな感じで座れるのか...

まず、何も設定しない状態でそのまま座ってみました。三列目の席を設置した直後の状態が下記。

この状態で三列目席に座ってみます。

まず前提としてホンダのフリードは室内長が3045mmになります。比較対象としてよくあげられるトヨタのシエンタが室内長2535mmとなりますので、50cm程フリードの方が長くなっています。

そのおかげか、二列目席を程よい位置にしておけば、三列目シートに座っても足元などそんなに窮屈に感じないんですよ。

あと室内高もそこそこ高いので、身長170cmのmogが座っても頭が天井にあたることなく、快適に座ることが出来ました。

がしかし、この状態だとちょっと背もたれが急(垂直に近い)になっていて、イメージとしては新幹線の席でリクライニングをちょっとしか倒していないような状況の乗り心地。

もう少し斜めにしたら座りやすいのになぁと思っていたら...お、三列目席もリクライニングが出来る模様。

二列目席などのように自由に細かく倒せるわけではなく、mog自身が確認した限りだと三段階で調整可能となっていました。

先ほどの状態が一段階目で、もう一段三列目シートの背もたれを倒してみます。

分かりやすいように、上記写真の左側のシートのみ、二段目のリクライニングとしています。気持ち少し斜めになりましたよね。

次にもう一段階リクライニングを倒してみます。

上記左側が、三列目シートで最大限倒せる傾きとなります。右側の席と比べるとずいぶん傾いているのが分かりますよね。

イメージとしては新幹線の席でくつろぐ事が出来る程度のリクライニング程度でしょうか。

実際に座ってみると、思った以上に快適に座ることが出来ました。前とのスペースも十分確保出来ています。

三列目シートのヘッドレストは長く伸びる。リクライニングした状態でも後ろドアに当たらない

リクライニングは快適に利用出来るというのはわかったかと思うのですが、三列目シートって背もたれの長さが短いんですよね。

なので、このままもたれてしまうと、頭を支える部分がなくて後ろにゴンと行ってしまいます。

なので、三列目シートに関しては、ヘッドレストが思った以上に長く伸びる仕様になっているんです。

実際に三列目シートのヘッドレストを伸ばしてみたのが下記。

どうです?結構伸びていますよね。大人のmogが座って頭をヘッドレストにつけても、問題なく快適に利用出来ていますよ。

ただ、、、この状態で気になったのが、後ろの扉が問題なく閉まるのか?という部分。

上記写真で見て分かる通り、ちょっと後ろに飛び出していて扉が閉まらないような感じを受けますよね。

この状態で閉めるのはちょっと怖かった(当たってガラスが割れないかと)んですが、ゆっくり検証がてら扉を閉めてみました。

すると、上記の通りちゃんと設計は考えられていて、三列目のリクライニングを最大限に倒して、ヘッドレストを最大に伸ばした状態でも、後ろの扉に当たらない作りになっていました。

ただ、この状態だと後ろの扉のガラスとの距離はほぼないに等しいです。ちょっとヘッドレストを後ろに押してみると、後ろの扉のガラスに当たるので...

今この記事を書いているのが3月と春先になるので全く問題なのですが、夏場など暑い時期に後ろから太陽があたる場合はちょっと暑いかもですね。それ以外は快適に利用出来ると思いますよ。

最後に

今回はホンダのコンパクトミニバン「フリード」に関して、三列目シートのリクライニングは利用出来るのか?座り心地はどうかという部分をご紹介しました。

リクライニングは三段階で利用出来、ヘッドレストもしっかりしていて三列目シートにしては座り心地は悪くなかったです。

これからフリードを購入予定で三列目シートが気になるという方は、本記事を参考にしてみて下さい。

© 2022 mogblog - family challenge - Powered by AFFINGER5