ITラボルーム

iPhone・iPadのブラウザ検索履歴を削除&残さない方法

投稿日:

【 本記事のターゲット 】

  1. iPhoneやiPadでブラウザ(Safari)を使ってよく検索・調べ物をする
  2. 自分の検索履歴を他の人に見られたくない

こんにちは、ITラボルームです。

今回はiPhoneやiPadで検索履歴を削除する方法や、そもそも検索履歴を残さないようにする「プライベートブラウズモード」などをご紹介したいと思います。

いつでもどこでも情報を入手出来る時代へ

スマホでどこでも検索&情報入手

今やインターネットを使って様々なものを簡単に調べる事が出来るようになりました。少し昔はパソコンから検索…でしたが、今の時代はスマホを使ってサクッと検索、自分の知りたい情報をさらに手軽に入手出来るようになりました。

iPhoneやiPadの場合だと下記画面の右下にあるコンパスのようなアイコン「Safari」というブラウザアプリを使って、GoogleやYahooの検索エンジンからすぐに知りたい情報へアクセスする事が出来ます。

Google などで検索すると履歴が残る

Safariで検索する時、おそらくGoogleのサイトを使う事が多いでしょうか。もちろんYahooでも良いと思いますが…

上記画面、見慣れた方も多いかと思いますが、この枠の中に調べたいキーワードを打ち込んで虫眼鏡マークを押すか検索ボタンを押すとすぐに情報が出て来ますよね♪

しかし、経験された方多いと思いますが、これiPhoneに限らずなのですが、Googleなどで検索した履歴って基本このSafariなどのブラウザアプリにどんなサイトにアクセスしたのか、いつアクセスしたのかが記録されてしまうんですよね。

まぁ気にしない人の方が多いかと思うのですが、例えば自分以外の人にiPhoneやiPadを渡して利用する機会がある場合、この検索履歴が残っているとさすがに嫌という方の方が圧倒的に多いかと思います。

という事で、この検索履歴を削除する方法と、そもそも検索履歴が残らないようにする方法をご紹介したいと思います。

iPhoneやiPadの検索履歴を削除する方法

検索履歴はGoogle の枠内と履歴欄に記録される

下記Google検索の場合を例にして画像付きで説明していきます。端末はiPhoneを利用していますが、iPadでも同様なので同じ手順を試していただければと思います。

Google検索で色々調べ物をした後、再度Googleの枠をタップすると下記のように検索したキーワードが履歴として再度表示されます。

iPhone の場合だと過去3回分の検索履歴が表示されますが、実はそれ以前の検索履歴もちゃっかり残っています。右側のバツ印をタップすれば該当する検索履歴は削除出来るのですが、そのぶん繰り上げでどんどん過去の履歴が出て来ます。

またSafariの右下に表示されている本のようなマーク「ブックマークアイコン」をタップして、上記タブの右側・時計のようなアイコンをタップすると…

さらに詳細な履歴が全て残っているという状況です。上記例ではmog保有のiPhoneですが、株とブログPV数ばっかり調べているんだなと他の人に知られてしまう…といった事に繋がります(苦笑)

履歴欄の右下「消去」から履歴削除可能

ではこの検索履歴の情報を削除するにはどうしたら良いか、これ自体は簡単で、先ほど詳細な検索履歴を表示した画面の右下に表示されている「削除」をタップします。

上記画面のように、どの期間分履歴を削除するか?と聞かれますので、「すべて」をタップすると、表示されている検索履歴すべてを削除・表示を消す事が可能です。

iPhoneやiPadの検索履歴が残らないようにする方法

プライベートブラウズモードに設定

毎回履歴を削除するのはちょっと面倒…そもそも履歴機能自体いらないんだけど…という方は「プライベートブラウズモード」という設定がありますのでこちらを活用してみましょう。

プライベートブラウズモードを使えば、何を検索しようが履歴に一切のこらない、言ってしまえば履歴機能がなくなったブラウザを利用出来るようなイメージになります。

こちらを使うには少しだけ設定が必要です。下記のようにまずは「Safari」ブラウザを開きます。

上記画面の状態で、右下の枠が2つ重なっているアイコンをタップします。

すると上記画面になります。左下に「プライベート」という箇所があるのでこちらをタップします。

これでプライベートブラウズモードの設定は完了です。試しに下部中央にある「+」をタップしてみましょう。

いつもと同じ画面に戻って来ましたが、何か違う…と違和感感じませんか?そう、上部&下部の帯が白ではなく黒に近い灰色に変わっているんです。この状態がプライベートブラウズモードになります。

検索してもGoogle枠内や履歴欄に出てこない&記録されない

設定が完了したら、試しに色々検索してみましょう。

先ほどと違って、いくら検索してもGoogleの枠内に履歴は残らないし、右下のブックマークアイコンをタップして履歴の詳細をみても一切情報が記録されていない事がわかるかと思います。

最後に

今回はiPhoneやiPadでSafariを利用して検索する時に残る検索履歴の消去の仕方と、検索履歴が残らない設定方法をご紹介しました。

他の人にiPadを貸す前に履歴を消したいなとか、そもそも使っている時に履歴を残したくないという方は是非ご紹介した内容を試していただければと思います。

スポンサーリンク

-ITラボルーム

執筆者:

関連記事

iPhoneの写真データをパソコン(Windows 10)に保存・転送する方法

【 本記事のターゲット 】 iPhoneで写真をよく撮る データはiPhoneの中に入れっぱなし パソコンにiPhone …

子供とiPad 安全に利用させる為には 機能制限と紛失モードの活用術

【 本記事のターゲット 】 子供にiPad を使わせたい 使ってほしくない機能がある 利用し過ぎを防止したい 今回はIT …

無料でスマートフォンをカーナビにする方法 Google Maps活用手順

【 本記事のターゲット 】 カーナビで最新の道路状況を表示したい カーナビが付いていない&地図が古くて使い物にならない …

ブラウザ内の画像を奇麗に抜き出す方法 Safariの開発メニューを活用しよう

【 本記事のターゲット 】 Webに掲載されている画像をダウンロードしたい マウスのドラッグ&ドロップでは画像を抜き出せ …

iPhone iOSアップデート時に設定していないパスコードを求められる

【 本記事のターゲット 】 iPhoneやiPadのiOSアップデートをしたいがパスコードを求められる ロック解除用のパ …




管理人:mog
昔からキャンプ・旅行好き。東京都在住。現在8歳の息子と5歳の娘の2児の父。家族旅行・キャンプに奮闘中。

ブログの更新内容をメールでお知らせします。