mog TIPS

目視でもわからないくらいバラバラに破れたお札、交換・復元可能か?実体験ブログ

【 本記事のターゲット 】

  1. 千円札・五千円札・一万円札が破れてバラバラになった
  2. 原型をとどめていない。目視でも何枚あるのか分からない状態
  3. 銀行にもっていけば復元・交換出来るのか。実際に体験した人の話を聞いてみたい

今回は日本のお金・お札が破れてしまって、原型をとどめていない・目視でもよくわからないくらい損傷が激しいお札を復元・交換出来るかどうか、実体験ベースで詳しくご紹介します。

先日妻の実家にお邪魔させていただいた際、長年家の隙間に挟まっていた「お札」を発見したと言われ...

実際に実物を見たのですが、見事に原型がないくらいの複数枚のお札を提示頂けました。

この損傷が激しいお札ですが、元は数万円あったという事なので、なんとかならないものかと銀行へ持っていってみることに。

実際にどのくらいの破損状況で、銀行で交換してもらえたのか...写真付きで詳しくご紹介します。

おそらくここまでの破損状況の方はそうそういないんじゃないか...と思いますので、もし同じような状況になっている方は本記事を参考にして頂ければ幸いです。

破れてバラバラになった日本札、銀行で交換可能か?半分どころか破片になってしまっているお札でも交換できる?実体験ブログ

隙間に挟まっていた一万円札、湿気&乾燥の繰り返しで破れてバラバラ・原型がない状態

先ほど記載しましたが、妻の実家にておそらく20年以上家の隙間に挟まっていた一万円札を複数枚発見...その一万円札がどういった状況だったのかというと...

上記のような感じ。

春夏秋冬・湿気と乾燥を長年繰り返したせいなのか、元々は一万円札だったのですが、もはや原型をとどめていないくらい激しく損傷&バラバラに。

そして伸縮してしまっていて、そもそもサイズも元の一万円札を比べると非常に小さい状態になってしまっていました。

触るとポロポロ崩れ出しそうだったので、とりあえず上記の通りクリアファイルに挟んだ状態となっているのですが...

こんな状態でも銀行に持っていけばお札を交換してもらえるのかどうか...

一部・半分に破れたとかであればまだしも、今回の場合は上記のような感じですから...

銀行(三菱UFJ)へ持参。原型があるお札は交換可、原型がないお札は日本銀行でないと鑑定不可

あまり期待せずに、まずは家の近所にある三菱UFJ銀行へ持参。

窓口で事情を説明し、先ほど写真でお見せしたボロボロのお札をクリアファイルごと銀行スタッフへお渡ししました。

すると、窓口スタッフだけでは判断出来なかったようで、奥の他の人と相談・ディスカッション...

結果、原型がなんとか分かった1万円分は三菱UFJ銀行で交換してもらうことが出来ました。が、その他の原型をとどめていないお札に関しては銀行では対応不可との事。

これは「日本銀行」でないと判定はできないと言われました。

通帳(口座)を持っている銀行限定となりますが、一応銀行から日本銀行へ鑑定をエスカレーションする事も出来るそうです。

が、今回のお札の状況だと郵送中などに崩れてしまう可能性もあるので、直接日本銀行へ持っていって欲しいと言われました。

日本銀行へ訪問。説明を受けて、鑑定のためスタッフへバラバラのお札を預ける

日本銀行...40年近く生きてきて一度も訪問した事がない...苦笑

一応日本銀行ですが、東京日本橋の本店のほかに、32の支店と14の国内事務所が存在するようで、今回たまたま車で行ける距離に日本銀行の支店があったので、直接持って行きました。

日本銀行の窓口で先ほどのクリアファイルを提示すると、まずは指定の用紙に必要事項を記載してもらうよう案内がありました。

お金が合計で何枚あったのか・合計で何円あったのかなどを記載する必要があるのですが...そもそも先ほどの写真の状況なので、何枚・何円ああったのかが不明(汗)

とりあえず日本銀行のスタッフの人と一緒にボロボロのお札を見ながら、「うーん、顔が3つ見えるので、とりあえず3万円と書いといてください」と言われたので、その通りに記入(苦笑)

その後、お札が交換出来る条件を説明されるのですが、これは日本銀行のHPにも記載されている内容になります。

  • 券面の3分の2以上が残存するもの額面価格の全額をもって引換えます。
  • 券面の5分の2以上3分の2未満が残存するもの額面価格の半額をもって引換えます。額面価格の半額に一円未満の端数がある場合には、これを切り捨てます。

とりあえず、最低限5分の2以上は面積として残ってないと引き換え・交換はできないとの事。

ただし、その面積というのはばらばらになった紙幣も面積に含むことが出来、さらに灰になったお札でも、その灰が銀行券であることが確認できれば面積に含まれるとの事でした。

なるほど、、、思った以上に柔軟な対応をしていただけるんですね。てっきり破れた紙幣とかってそう簡単に交換出来るものではないとおもったのですが...

この状態(目視で確認不可・ボロボロ&バラバラの状態)でも交換出来る可能性はあるとのこと。

ただ、お札の状況がひどいだけに鑑定に時間がかかるとの事...2時間くらいは見て欲しいと言われたので、一旦お札を日本銀行に預けて家に帰宅することに。

今回たまたま家の近くに日本銀行があったので帰宅出来たのですが...遠方だとその場で数時間待機させられる可能性がありそうですね。

1時間後、日本銀行より電話あり。バラバラでもいくつかお札が復元されて戻ってきた

家に帰宅後、日本銀行からの電話を待っていたのですが...1時間後といった形で、想像以上に早く電話(非通知)がかかってきました。

鑑定が終わったので、再度日本銀行の支店へ来て欲しいとの事だったので、車で日本銀行の支店へ訪問。

すると、なんとあの状態でも2万円分が復元・交換という形になり、2万円を手渡しで現金として受け取りました。色々と鑑定を頑張ってくれたようです。

UFJ銀行の交換分と合わせると、結果3万円も戻ってくることになり、みんな大喜び。皆でおいしいご飯を食べに行くことが出来ますね。

ちなみに、復元出来なかったお札に関しては、上記の通りお戻しさせていただきますと言われ、再度上記のボロボロ1万円札群を手渡しで頂きました...

いや、頂いたところで使い道はないのですが...記念に保存しておこうかな(苦笑)

という事で、上記のような原型をとどめていない状態のお札でも、日本銀行へ持っていけば復元・交換してもらえる可能性はありますよ♪

最後に

今回はバラバラになった日本円札に関して、銀行で交換可能なのかどうか、実体験ベースで詳しくご紹介しました。

破れたお札程度であれば銀行で対応可能ですが、原型をとどめていない場合は日本銀行での鑑定が必要になりますので、同じような状況の場合は日本銀行へ持参して鑑定してもらいましょう。

© 2022 mogblog - family challenge - Powered by AFFINGER5