mog TIPS

幼児でもキックボードに乗れる?キッズスクーター購入&幼稚園児利用レポ

投稿日:

【 本記事のターゲット 】

  1. 子供がまだ小さいのでブレイブボードなどは怖がって乗れない
  2. 幼稚園児でも安心して乗れるキックスケーターが欲しい

こんにちは、mog TIPSです。

最近やたらと公園で見かけるブレイブボードという乗り物、皆さんも一度は子供が乗っている所を見た事があるのではないでしょうか?

mog家には今9歳の息子と5歳の娘がいるのですが、小学校低学年〜高学年にかけて、このブレイブボードという乗り物が大流行しています。以前下記記事にてご紹介しましたが、息子が欲しがったので購入&今でもよく公園などで遊んでいますよ♪

がしかし...このブレイブボード、大人でも結構乗りこなすのが難しく、mog自身も何度か練習しましたが一度ハデにコケてしまいました...コンクリートの上だったので結構痛い...子供がする時は絶対にヘルメットを装着すべきだと思った瞬間でもあります(苦笑)。

そして、問題なのがmog家の5歳の娘...やはり楽しそうに見えるんでしょうね、息子の友達とかと一緒に遊んでいてもみんなブレイブボードに乗って遊んでいるのですが...さすがに幼稚園児ではコレを乗りこなすのは至難の技です。

そもそも対象年齢が8歳以上となっていますし、娘も怖がって全く乗ろうともしません。けど目線がなんだか寂しそう...

ということで、幼稚園児でも同じような乗り物...という訳ではないですが、比較的公園などで利用しているシーンをよく見かける「キックスケーター」を購入して幼稚園児(5歳)が実際に購入&利用してみました。

幼稚園児でも問題なく乗れるかどうか、どんな感じかといった部分を詳しくご紹介してみたいと思います。

幼児向けお勧めキックスケーター「キッズスクーター」をトイザらスで購入&使用レポ

トイザらスで購入、4000円以下と比較的安い値段で入手可能

先日トイザらスへ行った時、入り口付近に小さい子供向けのスケーターである「キッズスクーター」が販売されていました。Amazonなどでも4000円以下で購入出来ますよ♪

娘が赤が良いという事だったので、mog家が購入したのは下記レッドになります。

商品としては下記のような感じ。

そんなに大きくはなく、全然車に積める大きさなので、現地でサクッと購入&家に持ち帰ってきました。

大きさ・重さ・利用時の注意事項(対象年齢&耐荷重)など

こちらの商品ですが一人用というのはもちろん、対象年齢は3歳以上&50kg以下の人が利用できる仕様となっています。

試しにmog自身が乗ろうとしたのですが...もちろん50kg超えている&壊したら娘に泣かれそうなのでやめておきました。

寸法や重さなどは下記の通り。

テキストで書き出してみると

  • 折りたたんだ状態での長さ:64.5cm
  • ハンドルの高さ:70.5cm 〜 80.5cmで3段階調整可能
  • 重量:2kg

となっています。片手で持てる&娘でもちょっと頑張れば持てるくらいの大きさ、思った以上にコンパクトでした。

組み立て方と折りたたみ方、子供はちょっと無理だが大人であれば問題なし。

組み立て方はちょっとだけコツが入ります。商品の中に下記説明書が入っているので、特に難しい箇所はないですが...

ハンドルをはめるのに少々苦戦したくらい...ちょっと硬かったですね。

ハンドルをはめてしまえば、あとは折りたたんでいる部分を伸ばすだけ。

この部分は子供だとかなり厳しいので、大人の方がしっかり固定されるまで伸ばしてあげましょう。折りたたむ際も同様です。

幼稚園児(5歳児)利用レポ、問題なく乗車可能、多少ザラザラのコンクリート上でも問題なし

では実際に公園でこちらのキッズスクーターを使って見ましょう。

利用する際ですが、土の上だとうまい具合にタイヤが回転しない&石などが挟まるので、できるだけコンクリート上で利用しましょう。下記写真の通り、多少ザラザラしているコンクリートでも問題なく利用出来ましたよ。

今回5歳児&身長が100cmちょっとある状態で、特に調整せずに乗った写真が上記です。かなりピッタリ♪ジャストフィットです♪

むしろ3歳過ぎを目安に買ってあげた方が良かった気も...大きくなったら使わなくなる気がするので...

キッズスクーターの使い方は片足を乗せて、もう片方で蹴るイメージ。上記写真のような感じですね。

難しい動作は必要ないですし、ストライダーを普段使っている子供は全く怖がらずに乗れるかと。自分でスイスイ進んでいくのが楽しいのか...一人で公園を1周してきました。途中ちょっと坂道になっている部分はより楽しいらしい...

一応2輪しかないので、バランスを一度も取ったことがない子供は最初怖がるかも知れませんが、自転車と違ってすぐに足がつくので直ぐに慣れるかと。

9歳の息子のブレイブボード(リップスティック)と一緒に、結構長い間公園の周りのコンクリート道をスイスイ進んで遊んでいましたね。

多分お兄ちゃんと対等に遊べたというのがよほど楽しかったのかと。いつもブレイブボードは乗れずに眺めているだけだったので...購入した甲斐がありましたね♪

最後に

今回は3歳児から利用できる幼児向けキックボード「キッズスクーター」をご紹介しました。

トイザらスで販売・アマゾン等でも購入出来るので、小さいお子さんに公園グッズを買ってあげたい・遊び道具の購入を検討しているという方は本記事を参考にして見てくださいね。

-mog TIPS

Copyright© mogblog - family challenge - , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.