mog TIPS

新築一戸建て購入、実際の表示金額よりどのくらい高い?住宅購入諸費用レポ

【 本記事のターゲット 】

  1. 住宅購入を検討している
  2. SUUMO(スーモ)など不動産サイトが表示している価格と、実際に購入する時の価格差を知りたい

今回は新築一軒家・一戸建てを購入する際の、不動産サイトに掲載されている価格と、実際に購入する時の価格の差がどのくらいあるのか?という部分をご紹介します。

mog家は現在、一戸建てを購入しようと色々不動産屋さんへ連絡を取ったり、実際の見積もりを取得したりしているのですが...

よくSUUMOなどで見かける「販売価格」と、実際に購入する際の価格って結構差があるものなんですね...

住宅購入自体、初めてだったので知らなかった...

という事で、同じように初めて住宅・一軒家を購入したいという方向けに、実際に見積を取得して不動産サイトに表示されていた価格とどのくらい差があるのか?という部分をご紹介したいと思います。

どのくらい費用は発生するものなのか参考情報を知りたいという方は、一度本記事を参考にしてみて下さいね。

住宅購入費は不動産サイトの「販売価格」より高額。実際の見積価格と差額比較レポ

不動産サイトで見る「販売価格」は諸費用などが省かれた金額

さて、mog自身今東京に住んでいるのですが、子供がそこそこ大きくなってきた&今住んでいる賃貸マンションが狭くなってきたという事と、mogと嫁さんの出身でもある西日本に戻りたいという事を現在考えており...

ここ最近、不動産サイトを色々見ては、その業者に電話したり見積依頼をしたりで色々調査しています。

家見るのって結構楽しいですよね。どんな場所なんだろう?どんな間取りなんだろう?ここに住んだらどんな生活が待っているんだろう...

色々想像が膨らんでいきます♪

さて、不動産サイト、色々ありますよね。パッと思いつく限りで大手だと「SUUMO」「HOMES」「アットホーム」とかでしょうか。

mog家はよくSUUMOで検索して、ヒットした新築一戸建て情報&該当する不動産屋さんへ連絡という形が多いです。

そんな不動産サイトですが、県やエリア・路線など選択して、間取りや設備・希望金額などを入力して検索すると、下記のような項目がずらっと出てくるかと思います。

これを見るだけでも面白いですし、さらにクリックして現場の写真・間取り・場所など、さらにいつ建設完成するか、いろんな詳細情報を見る事ができますよね。

そして、ここで一番気になる箇所といえば...そう、やはり「金額」ですよね。

人生で一番大きい買い物は「家」と言っても過言ではないと思いますが、数千万円と非常に大きな買い物になります。

不動産サイトだと「販売価格」として表示されているのですが、ここでmog自身色々と疑問が。

そもそも、この販売価格って本当に正しいのか?他に追加で費用色々発生するんじゃないか?

という事で、今回実際に掲載されていた不動産へ連絡し、色々調整して最終見積もりまで出していただきました。

そちらの物件を元に、実際に販売価格と比べていくらくらい高いのか?という参考情報をご紹介してみたいと思います。

もちろん、不動産や場所・家の内容とかによっても全然違ってくるとは思いますが、参考情報としてどうぞ♪

見積その1:販売価格「3,280万円」の新築一軒家の実際の価格・実見積を紹介

ちょっと詳細な場所まで言えませんが...先ほど記載した通り、西日本のちょい田舎・政令指定都市エリアの新築一戸建てに関して、実際に見積もりを2件取得してみました。

東京だと普通に5,000万円超えてくるので...これを見ると、やはり地方都市って良いなぁと個人的には思いましたね。間取りは広いし安いです♪

さて、まず1件目が下記となります。

販売価格はSUUMOの不動産サイト上で「3,280万円」と記載されている新築一戸建てになります。

実際に担当となっていた不動産の担当者へ電話で連絡し、概要資料も郵送していただき、そして実際にかかる費用(見積もり)を提示して欲しいと要望した所、

  • 実際は+200万円前後を見込んでおいて下さい

と言われたんですよね。

さて、+200万円ってどういった費用なのか...詳細見積もりを出していただいたのか下記。

  • 土地代「1630万円」+建物代「1500万円」+建物消費税「150万円」+諸費用「173万円」 = 3,450万円

大体ざっくり見ると、販売価格と比べて+170万円超えで見積もりが出てきました。

一項目のみ、価格が記載さていない項目があり、それが「保証料」になります。保証料とは...

銀行が用意する保証会社に保証料を支払うことによって、不測の事態によって住宅ローンが払えなくなってしまった場合、保証会社が代わりに銀行へローンの返済をしてくれる

という事。こちらは住宅ローンを組まないと算出出来ないみたいですね。

ただ、ざっくり言うと見積もりに記載されている「金利+0.2%」となるようで、3000万円の借入額&35年ローンで大体100万円前後...(状況によってかなりの額が変動するので、あくまで参考として)

という事で、これが加算されると考えると、170万円+100万円 = 270万円。実際に300万円近くはプラスで用意しておく必要がありそうですね。

もちろん、ローンを組んだ後の金利などトータル費用で考えると、もっと膨大な金額がかかってきますが...

とりあえず購入する時に用意しておかないといけないのは、販売価格+300万円を想定しておいた方が良さそうです。

見積その2:販売価格「2,580万円」の新築一軒家の実際の価格・実見積を紹介

ちなみに、せっかくなのでもう一つ物件の見積もりを取得してみました。

先ほどよりも少し安めの「2,580万円」の新築一戸建て物件になります。

同じ様に、詳細見積もりを送っていただいたのが下記。

  • 土地代「930万円」+建物代「1500万円」+建物消費税「150万円」+諸費用「167万円」 = 2,747万円

こちらも大体ざっくり見ると、販売価格と比べて+170万円の見積もりが出てきました。

同じように保証料分を考えると、やはり+300万円は見ておいた方が良さそうですね。

最後に

今回は新築一戸建てを購入する際、実際に不動産サイトで表示されている販売価格と比べて、どのくらい費用が上乗せされるのか?実際にかかるのかという部分をご紹介しました。

もちろん不動産屋さんによっても違いますし、住宅や土地の種類・場所によっても全然変わってくるので、あくまでも参考情報としてなのですが...

今回連絡した不動産屋さんが良かったのかもしれませんが、不動産屋さんへ連絡すると結構親身に内容を聞いてくれて、全ての費用を含んだ見積なども出してくれるので...

もし迷われている方いらっしゃいましたら、まずは資料請求&電話連絡して、諸々の費用を含めた見積もりを出してもらいましょう。

-mog TIPS

Copyright© mogblog - family challenge - , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.