ITラボルーム

new Surface ProとSurface Pro 4の違い スペック・価格比較や特徴をご紹介

投稿日:2017年5月26日 更新日:

【 本記事のターゲット 】

  1. new Surface Proの情報を知りたい
  2. new Surface ProとSurface Pro 4の違い
  3. 発売時期を知りたい

こんにちは、ITラボルームです。今回は2017年5月26日にMicrosoftから国内発表がありましたSurface Pro の第5世代となる「new Surface Pro」をご紹介したいと思います。

Introducing the new Surface Pro

まずはMicrosoft公式プロモーション動画をご覧下さい。※2017年5月23日公開

new Surface Proの国内発表は本日(5月26日)実施されましたが、5月23日に先行して上海イベントにて発表されていました。

見た感じはそこまで変わっていないように思いますが、所々改良が加えられている様です。下記にポイントを見て行きたいと思います。

名前はシリーズ番号が省かれ、「Surface Pro」が正式名称となるようです。ここでは違いをわかり易くするため、本文中は「new Surface Pro」と記載させて頂きます。

new Surface Pro

本体

出典:Microsoft

12.3インチ、2736×1824解像度、アスペクト比3:2などは従来と同じとなっております。搭載インターフェースもUSB Type-Cは見送られ、USB 3.0とMini DisplayPortと従来と同様の作りになっています。重さも殆ど同じです。細かいですが、エッジ部分が丸くなっているそうです。写真では流石にそこまでの違いは分からないですが…

個人的に一番嬉しい改良ポイントはバッテリー駆動が従来の9時間に比べて13.5時間と大幅に改良されている所かと思っています。

CPUが以前の第6世代 Intel® Coreから第7世代 Intel® Coreへとアップデートされており、OS側の改良と最適化が行われた結果さらなる省電力化に繋がった様です。

CPU自体の高負荷時発熱低減などによって、Core i5モデルでもファンレス冷却となっています。従来のSurface Pro 4ではCore mモデルのみがファンレス冷却となっておりましたが、今回からはCore i7モデルのみファンが搭載されています。

Bluetoothは従来の4.0から4.1へ、カメラは全面500万画素、背面800万画素と従来と同様のスペックとなっています。

出典:Microsoft

動画の中でも紹介がありましたが、次世代ヒンジ(Next generation hinge)が搭載されており、キックスタンドは滑らかに165°に開くようです。ちなみに最大限開いた状態の事を「Studio Mode」という名称が付いています。

キーボード

出典:Microsoft

タイプカバーは「Surface Pro Signature Type Cover」として刷新されています。人工皮革であるアルカンターラ素材をパームレストに採用されており、キーボードの隙間やトラックパットの大きさはSurface Pro 4と同様の作りとなっています。

色合いはプラチナ、ワインレッド、コバルトブルーの3色となっています。

ペン

出典:Microsoft

Surface Penも新製品として改良され、4096レベルにも圧力検知が分かれるようになっており傾き検知も対応しています。鉛筆と同じようにペンの傾きによって線の表現を変えることができ、より詳細な描画をSurface Proの画面上で行う事が出来るようになっています。色合いはプラチナ、バーガンディー、コバルトブルー、ブラックの4色となっています。

Surface Dial

出典:Microsoft

Microsoftのダイヤル型デバイス「Surface Dial」、「Surface Studio」のディスプレイ上に置いて、オンスクリーン機能による動作(画面上に置いてダイヤルのようにまわす事で色などを変更する事が可能)が出来る新型周辺機器となります。

しかしSurface Pro 4では、画面上の動作は非対応となっており、Surface Dialを机の上などに置いてオフスクリーン機能と呼ばれるモードで利用するしかありませんでした。

new Surface Proでは165度傾けた状態の「Studio Mode」などにして、ディスプレイ上に置いてSurface Dialをオンスクリーン機能、画面上に置いて動作する事が可能となっています。

new Surface Pro vs Surface Pro 4

見た目はSurface Pro 4に似ているので違いがいまいちピンと来ない…という方向けに「new Surface Pro」と「Surface Pro 4」の比較表を下記に作成してみました。スマートフォンなどで画面が切れてしまう場合は画面を横向きにしてご覧下さい。

変更(アップデート)されている部分をわかりやすく太文字で記載しています。

本体

本体スペック

new Surface Pro Surface Pro 4
発売日 2017年6月15日 2015年11月12日
OS Windows 10 Pro Windows 10 Pro
CPU intel 第7世代 Kaby Lake

Core m3,i5,i7

intel 第6世代 Skylake

Core m3,i5,i7

メモリ 4GB,8GB,16GB 4GB,8GB,16GB
SSD 128/256/512/1TB 128/256/512/1TB
ディスプレイ 12.3インチ 12.3インチ
大きさ 292mmx201mmx8.5mm 292.1mmx201.4mmx8.4mm
重さ 768g〜784g 766g〜786g
WiFi 802.11 a/b/g/n/ac 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth Bluetooth 4.1 Bluetooth 4.0
バッテリー駆動時間 13.5時間 9時間

本体価格(税込)

new Surface Pro Surface Pro 4
Core m3/128GB/4G  114,264円 103,464円
Core i5/128GB/4G  136,944円 120,744円
Core i5/256GB/8GB  158,544円 142,344円
Core i7/256GB/8GB  206,064円 174,744円
Core i7/512GB/16GB  280,584円 239,544円
Core i7/1TB/16GB  341,064円 293,544円

※new Surface Pro はペン非同梱。Surface Pro 4 core m3 モデルはペン非同梱。

Type Cover

Signature Type Cover Type Cover
発売日 2017年7月7日 2015年11月12日
対応デバイス Surface Pro

Surface Pro 3

Surface Pro 4

Surface Pro 3

Surface Pro 4

寸法 295 mm x 217 mm x 5 mm 295 mm x 217 mm x 4.9 mm
重量 310g 295g
カラー プラチナ、コバルトブルー、

ワインレッド

ブラック、シアン、ブルー、

レッド、ティール グリーン

価格  2万952円 1万7712円

Surface Pen

new Surface Pen Surface pen
発売日 近日発売予定 2015年11月12日
対応デバイス Surface Studio、Surface Laptop、

Surface Book、Surface Pro、Surface Pro 4、

Surface Pro 3 Surface 3

Surface 3、Surface Pro 3、

Surface Pro 4、Surface Book

コネクタタイプ Bluetooth 4.0 Bluetooth 4.0
カラー プラチナ、コバルトブルー、

バーガンディー、ブラック

シルバー
ブラック
ブルー
レッド
筆圧レベル 4096段階 1028段階
傾き検知 有り 無し
価格 未定 8424円

本体価格に関してはCPUなどのスペックが上がった反面、数万円程度の値上がり。Surface Penも同梱されていないので結構価格としては高めの設定になっているように思われます。

キーボードも3000円ほど値上がりとなっているようです。

ペンに関しては近日発売予定となっており、価格も未定という状況です。

発売日は?

先ほどの比較表に記載しておりますが、現時点では下記日程となっているようです。

  • new Surface Pro :2017年6月15日
  • Signature Type Cover:2017年7月7日
  • new Surface Pen:近日発売予定

本体が先行して発売されるようです。Penの発売が未定という状況なので、一式揃うのは先になりそうです。Surface Pro 4の時はセットで直ぐに揃ったのですが、今回のnew Surface Proの場合は少し時間がかかりそうです。

本体とカバーに関しては本日から予約受付開始となっています。

最後に

1年半振りに新発売となったSurface Pro、形こそ同じように見えますが、CPUやバッテリー駆動時間は大幅に向上しています。

値段は高めなので少々躊躇してしまう部分はありますが、Surface Proの購入を検討されている方はnew Surface Proの購入も検討してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

-ITラボルーム

執筆者:

関連記事

iPad Pro 10.5インチ登場 従来のiPad Proとのスペック・価格を比較検討

【 本記事のターゲット 】 新しく発表されたiPad Pro の情報が欲しい 何が変わったかを知りたい 新製品と過去の製 …

iPadやiPhoneのホームボタンが効かない?対策は?AssistiveTouch活用術

【 本記事のターゲット 】 iPhoneやiPadのホームボタンが壊れた すでに保証期間外…けどまだ買い換え …

iPhoneやiPadの初期化を禁止する方法 パスコード設定無しでiOSの初期化を防ごう

【 本記事のターゲット 】 iPhoneやiPadの初期化を禁止したい iPhoneやiPadを他の人に操作させる時があ …

初心者向け無料画面キャプチャ取得方法 PC・Mac・iOS・Android完全保存版

【 本記事のターゲット 】 パソコンの画面表示を画像として保存したい スマホやタブレットの画面表示も画像として保存したい …

初心者向けSIMフリースマートフォン初期設定・利用ガイド

【 本記事のターゲット 】 今までスマートフォンを使ったことが無い SIMフリースマートフォンの設定が不安 先日初心者向 …




管理人:mog
昔からキャンプ・旅行好き。東京都在住。現在7歳の息子と4歳の娘の2児の父。家族旅行・キャンプに奮闘中。

ブログの更新内容をメールでお知らせします。