食べ物

ステーキガストのドリンクバー種類一覧をご紹介。ジュース・紅茶・コーヒー等

【 本記事のターゲット 】

  1. ステーキガストへ訪問予定
  2. ステーキガストで利用できるドリンクバーの飲み物の種類・内容一覧を知りたい

今回はファミリーレストラン「ガスト」のステーキ専門店「ステーキガスト」に関して、ドリンクバーで利用できる飲み物種類一覧をご紹介します。

2021年3月、家族でステーキガストへ訪問してきました。

最近アニメの影響(あるアニメでステーキを食べるシーンがあったらしい)からなのか、小学1年性の娘がステーキを好んで食べるので...大人二人・小学生二人の四人で訪問することに。

土日に訪問したのですが、夕方には結構混雑していて、席はほぼ満席状態という盛況っぷりでしたよ。

今回ホットペッパーグルメで日時・時間を予約して土曜日の夕方に訪問しましたので、特に待ち時間なくすぐに案内してくれました。

待ち時間・混雑が気になるという方は、事前にホットペッパーグルメで日時・時間を予約した上で訪問するようにしましょう。

さて、ステーキガストですが、メインメニューの他に利用したいものとして「ドリンクバー」と「サラダバー」があります。

子供にとっても楽しめる部分になりますので、本記事ではステーキガストで提供されているドリンクバーに関して、どのような種類の飲み物・ジュースが提供されていたのか、全種類を写真付きでご紹介します。

これからステーキガストへ訪問予定・ドリンクバーを利用予定という方は、本記事を参考にしてみて下さい。

また、サラダバーの内容やキッズメニューに関してなどは下記別記事にまとめていますので、気になる方はあわせて見てみて下さい。

ステーキガストのドリンクバーで利用できる飲み物全種類一覧をご紹介

ドリンクバー利用における大人料金・子供料金をご紹介

まず最初に、ステーキガストのドリンクバーの料金体系に関して簡単にご紹介します。

下記の通り、ステーキガストでは料理とセットで注文することで、ドリンクバーを安く利用することが可能です。

セットだと税込みで大人一人220円程度となり、単品注文も可能でその場合は440円程度となります。

ちなみに子供の場合、小学生以下は税込みで110円程度で利用可能となっており、3才以下は無料で利用可能というシステムになっています。

現地店舗内では席に置いているタブレット端末で注文する形です。

実際に今回注文した内容が上記となります。

セットドリンクバーに関して、タイミングが良ければすかいらーく公式アプリにてクーポンが配布されていますので、クーポンコードを入力して少し安く利用することも可能です。

今回の場合、上記の通り20円引きにて利用することが出来ましたよ。

ドリンクバーはセルフ形式、ドリンクバーコーナーが設けられている

ドリンクバーの注文が完了したら、自分たちでセルフで取りに行くシステムとなっていました。

上記の通り、店内に上記のようなドリンクバーコーナーが設けられていましたよ。

こちらに置かれているコップを使って、自由に好きな飲み物を入れる形となります。

ちなみに、ドリンクバーを注文していない人は、ドリンクバーコーナーにある「お水」を利用することが可能です。

その隣に氷も置かれていますので、こちらもあわせて利用することが可能です。

ではこのコーナーにてどんな種類の飲み物が提供されているのか、順番に内容を見ていきましょう。

ソフトドリンク・炭酸飲料種類一覧をご紹介

まずはソフトドリンク・炭酸飲料からご紹介していきます。

先ほどの写真の一番右側に設置されている下記機器にて、様々な飲み物が利用可能となっていました。

大きく分けると上記分類になるのですが、さらにボタンを押すと詳細に種類が分かれていますので、左上のコーラーの種類から順番にご紹介していきます。

  • コカコーラー
  • コカコーラーレモン
  • コカコーラーメロン
  • カルピス
  • カルピスレモン
  • カルピスメロン

  • カルピスソーダ
  • カルピスソーダレモン
  • カルピスソーダメロン
  • ファンタメロン

  • 爽健美茶
  • ドクターペッパー
  • ドクターペッパーメロン

  • ジンジャーエール
  • ジンジャーエールレモン
  • ジンジャーエールメロン
  • ジンジャーエールフルーツミックス
  • ミニッツメイドレモン
  • ミニッツメイドレモンソーダ
  • ミニッツメイドレモンソーダ(微炭酸)

  • ミニッツメイドオレンジ
  • ミニッツメイドオレンジソーダ
  • ミニッツメイドオレンジソーダ(微炭酸)

上記の通り大きく分けると9種類あり、その中で詳細(味や炭酸の種類が違う)に分かれている内容となっていました。

これに加えて、TOP画面の左下のボタンにある「炭酸水」と「水」が利用可能となっていました。

グラスは一般的なサイズで、子供用の小さいカップも用意されていましたよ。

最近の流れから、プラスチックストローは廃止となっていて用意されていませんでした。

アイスコーヒー・アイスティー・お茶・野菜ジュースをご紹介

次にその隣に設置されていた下記飲み物をご紹介。

  • アイスコーヒー
  • トロピカルアイスティー
  • ジャスミン茶
  • 野菜と果実ニンジンミックス

個人的にはステーキ・肉類をガッツリ食べたので、上記の野菜ジュースを何杯か頂きました。

お茶・紅茶種類一覧をご紹介

次にあたたかい飲み物・紅茶やお茶関連をご紹介します。

下記の通り、ティーバッグ形式で複数用意されており、その場でお湯を入れて紅茶やお茶を作るシステムとなっていました。

  • アップルティー
  • アールグレイティー
  • ダージリンティー
  • ローズヒップハーブティー
  • カモミールティー
  • 煎茶
  • ウーロン茶
  • プアール茶

上記8種類の紅茶・お茶関連が用意されていましたよ。

ステーキやサラダバーを一通り食べ終えた後、デザートと一緒に飲んでゆっくりさせていただきました。

お湯はこの後紹介するコーヒー機器から利用する形となり、砂糖やミルクも完備されていましたよ。

ドリンクバーコーナーに混ぜ棒とゴミ箱も用意されていたので、その場で作って席に戻ることが可能です。

コーヒー種類一覧をご紹介

では最後にコーヒーの種類一覧をご紹介します。

ドリンクバーコーナーの一番端っこに、下記コーヒー機器が用意されていました。

  • アイスカプチーノ
  • カフェラテ
  • カプチーノ
  • ブレンド
  • エスプレッソ
  • アメリカン

あと上記写真のボタンがある箇所の右下に、「熱湯」という項目があります。

こちらを使って、先ほどの紅茶・お茶関連のティーバッグに注ぐ形となります。

これでドリンクバーの全種類をご紹介した形となります。思った以上に種類豊富ですよね。

飲み物を沢山飲みたいとか、ステーキを食べ終えた後、少しゆっくりしたいなという時、いろんな種類の飲み物を試してみて下さい。

最後に

今回はステーキガストで利用できるドリンクバーの種類・内容一覧をご紹介しました。

これからステーキガストへ訪問予定・ドリンクバーを利用したいと思っている方は、本記事を参考にしてみて下さい。

© 2021 mogblog - family challenge - Powered by AFFINGER5