ゲーム

スーパーファミコンミニの大きさやサイズ、機能や収録タイトルをご紹介

2017年6月27日

【 本記事のターゲット 】

  1. 子供の頃、スーパーファミコンで沢山遊んでいた
  2. 昔のゲームを皆で久々にやってみたい
  3. 子供にも昔のゲームを体験させたい

以前別記事にてファミコンミニ(ニンテンドークラシックミニ)のレビュー記事を記載させて頂きました。

未だに子供とスーパーマリオなどをやる時があるのですが...そろそろ来るかと思いましたが本日驚愕のニュースリリース情報が入ってきました♪

  • ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン発売決定!

出典:任天堂

という事で、早速気になる中身や収録タイトル、周辺機器などをご紹介したいと思います。

スーパーファミコンミニ詳細情報をご紹介

大きさはミニファミコン同様手のひらサイズ

出典:任天堂

まずは大きさですが、ファミコンミニ同様に手のひらに乗るくらいのコンパクトサイズになっています。

可愛いですし懐かしいですよね♪ファミコンミニ同様に家のオブジェにもなりそう。

電源やリセットボタンも忠実に再現されている模様。もちろんファミコンミニの時と同様にカセットがさせるわけではなく、ソフトはすべて内蔵になりますので、ソフト取り出しボタンと口はモックです(笑)

ファミコンミニと同様であれば、電源はスライドすればON、リセットボタンを押せばクイックセーブという形になりそうですね。

コントローラーは原寸大、操作はしやすい

出典:任天堂

次にコントローラーです。ここはファミコンミニと大きく違う所ですね。見ての通り、コントローラーがめちゃデカいです(苦笑)。

ではなく、本体がちっちゃいんですよね。今回スーパーファミコンミニの場合はコントローラーは当時の大きさをそのまま再現したとの事です。

ファミコンミニの時は本体の大きさに合わせてコントローラーもミンティア並みに小さくなっていたのですが、流石にスーパーファミコンはファミコンと比べてコントローラボタンが+4つ付いているので、小さくするのには無理があったんじゃないですかね?

デザインをとるか、機能性をとるかという議論はあったんじゃないかと推測出来るのですが、今回は快適にプレー出来るようにコントローラーの大きさは当時のままという事にしたようですね。

スーパーファミコンに熱中していた方同士であれば白熱した戦いが見られそうです(笑)

収録ゲームタイトル一覧をご紹介。計21タイトル

そして気になるタイトル...ファミコンミニは30タイトルでしたが、ちょっと減って21タイトルとなっています。気になるゲームが結構ありますよ♪

下記に収録タイトルを一覧にしてみました。スマートフォンなどで表が途切れる場合は横向きで閲覧お願いします。

タイトル名発売日メーカー名
スーパーマリオワールド1990/11/21任天堂
F-ZERO1990/11/21任天堂
がんばれゴエモン ゆき姫救出絵巻1991/7/19KONAMI
超魔界村1991/10/4カプコン
ゼルダの伝説 神々のトライフォース1991/11/21任天堂
スーパーフォーメーションサッカー1991/12/13ヒューマン
魂斗羅スピリッツ1992/2/28KONAMI
スーパーマリオカート1992/8/27任天堂
スターフォックス1993/2/21任天堂
聖剣伝説21993/8/6スクウェア
ロックマンX1993/12/17カプコン
ファイアーエムブレム 紋章の謎1994/1/21任天堂
スーパーメトロイド1994/3/19任天堂
ファイナルファンタジーVI1994/4/2スクウェア
スーパーストリートファイターII1994/6/25カプコン
スーパードンキーコング1994/11/26任天堂
スーパーマリオ ヨッシーアイランド1995/8/5任天堂
パネルでポン1995/10/27任天堂
スーパーマリオRPG1996/3/9任天堂
星のカービィ スーパーデラックス1996/3/21任天堂
スターフォックス2未発売任天堂

個人的には下記ソフトをやってみたいですね♪

スーパーマリオカート

出典:任天堂

mog個人としてはものすごく思い出深いソフト。スーパーファミコンで一番最初に本体と一緒に購入したのがこのマリオカートでした♪

グランプリはもちろん、タイムアタックも当時はものすごく白熱しましたね。何とかファミ通公式記録を抜いてやろうと友達同士で毎日特訓&練習したものです。バトルもアツかったですね。1年以上は余裕で遊べました。

マリオカートを友達の家などに持ち運び過ぎてカセットの色が変わってしまうくらいに...

今回ファミコンミニ同様にコントローラーが2つある&大きさもそのままなので、対戦も問題なく出来そうです♪ドリフト走行まだ出来るかな...汗

スーパードンキーコング

出典:任天堂

これもまた思い出深いソフトですね♪確かクリスマスプレゼントとして買ってもらった記憶があります。

当時スーパーファミコンの中ではダントツにグラフィックがよく、その奇麗なステージに見とれた物です。またアクション性も良く出来ており、ドンキーコングとディディーコングそれぞれの特徴を生かして、ステージや場面によっては入れ替わったり二段ジャンプをしたりと色々模索したものです。

隠しステージを見つけて達成度(%)を上げて行くのも面白かったです。確か当時は96%までしか上げれなかった気が...MAX101%なんですよね。

ステージ4の雪のステージ(樽の砲台で進んで行く所)をクリア出来るだろうか...苦笑

スーパーストリートファイターⅡ

出典:任天堂

当時小学生でお金が無い中ゲームセンターで良くやりました(苦笑)。今や対戦格闘ゲームって当たり前のようにありますが、当時はこのストリートファイターⅡがゲームセンターでブームになるまで殆どやった事がありませんでした。

そしてスーパーファミコンに移植されて、購入した友達の家に皆でおしかけて対戦したものです。昇龍拳が中々出ないんですよね...

今回はⅡのなかでもスーパーなので、色々とキャラクターが追加になった時のものですね。こちらも対戦久々にやってみたいです。キャンセル技とか出せるかな...汗

TIPS:スターフォックス2

あとスターフォックスファンにはたまらないサプライズ!

出典:任天堂

こちら実はソフト自体は完成していたようなのですが、Nintendo 64と発売時期がかぶり、発売中止になってしまったという幻のソフトとなっています。

そして今回、このスーパーファミコンミニで見事復活♪ファンにはたまらないサプライズですね♪

電源はMicro USB経由。画面出力はHDMI接続

ニュースリリースには

「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ専用ACアダプター」もご使用いただけます。

と記載されている事から、電源供給はMicroUSBでファミコンミニの時と変わっていない模様。同様であればモバイルバッテリーから電源供給も同様に出来そうです。

画面出力も同様にHDMIのようですね。MicroUSB・HDMIケーブルは本体に付属しているようです。USBのアダプタは別売りですが、同様であればスマホ等のアダプタかモバイルバッテリーで問題ないかと。

個人的にはファミコンミニの時、HDMIケーブルが結構短くてテレビに近づかないと出来なかったため、もうちょっと長めにして欲しいですね。同様であれば1,5mになります。

価格と発売日

価格と発売日ですが...

  • 正式名称:ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン
  • 発売予定日:2017年10月5日(木)
  • 価格:7,980円(税別)

となります。価格はファミコンミニと比べて2,000円アップですね。

実際に購入して開封した時の記事が下記となりますので、実物を見たいという方はあわせて確認してみて下さい。

最後に

今回はスーパーファミコンミニをご紹介しました。

ファミコンミニ(クラシックミニ)に続いて登場したスーパーファミコンミニ、気になっている方は本記事を参考にしてみて下さい。

© 2021 mogblog - family challenge - Powered by AFFINGER5