プール&スパ

クリーンスパ市川の温水プール利用体験レポ。帽子必須・浮き輪持ち込み可否等

【 本記事のターゲット 】

  1. 子供とプールで遊びたい
  2. 千葉県市川市にある「クリーンスパ市川」に興味がある
  3. 土日祝日混雑状況・駐車場空き状況などを知りたい

今回は千葉県市川市にある年中利用出来る温水プール・スパ施設「クリーンスパ市川」にて、プールで利用出来る浮具・エリアやキャップなどの必要なものに関して、現地体験を元に詳しくご紹介したいと思います。

2020年1月下旬の日曜日、嫁さんと息子が終日外出の予定があり、mogと娘(6歳・幼稚園児)でどこかに出かけようか〜と話していた所、娘が「プールに行きたい!」と...

この極寒の1月にプール...うーん、パッと思いつく所だと三日月系列のスパしか思いつかないけど、少々遠いしなぁ...

と思っていたら、案外近場に年中利用出来る温水プール&スパ施設がありました。それが下記。

千葉県市川市にある「クリーンスパ市川」になります。場所は下記、高速道路や大きめの車道が入り組んでいるので、少々分かりづらい位置にあります(苦笑)

公式HPをみてみても、いまいち内容がよくわからない...という事で、実際に幼稚園児の娘と一緒に訪問してプールを利用してみた体験を元に詳しくご紹介してみます。

これからクリーンスパ市川を利用したいと考えられている方は、本記事を参考にしてみて下さいね。

ちなみに他記事にて、飲食物持ち込み可否や脱水機・空気入れの有無、土日祝日の施設内・駐車場の混雑状況などをご紹介しておりますので、良ければ合わせて見てみて下さいね。

クリーンスパ市川は帽子必須、浮き輪持ち込み可&特定エリアのみ利用可

プールは時間制、受付時に渡されるバーコードで時間測定

まずクリーンスパ市川ですが、入り口は下記の様な形になっています。

入館券を購入して、ゲートを通過後その奥にある受付にて、下記バーコード付きのロッカーキーを渡されます。

プールに関しては、2時間で522円(大人)となっていて、2時間を超えると30分毎に124円(大人)の追加料金が加算されていくようなシステムになっています。

プールに入る直前に、上記バーコードをタッチするゲートがあるので、そちらで時間を測っているんだと思います。

プールに入るには帽子・キャップ必須。現地でもキャップ・水着が販売

次に、クリーンスパ市川のプールでは、必ずキャップ・帽子の着用が必須となっています。

プールサイドにはスタッフが数名して、かならずキャップをしないとプールに入れない仕様になっているので、家から忘れずに持っていく様にしましょう。

ちなみに、現地には下記の通り水着・プールグッズが販売されているコーナーがありましたよ。

上記、帽子やゴーグルはもちろん...

上記の通り水着も販売されていました。

が、ちょっと購入するのはもったいない...という方向けに、レンタルも提供されていました。

  • スイムキャップ(M・L):220円

もし忘れたら、こちらを利用するようにしましょう。

タオル持参必須、水遊び用オムツをしていればプール利用可能

あと現地ではタオルの貸し出しもないので、必ず家から持参するようにしましょう。

上記、利用案内を現地で渡されたのですが、

  • 2時間を超えると延長料金
  • プールへタオルを持参する事
  • プールゾーンのご利用はキャップの着用が必須

と明記されていました。タオルは提供されていないので、忘れずに持参を...ちなみに、忘れた場合に現地レンタルもあります。

  • タオル(バスタオルとフェイスタオルのセット):330円

プールエリアへは、その場で体の水分を拭く事が必須になっていて、ロッカーエリアへは濡れたまま行かない様に注意喚起がされているので、プール内へ持ち込みましょう。

プールエリアには荷物を置ける場所・大型の棚が完備されているので、プール利用時はそちらに荷物を置いておきましょう。

あとは小さい子供、オムツが取れていない子供はどうなのか...こちらに関しては、よくある質問コーナーにて

  • 水着の下に水遊び用のオムツをしたお子様については、プールに限りご利用が可能。

と記載されていましたので、小さいお子さんと一緒に訪問する予定の方は、必ず水遊びパンツなどを持参するようにしましょう。

浮き輪持ち込みOK、幼児用プール・スイミング用プールの一部エリアのみ利用可

では次にプール内への浮き輪などの持ち込みに関してご紹介。

まず、クリーンスパ市川のプール施設は大きく分けて3つに分かれています。(プール内は写真撮影禁止になっていたので、引用画像にてご紹介します)

出典:クリーンスパ市川

まずは上記、幼児用プールになります。写真の通り、奥に滑り台が設置されていて、他の子供と当たらない様にスタッフが常に1名常駐していました。

ちなみに、mogが訪問した時は、このプールの上に無数のアヒルの水鉄砲が配置されていましたよ。たまたまイベントの日だったみたいです。

出典:クリーンスパ市川

次にレジャー用プール、ここは水深も深く、6歳の娘で本当にギリギリ...

いろんなスパ設備が整っていて、座ったり寝転がったり、歩いて運動してみたり...健康・リフレッシュにちょうど良い様な感じの設備になっていました。

出典:クリーンスパ市川

最後にスイミングプール、実際には上記プールにコース用のロープが貼られていて、7箇所に分けられていました。

...うーん、引用画像だけだと説明しにくいので、うる覚えの中、プール図面を自作にて作成してみました。

大体上記の様な感じ。

左から「子供用プール」「レジャー用プール」「スイミングプール」と大きく3つに分かれています。

で、今回ご紹介する浮具の持ち込みですが...まず持ち込み自体は問題なくOKです。が、そこまで大きいプールではないので、大型の浮き輪やボート、あとはボールなども持ち込んでいる人はいませんでした。

そして、利用出来るエリアは下記2つのみです。レジャー用プールなどでは利用出来ないのでご注意下さい。

  • 幼児用プール
  • 幼児・家族用プール(スイミングプールの一番奥、2コース分のエリア)

浮具に関しては、基本子供が安全に楽しく遊べる為の浮き輪だけを持参するようにしましょう。

ボールくらいはOKかもですが、誰も投げて遊んでいなかった&もしかしたら注意されるかもなので...

あと、現地で浮き・ビート板の貸し出しなどもありましたよ♪

水深が浅い25mプールで、子供の泳ぐ練習をしている方も多くいらっしゃいました。

ちなみに、プールは50分に一度10分間の休憩が入り、入り口付近にサウナ?(暖かい部屋)が用意されているので、そちらで暖をとることも可能です。

が、部屋の中は土日祝日だと大混雑なので...基本はプールサイドで待っている人が多かったですね。

最後に

今回は千葉県市川市にあるプール・スパ施設「クリーンスパ市川」に関して、タオルや帽子といった持ち込みが必要な物や、浮具などの持ち込み・利用は出来るのかどうか?という部分をご紹介しました。

三日月などと比べると狭いですが、手頃に遊べる環境としてはちょうど良いかと♪

子供と一緒にクリーンスパ市川へ訪問される予定の方は、本記事を参考にしてみて下さいね。

© 2020 mogblog - family challenge - Powered by AFFINGER5