プール&スパ

船橋市運動公園プール小学生&幼稚園児家族体験レポ プールの種類が多い♪

2019年9月4日

【 本記事のターゲット 】

  1. 千葉県の船橋市運動公園プールへ行ってみたい
  2. 幼稚園児や小学生など小さい子供と一緒に訪問予定
  3. 子供たちが楽しめるかどうか、現地の様子が知りたい

今回は千葉県船橋市にある「船橋市運動公園プール」に関して、小さい子供たちと一緒にどんな感じで楽しめるのか実際に家族で現地訪問した時の状況を元にご紹介してみたいと思います。

2019年の夏最後の思い出として、家族で船橋市運動公園プールへ訪問してみました。

夏休み最後の日程&土曜日に訪問したという事もあって、たくさんの人で賑わっていましたよ♪

船橋市運動公園プールの場所は下記。

mog家は東京江戸川区に住んでいる&子供達も小さいので、現地まで車で訪問してきました。今回8月下旬の土曜日という事もあってかなり混雑していました。

下記別記事に当日の駐車場混雑状況もご紹介しておりますので、よければ見てみて下さい。

さて、こちらのプールですが公式HPでみてみると中々の広さ&設備が整っていて結構楽しめそう...ただ、身長120cm以上で利用可能なウォーターアトラクションが多く、幼稚園児といった小さい子供でも楽しめるものなのか心配...

そんな方向けに、今回9歳の息子と6歳の娘と一緒に訪問した時の状況を元に、現地はどんな様子だったのか詳しくご紹介してみたいと思います。

家族で船橋市運動公園プールへ訪問してみたいという方は、本記事をぜひ参考にしてみて下さいね。

ちなみに、こちらのプールは基本料金3時間制となっています。延長時はどうなるのか料金体系に関しては下記別記事にてご紹介しておりますので、よければ合わせて見てみて下さいね。

船橋市運動公園プールで小学生&幼稚園児は楽しめ?9歳&6歳児体験レポ

流水プールはじめ様々なプールアトラクションが用意されている

船橋市運動公園プールですが、全体MAPが下記となります。

出典:船橋市運動公園プール

中央に流れるプールがあり、その真ん中に幼児向けのプールが設置されていますよね。

右上あたりにウォータースライダー関連と、左側に25mプール&50mプールが設置されていました。

現地の休憩場所や日陰の状況、サンシェードの持ち込み可否などに関しては、下記別記事にてご紹介しておりますので、よければこちらも閲覧してみて下さいね。

水上アトラクションは身長120cmから。全てスタッフチェックが入る

さて、まずは水上アトラクションからご紹介していきます。

先ほども記載した通り、船橋市運動公園プールの水上アトラクションは身長120cm以上というのが一つの目安となっています。

なので、幼稚園児など身長が120cm足りていない子供は利用出来ない...という事になります。

mog家の娘が6歳(幼稚園年長)で身長が110cmちょっとなので...うーん、うまくいけば利用できるんじゃないかと甘い考えで現地訪問してみたのですが...

やはり考えは甘かったですね。船橋市運動公園プールでは全部の水上アトラクションの入り口にスタッフが待機しており、その側に身長を確認するための立て看板が設置されていました。

これを見た瞬間...あ、だめだ。スタッフの監視が結構厳しいので、110cmでは乗れないな...ごめんねと娘に平謝り...

ちょっと不満そうな娘を見て、この後紹介する児童幼児プールや流水プールなどで遊ばせることに。

ドーム型滑り台プールが大人気♪身長120cm以上&待ち時間15分前後

という事で、水上アトラクションに関しては9歳の息子に全部チャレンジしてもらい、どんな感じだったかレポしてもらいましたよ♪

まずは一番人気が高いドーム型滑り台プールになります。

上記のような感じで、トランポリンのように膨らんだ半円状をロープを使って登り、上から水が流れ出ているのでめちゃくちゃ滑りやすくなっているようでした。

そして、その上でジャンプしたりしながら周辺の水に向かって滑り落ちるというアトラクションになります。

結構滑る時に勢いが出るようで、息子はなんども鼻の中に水が入ったといっていました。トランポリンも遊園地や公園によくあるものとほぼ同じような感じとのこと。

人数は一度に4人まで、1分〜2分でスタッフが笛を鳴らして時間制で交代というシステムになっていました。一度に4人しか利用出来ないため、今回訪問時は一番列が出来ていた水上アトラクションになっていましたよ。

そうですね...どのくらい並んでいたでしょうか。

今回2019年8月下旬の土曜日の状況となりますが、20名は並んでいた&15分は待ったかと。

子供に大人気の水上ターザンロープ(身長120cm以上)土日待ち時間5分前後

次に息子にチャレンジしてもらったのが下記。

水上で体験できるターザンロープになります。よく公園などにある子供たちが大好きなものですね。

2本用意されており、水上と水面に二人スタッフが待機しており、乗る時と降りる時に危なくないかどうか補助をしてくれますよ♪

息子に体験していただきましたが、9歳児であれば一人で乗って一人でドボンと水の中に落ちて、泳いで出口まで余裕で行ける感じでした。

あと水面上にブラーンという状態になったターザンロープもスタッフが入り口まで投げて戻してもらうので、比較的回転が早かったです。

こちらも20人くらい並んでいましたが、5分ちょっと待てば利用できる感じでしたよ♪

子供も大人も楽しめる♪ウォータースライダー各種レポ(身長120cm以上)

次にプールといえば定番のウォータースライダー♪

船橋市運動公園プールでは2種類用意されていて、まず1種類目が上記のように途中回転しているスライダーになります。

こちらは子供だけではなく大人も利用出来るので、息子とmog二人でチャレンジしてきましたよ♪

mog自身も体験しましたが、そこまで高低差はなく、言うほどスピードも出ないので小学生であれば問題なく楽しめるかと思います。

ただ上記ウォータースライダーは2式しかないので、若干待ち列が出来ていました。

10人くらいだったかな...数分までは利用出来るような状況でした。

次にその隣にある直線のウォータースライダー。

こちらは上記の通り10本滑り台が用意されているのですが、実際は5本しか利用出来ない状態でした。

が、一度に5人滑れるので回転が早く、待ち時間は殆どなく利用することが出来ましたよ♪

mogと息子同時に一緒に滑ってみましたが、普通に楽しかったです。スピードも直線なのでこちらの方が若干早かったような気もしますね。

ウォータースライダーや水上アトラクションに関して、大体の状況を本記事で記載しましたが、もう少し詳しい内容は下記に纏めていますので良ければ見てみて下さいね。

小さい子供が楽しめる児童幼児プール♪きのこ傘・水鉄砲・幼児向けスライダー

さて、水上アトラクション・ウォータースライダーばかり利用していると...

  • お兄ちゃんばっかりずるい!

と6歳児の娘が...

ということで、ここからは幼稚園児でも楽しめるプール施設をご紹介していきたいと思います。

先ほどの全体マップの中央付近に下記の通り児童幼児プールが設置されていましたよ。

流水プールが円状(実は千葉県の形をしているらしい...)に設置されていて、その真ん中エリアになります。

水深も浅く児童向けプールが水深50cm、右側に柵に覆われているプールエリアが幼児向けプールとなりますが、こちらの水深が20cmと浅く設計されていて安心して遊ぶことが可能です。

6歳の娘もこちらの児童プールで長い間遊んでいましたよ♪

こちらのプール内にもちょっとした水上アトラクションが設置されており、下記のとおりスパなどにあるきのこ傘などもありましたよ♪

なんだか分からないですが、無性に中に入りたくなるんですよね(苦笑)

あとは下記のような水鉄砲が2式設置されていました。

手前の円盤をくるくる回すと水が発射出来る仕様になっていて、前で9歳の息子が的になってくれて家族で遊んでみました♪

あとはミニスライダー♪

これは小さすぎて、6歳の娘には物足りなかった模様...

幼児用プールは水深50cmあるので、浮き輪などを使って遊んでいるお子さんも多数いらっしゃいましたよ。ちなみに、水鉄砲などは持ち込んでいる人はいませんでした。多分NGかな...

空気入れも現地にありましたよ♪下記別記事に空気入れなどの設備情報をまとめていますので、よければこちらも見てみて下さいね。

幼稚園児も小学生も楽しめる流水プール♪水深1mなので浮き輪&保護者同伴で

児童幼児プールを囲むように流水プールが設置されていました。

下記のような感じですね。

幅は人が3人ほど通れるスペースでしょうか、一周225mとなっていてそこそこ長かったですよ♪

水深は1mとなっていて、110cmの娘はちょっと危なっかしい...幼稚園児など小さいお子さんと一緒に入る事も出来ますが、必ず保護者同伴&浮き輪などをもって入るようにしましょう。

ちなみに、結構流れは早かったです。浮き輪に入っていると勝手にどんどん進んでいく感じでしたよ。

波が出る造波プール、控えめの波なので小さいお子さんでも利用OK

次に波が体験出来る造波プールのご紹介です。

上記のような感じで、進入禁止部分に大きな球が上下に動いており、こちらがベースとなって波が起こっているみたいです。

よくある巨大な波がざばーっとくる感じでななく、常に小波が体験出来るといった感じの場所になります。

水深は一番深いところで1m、沖側などは砂浜のように足を伸ばして座っておく事も出来るので、小さいお子さんでも楽しめるかと思いますよ♪

25mプールは水深1.2m、浮き輪&保護者同伴必須。25m泳げる専用エリア設置

あと意外と楽しめたのが下記25mプール

一番深いところで水深1.2mありますが、保護者同伴であれば幼稚園児でも入ることが出来ましたよ♪もちろん浮き輪必須です。

流水プールなどに人が集まっているせいか、こちらは多少人が少なかった感じでした。

あと右側の3分の1あたりにロープが張っていて一方通行の表記看板があるかと思いますが、ここのエリアは浮き具禁止&入り口と出口が決まっていて、しっかり25m泳げるようなコーナーになっていました。

ということで...

  • mog(ハンデで平泳ぎ) vs 9歳の息子(クロール)
  • 嫁さん(クロール)vs 9歳の息子(クロール)

のガチバトルを実施してみました♪家族で競い合えるのは良いですね、あまりない体験です。

結果は...両方とも親の勝利!

いや、結構危なかった...息子は水泳習っているので、結構早かったです。来年にはもう勝てなくなってるかも...

50mプールは浮き具使用不可、中学生以上じゃないと利用不可

最後に50mプールのご紹介です。

50mプールって結構珍しいですよね。mogが通っていた小中高と全て25mプールしかなかったので...

下記のような感じで、右側2コースが一方通行のコースとなっていて、存分に50m泳ぎきる事が出来るような作りになっていました。

こちらの50mプールですが、浮き具等は一切禁止で中学生以上じゃないと利用出来ないようになっていました。

なので、子供達はこちらのプールを利用することはできず...けどせっかくなので、mog自身が久々にガチ泳ぎで往復100m平泳ぎで泳いでみました。

...めっちゃくちゃしんどい(苦笑)50mって思った以上に長いですね...一旦折り返した後、本当にもう諦めてしまおうかと思ったくらい...

もちろん、当然ながら翌日全身筋肉痛になりましたよ♪

最後に

今回は船橋市運動公園プールに関して、小学生と幼稚園児の子供と一緒に訪問した時の状況を元に、子供でも楽しめるのかという部分を中心にご紹介しました。

これから家族で船橋市運動公園プールへ行くという方は、本記事を参考にしてみて下さいね。

-プール&スパ

Copyright© mogblog - family challenge - , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.