公園・遊園地・水族館

新型コロナ対策中のディズニーランドは空いている?実際に訪問・現地レポート

【 本記事のターゲット 】

  1. 新型コロナウイルス対策中のディズニーランドは本当に空いているのか?
  2. 人数制限をしている中でのディズニーランドアトラクション混雑状況・待ち時間を知りたい
  3. レストランの利用可否・混雑状況も併せて知りたい

今回は2020年7月以降、新型コロナウイルスの影響で人数制限がかかっている東京ディズニーランドの混雑状況をご紹介します。

先日、運良く東京ディズニーランドのチケットを入手することが出来...

2020年8月30日の日曜日に、家族4人で訪問してきました。

2020年2月29日、新型コロナウイルスの影響で休園してから3ヶ月以上、ようやく7月に再度OPENとなったわけですが、大幅に人数制限をした状態&パレードなどがない状態でのOPENとなりました。

で、mog自身も訪問前に色々噂は聞こえてきていたのですが、

  • 今ディズニーランドに訪問するとめちゃくちゃ空いている
  • 待ち時間がないので、アトラクションは乗り放題

という、通常のディズニーランドの状況から考えるとありえない事態が現在発生している模様...けど、これ本当なのか?

ということで、今回は8月下旬&日曜日という通常なら激混みのタイミングでの訪問となりましたが、実際にどのくらい混雑していたのかどうか、実体験ベースでご紹介したいと思います。

コロナ対策中・人数制限中のディズニーランドの混雑状況を知りたいという方は、本記事を参考にしてみて下さいね。

ちなみに、新型コロナウイルス対策中に実施された隠しパレード(2020年7月&8月)に関して、下記記事にて纏めていますので、良ければ併せて見てみて下さいね。

午前中ガラガラ、午後は比較的混雑。コロナ対策中のディズニーランド状況レポ

手荷物検査を7時54分通過、ゲート通過・入園は8時4分。所要時間は10分

ではまず入園にかかる時間です。ディズニーランドもディズニーシーも、通常だと入園までものすごく時間かかりますよね。

2020年9月以降は9時入園となりますが、2020年8月30日はまだ8時からの入園となっていた為、10分前にはディズニーランドへ着いていこうと家族で家を出発♪

あまり書くと住んでいる場所がバレてしまいますが...自転車で行ける距離なので、7時50分には家族揃ってディズニーランドの駐輪場に到着。

自転車をとめて、そのままディズニーランド方面へあるいていくと...

上記の通り、まずは手荷物検査があります。

既にみてわかる通り、グループ毎に距離をとって並ぶようなマークが地面に記載されています。

難なく手荷物検査を通過(検温もあります)すると...

今度はQRコードを読み込ませて入園するまでの列に並ぶ必要があります。

こちらも上記の通り、黄色いテープでグループ毎に間隔を開けて歩いていただくよう案内があり、みなさんその内容に従います。

人が多いように見えますが...間隔が空いていてスムーズに列が進み、QRコードをかざして入園出来たのは8時4分。

通常だと10分前になると非常に長い列が出来ていて、そもそも入園まで20分前後かかる場合が多いのですが...

今回は人数制限中ということで人もそこまで多くなく、すんなり入ることが出来ましたよ。

なので、ディズニーランド&シーで良くある「2時間前・3時間前」に到着して、最前列で並んでおく...といった必要はないかと。

ファストパス制度は全てのアトラクションで中止

入園したら、まずはファストパス...と従来だとそうなるのですが、コロナ渦の中において、現在ファストパスは全て中止となっています。

ディズニーランドの中でも上位の人気・待ち時間を誇る「モンスターズ・インク」でも下記の通り。

全て布が被っており、機械自体が動いておりません。

プーさんも、ビッグサンダーマウンテンも、スプラッシュマウンテンも...

全てファストパスは運用していないので、並んで乗るしかないといった状況になっています。

開園直後の乗り物、どんな乗り物でも5〜10分程度で乗れる

ということで、まず最初に子供達が乗りたいといってた大人気アトラクション「ビッグサンダーマウンテン」へ乗りに行くことに。

うーん、既に結構人が並んでいる...ビッグサンダーマウンテン到着時は8時12分。

上記のような感じですね。それでもファストパスの人などが一切いないので、列はどんどん進んでいきます。

あっという間にビッグサンダーマウンテンの上まで登りました。

上記写真だけみると、すごい混雑しているんじゃ無いか?と思うかも知れませんが、止まることなくどんどん進んでいきますので、思った以上に待ち時間は少ないです。

ちなみに、初回のビッグサンダーマウンテンは待ち時間5分(待ち時間というより、ゆっくり乗り場に歩いていった所要時間といった感じ)。

このあと、こちらもディズニーランドで大人気アトラクションの「ピーターパン」に乗りに行ったのですが、本当にガラガラ...

ピーターパンも5分で乗ることが出来ました。

パッとみた感じ、一番人が集中してそうだったのが「スプラッシュマウンテン」、それでもアプリで見る限りだと10分という表記になっていました。

ただ、スプラッシュマウンテンだけは直ぐに待ち時間が40分以上に...最初に記載してしまいますが、スプラッシュマウンテンだけは、最後まで待ち時間40分を切ることはありませんでした。

なので、もし乗りたいという方は一番最初に乗るのが良いかと。コロナ渦の中でも、一番並ぶアトラクションかと思いますので。

グループ毎にソーシャルディスタンス・一定間隔をあけることが必須

ちなみに、全ての乗り物の乗り場において、コロナ対策が施されています。

まず、アトラクションの前後にアルコール消毒スプレー(プッシュするタイプ)が完備されています。

そして、全ての待ち列に関して、下記のような感じで黄色いテープが地面に貼られています。

こちら、前方のグループと距離を保つために作られており、グループ毎に黄色いテープを目安に離れて待たないといけません。

しっかりしているなぁ...と最初は関心したのですが、夕方になってくるとこの線もあまり意味をなさないかも...

理由は後ほど記載します。

開園1時間後の乗り物は少々混雑、列は長いが待ち時間は短い

さて、ビッグサンダーマウンテン・ピーターパンとものの5分で乗り、その後バズライトイヤーも10分で乗ることが出来ました。

いやいや、めちゃくちゃ空いていて快適♪噂は本当だったのか、と感動したくらいです。

がしかし...このあたりから徐々に人が増えてきます。まず、次に向かったのが大人気アトラクションである「モンスターズ・インク」

上記がアトラクションの待ち列になります。

...あれ?結構並んでない?既に後方はスペースマウンテンの場所ですよ?

がしかし、やはりファストパスがない&間隔をあけて並んでいるという所から、列はスムーズにどんどん進んでいきます。

あっという間に下記モンスターズ・インクの施設内へ。

結果、20分で大人気アトラクションを乗ることが出来ました。

が、ここで既にお分かりのとおり...待ち列が長くなり、黄色い線が貼られていない場所まで列が伸びてしまうと、ソーシャルディスタンスが少々適当になってきます...

これ以上人数制限をするのはなかなか厳しいと思いますが、この部分がちょっと怖かった所でもありましたね。

昼以降、時間指定パスポートの入場によってどんどん人が増える

さて、時間はすぎて午後になりました。

実は今ディズニーランドでは時間指定パスポートが販売されているんですよね。

  • 午前11時から入園出来るチケット
  • 午後2時から入園出来るチケット

この2種類のチケットがあるので、午後から格段に人が増えてきた印象です。午前中は本当に快適だったのに...汗。

下記、15時くらいに「プーさんのハニーハント」へ並んだときの状況です。

...分かりますでしょうか?プーさんのハニーハントに乗るのに、なぜかトゥーンタウン方面へ伸びている待ち列...

なんと、トゥーンタウンで折り返して、プーさんのハニーハントへ列が出来ているんですよ。

いやいや、普段のディズニーでも、ここまで並んでいる事は滅多に無いですよ(汗)

折り返してプーさんのハニーハント前にきても上記のような感じ。

まだまだ折り返しの列が続いています。が、やはりファストパスがないので、列の進み具合は非常に良い。

あっという間にプーさんのハニーハント前まで列が進みました。

ちょうど写真に待ち時間が写っていますが、これだけならんでも45分待ちという状況でした。

途中から例のソーシャルディスタンスの黄色い線も記載されており、結構並んだことは並んだのですが、人の進み方が早いのでそこまで疲れない印象です。

がしかし、夕方になるにつれ、どのアトラクションでも待ち時間が増えていく...

午前中乗り放題だった

  • リバー鉄道
  • ジャングルクルーズ
  • カリブの海賊

このあたりも待ち時間30分とかになってきます。

実はこう言った乗り物、乗り物自体に人数制限がかかっているので、午後人が増えてきたタイミングで一気に待ち時間が長くなるようです。

夕方は一番人が多い。普段のディズニーランドに近い感じを受ける

さて、日も暮れてきましたし、この日のディズニーランドの閉園は20時。そろそろ締めのアトラクションに乗ろうか...

という事で、スプラッシュ・マウンテンへ乗りに行く事に。

先ほども記載しましたが、スプラッシュ・マウンテンは開園当初は待ち時間少ないですが、直ぐに40分待ちになり...

その後、ほぼ待ち時間は減る事なく増え続け...mog家が並んだ時は70分待ちとなっていました。

いやぁ...失敗した(苦笑)、最初に並んで乗っておけば良かった...

という事でそのときの待ち列の状況が下記。

ん?ここはどこだ?という感じですよね。スプラッシュ・マウンテンは岩の上にあるのに、なぜか列は橋の下・蒸気船の方に伸びています。

そうなんですよ、列が長くなりすぎていて、蒸気船方面まで待ち列が出来ていて、そこを折り返してスプラッシュ・マウンテンの岩の上に続いているんです...汗。

子供達が若干飽きかけている状態で、さらに列に並びます。

まぁ列はそこそこ進むのですが、なんといっても列自体が長い...途中で日が暮れてしまいました(汗)

施設の中に入ったら、ようやくソーシャルディスタンスの黄色い線が登場。

先ほどの待ち列の状況だと、さすがにソーシャルディスタンスは守れておらず...少々怖い部分がありますね。

まぁある程度は仕方ないですが...

このスプラッシュ・マウンテンの列は通常の土日ディズニーランドの状況とほぼ変わらず...というか、ファストパスが無い分列が通常の時と比べても長くなっている気がします。

ファストパスがあれば、その時間に向かえばよいですが...現状並ぶしか乗る方法はありませんので、今回は諦めて70分間並びましたよ。

さて、最後長蛇の列に並んでしまい、かなりの時間ロスをしてしまいましたが...

結果からいうと、8月の日曜日という大混雑時期にも関わらず、下記の乗り物・回数を乗ることが出来ました。

  • バズ・ライトイヤー:3回
  • ピーターパン:2回
  • モンスターズ・インク:1回
  • ビッグサンダーマウンテン:1回
  • スプラッシュ・マウンテン:1回
  • ジャングルクルーズ:1回
  • リバー鉄道:1回
  • ホーンテッド・マンション:1回
  • プーさんのハニーハント:1回
  • フィルハーマジック:1回
  • スティッチのエンカウンター:1回
  • カリブの海賊:1回
  • イッツアスモールワールド:1回
  • 白雪姫:1回
  • ゴーコースター:1回
  • ロジャーラビットのカートゥーンスピン:1回
  • アリスのティーパーティー:1回

上記のような感じ、結構乗った方じゃないですかね?

特にバズ・ライトイヤーやピーターパンを複数回数乗れたことが大きいかと。いつもだと、一回乗れれば良いかなという所を何回か乗れたので...

ただ、個人的な感想で言えば、人数制限をしている中でも「乗り放題にはならない」ということです。ここを勘違いして訪問すると痛い目にあいますのでご注意ください。

まぁ普段のディズニーランドに慣れているという方は、空いていると感じるはず...

TIPS:一部アトラクションの内容が変更になっているものあり

さて、おおよその混雑状況は先ほど説明したとおり。

そして、中には夕方から混雑し出すアトラクションがあることも説明しましたね。それらに共通しているのが、

  • アトラクション自体に人数制限をかけている

という部分が非常に大きいです。

例えば、イッツアスモールワールド。

通常なら20人乗れる船なのですが、前後の列をあけて乗るという仕様に現在なっているため、乗れて8人とか12人とか...大体半分くらいに人数が制限されています。

あとはリバー鉄道。

こちらも同じですね。前後の列は空席で動かすため、大体乗れるのは通常の半分くらい。

なので、夕方になると人が並ぶ方が多くなり、自然と列が長くなるという訳です。

カリブの海賊も同じですね。あとはジャングルクルーズもグループ毎に間を開けるため、感覚としては半分くらいの人数制限がかかっています。

一番びっくりしたのはフィルハーマジック。前後スペースを開けるために1列空けるのはもちろん、隣同士の席もあける必要があるため、ぱっと見た目の感覚としては通常の4分の1程度しか人が入っていませんでした。

もちろん、外には列が出来ている状態ですよ。けど、そもそも人数を入れる部分で制限をかけているので、午後になるとフィルハーマジックの待ち時間が長くなっていました。

そのほか、アルコール消毒の時間がそれぞれアトラクションに設けられており、その時間になると一気に列が長くなります。

例えば、今回ゴーコースターに乗る直前で消毒が入ったのですが...

スタッフが丁寧に全席アルコール消毒で吹き上げた後、乾燥 or 殺菌しているのか何度か空席の状態のままコースターを走らせていました。

アリスのティーパーティでも、消毒の時間とバッティングしましたね。

一番驚いたのは「ホーンテッドマンション」。なんと最初の下り(暗い部屋に集まって話を聞いたりイベントみたりするもの)が一切カット。密室ということで、今はやらないという方針なんでしょう...

なので、ホーンテッドマンションに入ると、いきなり卵形の乗り物まで案内されて、それにのる形になります。

こういった感じで、普段とはかなり仕様の異なったアトラクション運用方法になっているため、人数を制限しても多少の待ち時間が発生するのは致し方ないかと。

TIPS:レストランは基本通常通り。隣の席を空ける必要あり&比較的空いている

最後にレストラン・食事の様子もご紹介。

基本的にはレストランはOPENとなっているのですが...例えば

  • ポリネシアンテラス・レストラン
  • ザ・ダイヤモンドホースシュー

などのショーレストランは全てCloseとなっていました。

あとレストランの席数は、基本半分と考えていただければOKかと。

上記の通り、隣にある席はシールが貼られていて、基本利用出来ないスペースとなっていました。

今回は家族でビッグサンダーマウンテン近くにあるカレーを食べたのですが...

上記、結構空いているように見えますが、これでほぼ満席なんですよ(苦笑)

座っていない席には、下記の通り使えない旨の札が置かれていました。

とはいえ、待ち時間はほぼなし。唯一レストランの中で並んでいた・待ち列が出来ていたのが

  • クイーン・オブ・ハートのバンケットホール

ですかね。10組程度並んでいました。

まぁここのレストランは通常に物凄い行列になるので...それでも人数制限の関係上、基本は直ぐに利用出来る感じになっていました。

最後に

今回は新型コロナウイルス対策中・入場制限中のディズニーランド混雑状況に関して、実際に現地へ訪問したときの状況を元に詳しくご紹介しました。

午前中はかなり空いていますし、本当に快適だったのですが...午後〜夕方にかけて、いつものディズニーランドの雰囲気・混雑状況に戻ってきている感じ。

ただ、コロナ対策はしっかりされているとは感じたので、注意はしつつ、これからもディズニーランドを楽しみたいものですね♪

Copyright© mogblog - family challenge - , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.