ITラボルーム

エクセル(Excel)で未入力セルに色付け・入力後に色を消す。Mac設定手順

【 本記事のターゲット 】

  1. Mac を利用している
  2. エクセルを使っている
  3. 入力漏れがないように、文字入力やリスト選択される前の状態は色付け、入力・選択された後は色が消えるうように設定たい

今回はMac&エクセルを使っている方向けに、入力前の空白セル状態は色を付けて、何か入力・選択された場合は色が消えるような設定手順をご紹介します。

サラリーマンをしていると、エクセルを使うことって非常に多いですよね。

何かしらの表計算をしたり、設定シートなどを作成したり...非常に便利なアプリケーションです。

さて、そんなエクセルですが、たまに下記のような設定をしたデータに遭遇することがあります。

  • 何も入力していない状態だと勝手に色がつく
  • 文字を入力したり、プルダウンで選択すると、色が自動で消える

これ、どうやったら設定できるんだろうと疑問に思った人も多いかと。

ということで、今回はMacでのエクセルにて、上記設定をする手順を画面キャプチャ付きでご紹介します。

ちなみに、下記別記事にてWindowsのエクセルにて同じように設定する場合の手順をご紹介しておりますので、Windowsパソコンのエクセルで実現したいという方は下記記事を参考にしてみて下さい。

エクセル(Excel)で未入力時にセルに色付け、入力後に自動で色を消す方法をご紹介

エクセルを起動、ホーム内の「条件付き書式」をクリック

今回手順&キャプチャを記載したのは2021年12月時点での最新のmacOS & Excel となります。ExcelのバージョンはMicrosoft 365(旧Office 365)の最新版となります。

まずはエクセルを起動しましょう。

上記見慣れた画面が表示されます。まずはどこでも良いので、1つのセルをクリックしておきます。

次に上部タブで「ホーム」が選択されていることを確認し、上部右側にある「条件付き書式」をクリックしましょう。

上記メニューが表示されます。

その中にある「新しいルール」をクリックしてみましょう。

空白セルの場合に適応されるルールを新規作成

すると、下記「新しい書式ルール」というメニューが表示されます。

  • スタイル:クラシック
  • 指定の値を含むセルだけを書式設定
  • セルの値 / 次の値に等しい / =""

上記のように選択・入力します。上記内容の意味としては、セルの値が空白だったら条件が発動するという内容ですね。

そして、書式の項目をクリックします。

上記項目が表示されますので、「ユーザー設定の書式...」をクリックしましょう。

下記画面が表示されます。

ここで上タブ内の「塗りつぶし」をクリックします。

好きな色を選択して、空白の時にセルはどんな色を示したいのか設定しましょう。

設定が完了したら「OK」をクリックします。

上記のような感じですね。

セルの値が空白の場合、書式の塗りつぶし「黄色」が発動するといった内容になります。

空白状態ではセルに色が付くが、文字・数字が入力されると色が消える

先ほどの画面でOKをクリックすると...

上記の通り、クリックしておいたセルが黄色に塗りつぶされた状態で表示されます。

このセルに何でも良いので文字・数字を入力すると...

上記の通り色が消えます。これで設定完了ですね。

複数のセルにこの設定を適応したい場合は、先ほどの「条件付き書式」をクリックして「ルールの管理」をクリックしましょう。

書式ルールの表示という項目で「このワークシート」を選択すると、今作成したルールが表示されます。

ここで適応先を指定出来ますので、範囲を広げたりして複数セルを指定してみましょう。

ちなみに、プルダウンなどの値選択時などにも利用出来ますので、色々機能を組みあわせて良いエクセルデータを作成してみましょう。

最後に

今回はMacのエクセルにて、空白セルを色付け・値が入ったセルは色を自動で消す方法をご紹介しました。

やり方が分からないという方は、是非本記事を参考に一度設定・チャレンジしてみて下さい。

© 2022 mogblog - family challenge - Powered by AFFINGER5