食べ物

子供と華屋与兵衛訪問。お子様メニューで量は足りる?小学生体験レポ

【 本記事のターゲット 】

  1. 和食ファミリーレストラン「華屋与兵衛」へ訪問予定
  2. 子供と一緒に訪問予定。
  3. 小学生の場合、キッズメニュー・お子様メニューは利用出来る?量は足りる?

今回は関東・首都圏中心に展開されているファミレス「華屋与兵衛」に関して、子供と一緒に訪問する際キッズメニュー・お子様メニューは利用出来るのかどうか?量は足りるのかどうかという部分をご紹介します。

関東以外の人だとあまり聴き慣れない名前かもしれませんが、東京に住んでいるとそこそこ見かけることが多いファミレス「華屋与兵衛」。

変わった名前なので、mog自身も最初東京へ引っ越してきた時に、このお店はなんだ?飲食店なのか?と疑問に思ったくらい。

mog家の近くにも、車で10分程の距離に「華屋与兵衛」がありますので、今回家族全員で訪問してみることに。

※今回ホットペッパーグルメを使って事前予約を実施しました。ホットペッパーグルメを使えば、日時・時間を指定した上で簡単に席だけ確保できるので、待ち・混雑が気になる方は事前に予約しておきましょう。

小学校5年生と小学校1年生の子供2人と一緒に訪問したのですが、そもそも小学生でもキッズメニューなどは利用出来るのか?量は足りるのか?大人のメニューの方がよいのかなどなど...

同じように悩んでいるご家庭もいらっしゃるかと思いますので、このあたりを実体験ベースでご紹介します。

これから華屋与兵衛へ訪問予定という方は、本記事を参考にしてみて下さいね。

ちなみに華屋与兵衛に関して、下記別記事にてご飯大盛り可否・ドリンクバーの種類一覧などをご紹介しておりますので、よければ併せて見てみて下さい。

華屋与兵衛小学生体験レポ。おこさまメニューは利用出来るが量が足らない・通常メニューを注文しよう

華屋与兵衛は基本テーブル席、幼稚園児・小学生であれば普通に座れる

華屋与兵衛の店内ですが、基本は下記テーブル席を利用する形になります。

今回訪問した店舗では、下記のように和室も用意されていましたが...こちらは基本記念日などに利用するスペースになる感じですね。ほとんどの組がテーブル席に通されていました。

ちなみに、幼稚園児以下・乳幼児のお子さんも数組訪問されており...

上記の通りお子様椅子や和室の場合はクッション台のようなものが完備されていたので、もし身長が足らなくてうまくテーブル席に座れない・和室で座れないといった場合は、補助椅子を利用するようにしましょう。

ちなみに、mog家の小学1年生の娘(まだ120cmいっていない)は補助なしで余裕で椅子に座ることが出来ました。

多分幼稚園年中・年長くらいであれば、補助椅子無しでも問題ないかな...多分。

華屋与兵衛のおこさまメニューは小学生以下であれば利用出来るが...

さて、では小学生向けのメニューをどうしようか、みんなでメニュー表をみてあれこれ考えてみます。

まず、真っ先に「おこさまメニュー」がお得で良いんじゃないか?と下記メニューを一通り見ていたのですが...

うーん、これはどうなんだろう...

一応、こちらのメニューは小学生以下であれば利用出来るので、小学5年生の息子や小学1年生の娘でも利用することは出来るのですが...

見た感じ、明らかに量が少ない...どうみても、幼稚園年少や3才以下の小さいお子さん向けのようなメニュー...

おこさまドリンクバーは「100円」ということなので、これは利用するとして...mog家としては、子供に対しても通常メニューを注文しようということに。

小学5年生には通常メニューの大盛り、小学1年生には通常メニューを注文

ということで、結局mog・嫁さん・子供達全員で通常のグランドメニューを見ることに。

結果、今回注文したのは下記メニューとなりました。

  • 小学1年生の娘:ねぎとろ丼 + ドリンクバー
  • 小学5年生の息子:ねぎとろ丼(ごはん大盛り) + ドリンクバー
  • 嫁さん:季節海鮮丼
  • mog:上海老天重(ごはん大盛り)そばセット + ドリンクバー

しばらくすると、子供達のメニューが席まで運ばれてきました。

奥が小学1年生の娘の通常のねぎとろ丼、手前が小学5年生の息子の大盛りねぎとろ丼になります。

お兄ちゃんが注文したメニューと同じが良いということで、自動的に娘もねぎとろ丼に(苦笑)。

ただし、小学1年生とこの前まで幼稚園児だったので...量は通常盛りにしてみました。

小学生は通常メニューじゃないと満足出来ない。ドリンクバーはお得&楽しめる

さらに小学生以下であれば、先ほどのメニュー表にもあった通り100円でドリンクバーが利用出来ますので、子供二人分おこさまドリンクバーを注文。

先ほど記載した別記事でドリンクバーの種類一覧など詳しく記載していますが、おこさまドリンクバーという名称でも通常の大人と同じ内容が利用可能となります。

さて、実際にドリンクバーと通常のメニューを小学1年生の娘が食べてみます。

上記の通り、パクパクどんどんねぎとろ丼を食べていきます。ドリンクバーはジュース飲み放題ということで、子供達にかなりウケは良かったですよ♪

さて、通常メニューの量としては...

  • 小学1年生の娘:通常メニューで丁度良い
  • 小学5年生の息子:大盛りメニューでお腹いっぱい

といった結果に。

仮におこさまメニューを注文していた場合、どう考えても量が不足していて、子供から不満が出てきていた気がします。

ということで、mog家体験談ベースとなりますが...

小学生の場合は基本通常メニューで、3才以下など小さいお子さんの場合はおこさまメニューを利用するのが丁度良い気がします。

最後に

今回は小学生の子供と一緒に華屋与兵衛へ訪問する場合、おこさまメニューは利用出来るのかどうか?量は足りるのかどうかという部分をご紹介しました。

見た目からダメだと思ったので実際に注文はしていませんが...小学生の場合は明らかに量が足らないので通常メニューを注文したほうが無難かと。

小学校高学年の男の子の場合だと、大盛り注文でも良いくらいだったので...これからお子さんと訪問するという方は、本記事を参考にしてみて下さいね。

© 2020 mogblog - family challenge - Powered by AFFINGER5