ITラボルーム

iPhone Xs・Xs Max・XR登場。iPhone X・8とスペック・価格を比較

2018年9月13日

【 本記事のターゲット 】

  1. iPhoneを利用している
  2. Appleイベントで発表された新型iPhone「iPhone Xs」「iPhone Xs Max」「iPhone XR」について詳しく知りたい

2018年9月のApple Special Eventにて新型iPhoneが発表されました♪

という事で、速報として新型iPhoneの詳細情報と従来製品のiPhone X、iPhone 8と比べてどの点が変わったかを比較表などを元に見て行きたいと思います。

新型iPhoneの情報を知りたい方、iPhoneを買い替えようと考えている方は参考にどうぞ。

新型iPhone発表♪2018年9月13日Apple Special Eventにて

毎年恒例のAppleお祭りイベント♪日本時間では9月13日午前2時〜

出典:Apple Inc.

こちらは毎年恒例ですね、この時期、大体9月の2周目あたりに毎年Appleイベントが開催され、新型iPhoneが発表されます。

今年は上記のようなイメージ、さて一体何が発表されるのでしょうか...

iPhone Xs、iPhone Xs Max登場

出典:Apple Inc.

Xシリーズに2種類ラインナップ、5.8inchと6.5inch&A12 Bionicチップ搭載

まずこちらは噂でも流れていたiPhone Xの後継機種「iPhone Xs」と「iPhone Xs Max」の発表です。

Maxなのか、Plusなのかという部分が不確定でしたが、呼び方はMaxでしたね...あとは従来のiPhone 6sとか5sとかと同様に後ろに「s」を付けた呼び方になりました。

従来製品のiPhone Xのサイズと同様の5.8inchディスプレイを搭載したiPhone Xs、さらに従来製品のPlusに当たる大型iPhone Xシリーズとして6.5inchディスプレイを搭載したiPhone Xs MAXとなります。

どちらもSuper Retinaという事で、大迫力&特別に開発されたiPhone XS用のOLEDディスプレイになります。

CPUはA12 Bionicチップを搭載し、従来チップのA11と比べると最大15%高速、最大50%少ない消費電力になるそうです。それに合わせてFace IDも進化してより高速に顔認証を行えるようになります。パスワードなどを入れる手間もありませんね♪

あとOSももちろん最新に、iOS 12が標準で入った状態で出荷されます。ちなみに他iPhone等でも9月17日以降にiOS 12は配信されるとの事。

カラーは3種類で「ゴールド」「スペースグレイ」「シルバー」、iPhone Xs、Xs Maxは9月14日(金)予約開始、9月21日(金)発売です。

防塵・防水規格IP68に準拠

iPhoneXsシリーズは防塵・防水機能を搭載、以前のiPhone Xの場合でも防水には対応しておりましたが、IP67規格になっていたのでさらに協力な防水機能を備えています。

Appleの発表によると、iPhone Xs&iPhone Xs Maxを水深2mに30分沈めても浸水しないとの事。

バッテリー機能が改善

iPhone XsはiPhone Xより最大30分長いバッテリー駆動時間、iPhone Xs MaxはiPhone Xより最大1.5時間長いバッテリー駆動時間を実現出来ます。

ちょっと分かりにくいので...連続通話時間で換算すると、iPhone Xsが最大20時間、iPhone Xs Maxが最大25時間可能との事。

DSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)対応、eSIM技術利用

そして新型iPhone Xs&iPhone Xs MaxではDSDS対応、デュアルSIMという事で2種類のSIM・通信携帯を利用する事が可能です。

が、こちらは要確認。下記サポートページに記載がある通り、nanoSIMとeSIMの2種類でDSDS機能が利用出来るとの事。

iPhone XsまたはiPhone Xs Max、nano-SIM、およびeSIMで2つの携帯電話プランを使用できます。eSIMはデジタルSIMで、物理的なnano-SIMを使用せずにキャリアからセルラプランをアクティブにすることができます。

DSDSが実現すれば、両方の搭載SIMで電話やSMSを送受信する事が可能になります。1つの番号が通話中の場合、他の番号の着信はボイスメールになるとの事。

またeSIMは現段階ではまだ利用出来ないです。iOS 12のソフトウェアアップデートにより年内に利用できるようになるらしいです。日本ではどうかは分かりませんが...

iPhone Xr登場

出典:Apple Inc.

一番安いiPhone Xシリーズ、6.1inch&A12 Bionicチップ搭載

そしてこちらも噂されていたXシリーズの廉価版「iPhone XR」になります。後ほど価格に関しては詳しくご紹介しますが、84,800円〜と10万円を切る価格で提供されます。

同様にホームボタンはなくなり、前面いっぱいにディスプレイが広がるXシリーズの後継機種になります。

そして何と言ってもXシリーズで一番安いのが特徴で、画面サイズは真ん中の6.1inchになります。同様にA12チップを搭載しています。SIMも同様にDSDS対応との事。

iPhone XR提供が少し遅くなる予定で、10月19日(金)予約開始、10月26日(金)発売になるようです。

Liquid Retinaディスプレイ搭載

iPhoneの中で最大のLCDと紹介された「Liquid Retina」を搭載、1792×828の解像度、326ppiになります。

正確な色を映し出し、見るものすべてが現実の世界のもののように見えるとの事。タップしてスリープ解除に対応しています。

防塵・防水規格IP67に準拠

こちらは従来のiPhone Xシリーズと同様にIP67の防塵防水機能に対応しています。なのでiPhone Xsシリーズのように2mまでの水深は耐えられないですが、最大で水深1メートル&30分間まで浸水に耐えれる様です。

Apple HPによると、コーヒー、紅茶、ジュースなどがこぼれても大丈夫との事。

4種類のカラーバリエーション

iPhone Xsでは「ゴールド」「スペースグレイ」「シルバー」の3種類でしたが、iPhone XRでは「イエロー」「ホワイト」「コーラル」「ブラック」「ブルー」そして「PRODUCT RED」の6種類から選択出来ます。

iPhone SEを思い出させるようなラインナップですね♪

iPhoneの新製品&従来製品のスペック・価格を比較検討

iPhone Xs、iPhone Xs Max、iPhone XRのスペック表

では分かりやすくここでiPhone Xsシリーズと、iPhone Xrのスペックを表に纏めてみました。※メモリはまだ未確認、判明次第記載します。スマートフォンなどで表が途中で途切れてしまう場合は横向きにしてみて下さい

iPhone XsiPhone Xs MaxiPhone XR
発売日2018年9月21日2018年9月21日2018年10月26日
カラーゴールド、スペースグレイ、シルバーゴールド、スペースグレイ、シルバーイエロー、ホワイト、コーラル、ブラック、ブルー、PRODUCT RED
容量64GB、256GB、512GB64GB、256GB、512GB64GB、128GB、256GB
画面サイズ5.8インチ6.5インチ6.1インチ
CPUA12 BionicA12 BionicA12 Bionic
メモリ調査中調査中調査中
背面カメラ性能1200万画素1200万画素1200万画素
全面カメラ性能700万画素700万画素700万画素
ビデオ性能4Kビデオ4Kビデオ4Kビデオ
通信ギガビット級LTEギガビット級LTE4G LTE-Advanced
Wi-Fi802.11 a/b/g/n/ac802.11 a/b/g/n/ac802.11 a/b/g/n/ac
Apple PaySuica/Felica対応Suica/Felica対応Suica/Felica対応
大きさ高さ143.6mm、幅70.9mm、厚さ7.7mm高さ157.5mm、幅77.4mm、厚さ7.7mm高さ150.9mm、幅75.7mm、厚さ8.3mm
重さ177g208g194g
バッテリー性能最大12時間最大13時間最大15時間
ワイヤレス充電対応対応対応

バッテリー性能は連続インターネット時間としています。従来製品と大きく変わったとことをピックアップして分かりやすく太文字で記載してみました。感想は後ほど纏めて記載します。

iPhone X、iPhone 8のスペック表

従来製品と比較が出来るように、昨年のiPhone X、iPhone 8 Plus、iPhone 8のスペックも表に纏めてみました。先ほどの表と合わせてみてもらえると違いが分かるかと。※メモリはGMリーク情報から引用させていただいています。スマートフォンなどで表が途中で途切れてしまう場合は横向きにしてみて下さい

iPhone XiPhone 8 PlusiPhone 8
発売日2017年11月3日2017年9月22日2017年9月22日
カラーシルバー、スペースグレイシルバー、スペースグレイ、ゴールドシルバー、スペースグレイ、ゴールド
容量64GB、256GB64GB、256GB64GB、256GB
画面サイズ5.8インチ5.5インチ4.7インチ
CPUA11 BionicA11 BionicA11 Bionic
メモリ3GB3GB2GB
背面カメラ性能1200万画素1200万画素1200万画素
全面カメラ性能700万画素700万画素700万画素
ビデオ性能4Kビデオ4Kビデオ4Kビデオ
通信4G LTE-Advanced4G LTE-Advanced4G LTE-Advanced
Wi-Fi802.11 a/b/g/n/ac802.11 a/b/g/n/ac802.11 a/b/g/n/ac
Apple PaySuica対応Suica対応Suica対応
大きさ高さ143.6mm、幅70.9mm、厚さ7.7mm高さ158.4mm、幅78.1mm、厚さ7.5mm高さ138.4mm、幅67.3mm、厚さ7.3mm
重さ174g202g148g
バッテリー性能最大12時間最大13時間最大12時間
ワイヤレス充電対応対応対応

従来製品との価格を比較

気になる価格も見ておきましょう。こちらも従来製品と比べての価格になります。同様に後ほど感想を...

iPhone XsiPhone Xs MaxiPhone XRiPhone XiPhone 8 PlusiPhone 8
64GB112,800円124,800円84,800円112,800円89,800円78,800円
128GB--90,800円---
256GB129,800円141,800円101,800円129,800円106,800円95,800円
512GB152,800円164,800円----

スペック・価格を比較してみた感想

まず気になる値段ですよね。

iPhone Xsに関しては従来のiPhone Xと同じ金額になっているのが分かるかと。+αで512GBが登場した感じでしょうか。iPhone Xs Maxですが...もはや高スペックPC並の金額となってきましたね...

まぁ日本ではキャリア経由で購入する方が大多数だと思うので、この限りではないかと思いますが...まぁ史上最高にスペックが良い&高いiPhoneの登場となりました。

一方、今まで中々高くて手が出せなかったiPhone Xシリーズを8万円台で入手出来るようになったiPhone XRに注目でしょうか...価格帯だけ見れば、昨年のiPhone 8から少し高くなった程度で、かなり値段を抑えられての提供になっているのが分かるかと。

ただ一方、スペック表を見てみるとスマホではとても重要な重さや分厚さに難ありかと...

iPhone Xsは従来通りの重さで177gとなっています。これでも利用者からはかなり重いという声も上がっていましたが...iPhone Xs Maxは208g、iPhone XRも194gもかなり重たくなっています。iPad mini 4のWiFiモデルが298gという事を考えると...何だかタブレットに近づいて来た感じがしますよね。

iPhone Xが前から欲しかったという方はiPhone Xsがお勧め/買いかと。コストを抑えたい方はiPhone XRですね。但し先ほど記載した重さと、若干分厚い(8.3mと前作と比べても一番分厚い)ので、使い勝手が若干悪くなりそうですが...

画面をとにかく大きくして利用したいという方はiPhone Xs Maxですね。iPhone Xs Maxも大きさから見れば従来のiPhone 8 Plusとほぼ一緒なので...それで5.5インチから6.5インチへの拡大を実現している所はさすが「X」という感じが見受けられます。

最後に

今回は新型iPhone「iPhone Xs」「iPhone Xs Max」「iPhone XR」をご紹介しました。

iPhone Xを購入したい・新型iPhoneを購入する予定の方は、こちらの表・スペックなどの比較を参考にして頂ければと思います。

© 2021 mogblog - family challenge - Powered by AFFINGER5