公園・遊園地・水族館

【公園】葛西臨海公園 子供とカニ釣り&磯遊び 現地レポと必要道具をご紹介

投稿日:

【 本記事のターゲット 】

  1. 東京都内で広い公園を探している
  2. 大きな芝生広場があり、ピクニックが可能
  3. 都内で磯遊び&カニ釣りが出来る所に遊びに行きたい

東京都内でも最大規模の広さを誇る葛西臨海公園のご紹介です。公園内には遊具は少ないものの大きな芝生広場があるのでピクニックも最適です。

また予約制のバーベキュー広場&予約無しでもバーベキューが出来る施設も整っており、さらに東京湾が目の前に広がっているので子供と一緒に磯遊びを楽しむ事が出来ます。

以前もこちらの施設をご紹介しましたが、今回は磯遊びを中心にカニ釣りを楽しむ為の道具&ポイントなどを中心にご紹介させて頂きます。

到着まで

JR京葉線「葛西臨海公園駅」下車後、目の前が公園になっているのでアクセスはかなりいいかと思います。

車で来園される方は駐車場もあります。料金は1時間200円、以後30分毎に100円となり、200台近く駐車スペースがあるので満車になる事はまずありません。

また江戸川区内の方は自転車でこられている方が多いです。園内が広いので、子どもとサイクリングも良いかと。mog自身も自転車でこちらの公園に良く行っています。

葛西臨海公園(カニ釣り)

つい先日、2017年4月下旬の日曜日に行ってきました。ぽかぽか陽気で春先だったのでまだそこまで暑くなく、ものすごく快適な陽気でしたよ♪

mogと嫁、7歳の息子と3歳の娘4人で自転車で現地に到着しました。今回はカニ釣りメインで訪問したので、真っ先にポイント箇所まで自転車で移動しました。

公園MAP(カニ釣りポイント)

下記が葛西臨海公園全体MAPになるのですが…

赤く囲んだところが「カニ釣りポイント」になります。まずはここまで自転車で移動しましょう。電車の方はそのまま駅を海側に向かって歩けば辿り着けます。

駐輪場というのは特に設けられていないのですが、普通に道の端に皆さん止めているので、とりあえず赤く囲った所まで自転車で移動する分はOKです。

そして到着すると松の木が沢山あります。昼間などであればサンシェードやレジャーシートが並んでいるかと思います。大体下記のようなイメージですかね。日陰は松の木の中であればあるのですが、夏場などはサンシェードがあった方が無難かと思います。もし一杯だったら悲惨な状況になってしまいますからね…汗

カニ釣りをする為に – 持ち物確認 –

ではここでカニ釣りをする為に必要なもの、あった方がいいものをご紹介します。

  • サンシェード(夏場は特に)
  • レジャーシート
  • お弁当&ドリンク
  • 割り箸(もしくは小枝で代用可能)
  • たこ糸
  • スルメ
  • 5円玉(もしくは50円玉)
  • かご

まずは通常のピクニックグッズは持って行きましょう。今回春先だったのでそこまで暑くなかったのですが、先ほども記載しましたが夏場はいくら松の木が沢山あるとはいえ、日陰がないとゲームオーバーですよ(汗)

なのでサンシェード&レジャーシートは持って行きましょう。また昼前に着くのであればお弁当を買って持って行くのもありかと。駅構内にマクドナルドがあるのでハンバーガーなどを買って持ってきている人も多いです♪天気がいい日&海と芝生広場に囲まれながらの昼食は格別に美味しく感じますよ♪

次にカニ釣り道具を持ってきましょう。絶対に持ってこないと行けない物は「たこ糸」「スルメ」「網」「かご」の4つです。それ以外は代替えもしくは無くても大丈夫です。

以外と網を持ってきていない方が多く、カニが捕れないという声がそこら中から聞こえました。イメージとしては下記のような手製のカニ釣り道具を作ります。

 

まずは割り箸とたこ糸を結びます。たこ糸の先にスルメを巻き付けて簡易カニ釣り道具の出来上がり♪割り箸は無かったらその辺に落ちている小枝を代用しましょう。

下記が完成系です。7歳の息子です♪

これで大丈夫…と思うのですが、やはりコレだけではなかなかカニさんは釣れません(汗)

まず一つ目、これで海に沈むと思います?そう、スルメが軽すぎてこのままだと海上にぷかぷか浮いてしまいます。

mog自身、今回はスルメを少し大きめにしておもりにしたのですが、他の人の知恵ですが「五円玉」を重しにして一番下にくくり付けると上手い具合に海の中に沈んで行くらしいです。なので上手く行かない方は是非重しも試してみて下さい。

二つ目、以外と重要なのは小さめの網です。網がないと釣り道具はスルメだけなので、このままではカニさんが食らいついてきた時に引っ張ったらすぐに外れて逃げられてしまいます。なのでカニさんが食らいついた際に少し海面上までおびき寄せ、そこに小さめの網でカニさんをすくい上げるというのがベスト♪

そしてカニさんを入れるかごを必ず持って行きましょう。小さめのバケツなどでも良いです。

カニ釣りへGO!

それでは準備が整った所でカニ釣りへ行ってみましょう。松の木を通り過ぎると下記のように海に出る事が出来ます。岩場になっていますので小さな子供と行く場合は必ず一緒に行くようにしましょう。この日だけでも2〜3人岩場&コンクリート上でつまづいてこけた子供(もちろん号泣)を見ましたので…

天気がいい&日曜日だからでしょうか、ご覧の通りものすごい人です。カニ釣りだけでも200人?くらいいたんじゃないですかね。

ちなみに岩場を降りると平らなコンクリート&岩場になるのですが…ここは満潮になると一部海に浸かってしまうようで水が結構溜まっています。なので快晴&昼間でも下記のような感じ…

これも同様、この日だけで3人くらいこの水たまりに「ダイブ!!」した子供を見てしまいました…mog家の娘も「ダイブ!!」まではしていないですが靴の中がびちょびちょ…汗

なのでカニ釣りしている間は夢中になってしまうのですが子供には目を配っておくようにしましょう。

さて、無事に海辺に到着しましたら岩場の隙間に先ほど作成した手作り竿を浸かってカニ釣り開始です♪

上記のような感じで、海辺では岩場の間が海になっていますので、隙間に上手い具合にたこ糸&スルメを垂らします。カニは岩場に隠れていますので…

横から写真をとると下記のような感じです。

なんだか子供より大人が真剣になってしまっている感じです(苦笑)

子供は子供で下記のように岩場に立たせると…

あ、あぶない!!となりかねないので、上記状態のような感じはあまりしないようにしましょう。ついつい写真とってしまいましたが、ちゃんと嫁さんが後ろ手で支えてくれてます♪

ちなみにここは定期的に船が通るのですが…

船が通ると先ほどの岩場に波となって打ち寄せてきます。岩場の上に乗っていると「ジャパーン」って濡れてしまう可能性があるので、船が通った際は一旦岩場から離れて様子を見るようにしましょう。

カニが釣れたよ♪

さてはて、なんだかんだで結構時間が立ちました。カニはどうかというと…

無事にゲットできましたよ♪

上記のような感じで、スルメに食らいついてくるのですが、そこで小さめの網ですくい上げるようにしましょう。網がないとコレができないので、カニさんが食らいついては離して…の繰り返しになってしまいます。

そして持ってきたかごにカニさんIN!

この日は1時間くらいで6匹ほどゲットしました。子供達も大喜びです。もちろん、最後はカニさん海に返しましたよ♪

ちなみに赤で囲ったエリアの一番西側が隠れスポットになっており…下記のような感じで全て岩場&隙間が海という箇所があります。

ここであればどこでも岩の隙間からカニ釣りが出来るそうなので、カニがなかなかつれないという時は場所を変えてみるのも一つの手かと思います。

広大な芝生広場で遊ぼう♪

さて、カニ釣りも一通り楽しんだし帰ろうか〜…とはなりません。息子がドッジボールをしたいという事で、今度は海と逆側の芝生広場で遊ぶ事に♪

松の木あたりにレジャーシートなどを引いていれば、磯遊びも芝生広場でボール遊びも両方楽しめますよ♪お父さん方の体力が持てばの話ですが…

西なぎさを散歩してみよう♪

ちなみに先ほど磯遊びを行ったエリアの海を渡る事も出来ます。大きな端がかかっており、自転車は禁止になっているので歩いて渡る形になるのですが「西なぎさ」に行く事が出来ます。

ここでは砂浜を体験出来たり、無料予約無しでバーベキューが楽しめたり、はたまた下記のようにプロ級の凧揚げの練習風景を見る事が出来るようになっています。

この凧揚げ、葛西臨海公園にくるたびに見ているのですが、本当に凄いです。まるで生きている様…フォーメーションを組んだり方向転換したり…凧ってこんなに自由自在に動かせるものだったんですね♪

最後に

葛西臨海公園は大きな芝生広場はもちろん、磯遊びとしてカニ釣りが子供たちに大人気。

子供と行く際はお弁当&ピクニックグッズと共に磯遊びグッズも事前に準備しておき、カニ釣り体験も一緒に楽しんでしまいましょう♪

スポンサーリンク

-公園・遊園地・水族館

執筆者:

関連記事

【水族園】葛西臨海水族園 マグロの群泳とペンギンを見に行こう

【 本記事のターゲット 】 東京都内で大きい水族館へ行きたい マグロの群泳が見たい 公園も楽しみたい 先日は葛西臨海公園 …

【屋内】レゴランド東京 小さい子供が遊べる室内型アトラクション満載!

【 本記事のターゲット 】 東京近辺で子供と遊べる場所を探している たまには屋内で、雨が降っても快適に遊びたい 本日は「 …

【公園】昭和の森 広い芝生広場に大型滑り台&アスレチックと遊び要素満載

【 本記事のターゲット 】 千葉県内の大きな公園を探している 大きな芝生広場があるところ アスレチックも楽しみたい 今日 …

うさぎの島とは?駐車場&フェリー混雑状況・うさぎの餌やり現地レポ

【 本記事のターゲット 】 うさぎ好きにはたまらない♪ たくさんのうさぎと戯れたい&触りたい うさぎの餌やりを体験したい …

千葉市動物公園 レッサーパンダ風太くんと魅力的な動物達

【 本記事のターゲット 】 千葉県内の動物園を探している 小さな子ども向け設備が充実 今回は千葉市動物公園のご紹介です。 …

管理人:mog

管理人:mog
昔からキャンプ・旅行好き。東京都在住。現在7歳の息子と3歳の娘の2児の父。家族旅行・キャンプに奮闘中。

ブログの更新内容をメールでお知らせします。