mog TIPS

100均スマホ防水ケースって性能大丈夫?実際にプール・スパで利用してみた

更新日:

【 本記事のターゲット 】

  1. プールや海でスマホを使いたい&写真を取りたい
  2. 水に濡れても大丈夫なように防水ケースの購入を検討している
  3. 100円均一にある防水ケースは性能的に大丈夫か?

こんにちは、mog TIPSです。

梅雨に入り、じめじめする季節になってきていますが、この季節が過ぎれば夏本番♪プールや海に行く計画をされている方も多いのではないでしょうか?

そんな中、mog自身今まで購入&利用した事がなかったのですが、プールや海でも問題なくスマホを操作する事が出来るスマホ防水ケースを購入してみました。

というのは、先日下記箱根ユネッサン(温水のプール&スパ施設)に行った際に、家族写真などをスマホ・iPhoneで撮影したかったので...

箱根ユネッサン幼稚園児&小学生は楽しめる?プールの水深・滑り台情報レポ

という事で、今回100円均一のお店で販売していた格安スマホ防水ケースですが、性能的に100円均一でも問題ないのかどうか、実際に利用してみた感想を元に詳しくご紹介したいと思います。

100均(DAISO)にいろんな種類の防水ケースが販売

ダイソーにはいろんな防水ケースが販売されている

嫁さんが100円均一ショップで有名なダイソーに行く用事があるという事で、箱根ユネッサン訪問前に100均のスマホ防水ケースを買って来てもらいました。

その際、ダイソーでどういった防水ケースが販売されているか写真を撮って来てほしいと伝えており、実際に防水ケース売り場の写真を撮ってもらったのが下記。

嫁さん曰く沢山色んな種類が販売されていたとの事。

上記を見ると、基本ケースを付けたままで操作出来、あとはスマートフォンの大きさなどがポイントになってくるようですね。

簡易防水ソフトケース スマホ用(100円)を購入してみた

という事で、今回はとりあえず一番上&一番多く販売されていた「スマホ用簡易防水ソフトケース」を購入してみました。

100均なので仕方が無いのですが、左下に注意書きが...「完全な防水ではありません」、後は「サイズが合わない場合は仕様しないで下さい」と記載されていました。

大きさに注意、iPhone 6sでギリギリ入るくらい

防水性能も気になりますが、個人的には一番注意しなければ行けないのが防水ソフトケースの大きさかと。今回普通の大きさを選択して購入したのですが...

裏面に記載されているサイズが下記の通り

  • 縦13cm以下、周囲15.2cm

横は8cm以下くらいでしょうか。今回mog保有のiPhone 6sを入れてみたのですが...いやはや危なかった。本当にギリギリです。最初入れた時にチャックが閉まらないんじゃないかとヒヤヒヤしました。

確実にiPhone x Plus系列は入らないです。Androidスマホも大きめのものは入らないかと...今回購入した商品の下にある「大きめサイズ」なら入るんですかね...

なので購入前に必ずケースの大きさとスマホの大きさが合っているかどうかを確認するようにしましょう。

ダイソー100円スマホ防水ケース利用レポ(プール&スパ利用)

チャックで開け閉めが出来る仕様になっている

ではここからは実際に利用してみた状況を元に詳しくご紹介。まずは早速袋を開けてスマホ防水ケースを取り出してみました。

作りはかなり簡易的な物で、上記のように透明なビニールに包まれて、上部チャックをしっかり閉める事で水が中に入る事を防ぐ仕様になっています。

結構大きいように見えるのですが...スマホを入れてみると、スマホの厚さもあり結構圧迫感があります。iPhone 6sでギリギリピッタリ。スマホがごろごろ動く事もありません。

左右に穴が空いており、紐を通す事が可能

今回は仮で嫁さんの5インチAndroidスマートフォンをケース内に入れてみました。下記のような感じですね。モデルはmog家の息子です。

両端に穴が空いていて、そこに紐を通す事で首からぶら下げる事が可能となっていました。ちなみに今回購入したケースには紐はついていなかったので、家にあった適当な紐を穴に通して括ってみました。

防水ケースの中に入れた状態でも指が反応&操作する事が出来る♪

先ほど記載しましたが、こちらの防水ケース(というか、販売されている殆どの防水ケース)ではケースに入れた状態でスマートフォンを操作する事が可能です。

実際に操作してみた感じが下記、息子に協力してもらいました。途中電源が切れてスマホが落ちてしまっていますが...苦笑。

 

ケースに入れた状態で指が反応する様子が分かるかと。このようにケースに入れた状態でスマホを問題なく操作する事が可能です。実際はiPhone 6sを入れてプール施設で利用しましたが、特に問題はなかったですね。

まぁ...あえて言うなら、指紋認証は反応しなかったです。当たり前ですね(苦笑)。なので、iPhoneの場合はホームボタンを押してパスコードを入力する感じになります。面倒ならプール等で利用する間だけパスコード解除しておきましょう。

水に浸けても大丈夫だが、注意書きには水の中に入れないよう記載あり

このケースって水につけても大丈夫なのか?という疑問があるかと思いますが、あくまで仕様の話しをすると、完全防水ではないので水の中に付けるのはNGとしっかり明記・記載されていました。

が、mogの感覚ではちゃんとチャックが閉まっている状態であれば、水の中につけても多少であれば大丈夫なんじゃないか?と思います。が、ここはあくまでも自己責任で...

実際に他レビューなどを見ていると、水の中に付けても大丈夫という口コミを多数見受けられます。実際今回ユネッサンのスパに行った際、同じようなソフトケースをしてそのままスパ内に入っている方もいらっしましたし...

ちなみにmogはビビリなので、スパ近くでは防水ケースを付けて写真を撮影、スパ内に入るときはスマホを他場所に置いてスパ内に入りました...

防水ケースに入れた状態で写真をとると若干もやがかかる

あと個人的にものすごく気になったポイントとしては下記。

  • スマホ防水ケースに入れた状態で、スマホ写真撮影は可能なのかどうか??

実際にプール&スパ内で撮影してみた感じ、特に問題なく撮影する事が出来ました。

ケース上から操作出来るので、ロックを解除してiPhoneのカメラアプリを起動するだけ、タップが反応するので、フォーカスも問題無し♪

ただ...こればったりは仕方ないと思うのですが、いくら防水ケースを拭いて撮影しても、若干の水滴&霧というか、もやがかかったような状態で写真がとれてしまいます。

実際にケースに入れて撮影したのが下記。こちらスパ内で撮影したのですが...なんだかはっきりせずぼんやりしていますよね。まぁこれはこれでちゃんと取れているような気もしますが...

ちなみにスマホケースを外して写真をとったのが下記。

明らかにはっきり撮影出来ているのが分かるかと。

実は現地ではこれが一番もどかしく...出来るだけ綺麗な写真を取りたいを思い、結局スマホケースを外して写真が撮影出来るところに関しては、なるべくスマホをケースから取り出して写真撮影をしてしまいました...

が、何度もケースを出し入れしていると、スマホ防水ケースの中に水滴がたまって来てさらにもやが酷くなり...タオルで何度も拭くはめに...

水中とかの写真撮影は絶対に防水ケース必要ですが、プール上&スパ上だと写真撮影するときはケースから取り外した方が良い気がします。

スパ内の持ち運びや濡れる場所はケースに入れておく必要はあると思うので、100円であれば購入したかいがあったかな...

普通に水しぶきや多少かかるくらいであれば、確実にスマホを守る事が出来ますので。今回半日スパ内でスマホケースに入れながら利用しましたが、何度か水しぶきがかかったりしましたがスマホは全く問題なかったですよ♪

最後に

今回は100円均一ショップ「ダイソー」で販売しているスマホ防水簡易ソフトケースをご紹介させて頂きました。

プールや海に行く際、確実にビーチ上など水で濡れない場所でスマホ操作するのであれば不要だと思いますが、多少濡れるシーンが有る場合や、濡れる箇所でスマホを操作したり写真を取ったりする事があるのであれば、100円と安いので念のため購入して持って行っておきましょう。

-mog TIPS

Copyright© mogblog - family challenge - , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.