公園・遊園地・水族館

スプラッシュ・マウンテンは濡れる?カッパは必要?濡れ具合実体験レポ

【 本記事のターゲット 】

  1. ディズニーランドに行く予定がある
  2. スプラッシュ・マウンテンに乗ってみたい
  3. スプラッシュ・マウンテンは濡れる?カッパは必要?

今回は東京ディズニーランドにある大人気アトラクション「スプラッシュ・マウンテン」に関して、水に濡れる乗り物なのか?カッパは必要なのかどうか?実際に乗ってみた体験を元に詳しくご紹介します。

2020年8月下旬、家族でディズニーランドへ行ってきました。

数年前ディズニーランドの年パスを保有していたこともありますし、家からディズニーランドが近い(自転車で行ける距離)ので、既に30回以上は訪問しているかな...

で、まだ子供が生まれる前には何度か乗ったことがあったのですが、ようやく子供も10歳&7歳とそこそこ大きくなってきたので、家族全員で久々にスプラッシュ・マウンテンに乗ってみようということに。

スプラッシュ・マウンテン、ディズニーランドの中で大人気アトラクションとなっていて、古くから皆さんに愛されている乗り物ですよね。

mog自身が子供の頃にも乗ったことありますし、ザブーンと水の中に落ちる爽快感もあります。

さて、今回家族で乗るときにふと思ったのですが...そういや、スプラッシュ・マウンテンって濡れるんだっけ??と...

最近乗っていなかったので、実際どのくらい濡れるのか今回しっかりレポしてきました。

スプラッシュ・マウンテンの濡れ具合が気になるという方は本記事を参考にしてみて下さいね。

ディズニーランドのスプラッシュ・マウンテンは濡れる?乗車体験レポ

スプラッシュ・マウンテンは大人気アトラクション。故に待ち時間も長い...

さて、ディズニーランドの人気アトラクションといえば...いわゆる三大マウンテンという乗り物が非常に有名ですよね。

  • スプラッシュ・マウンテン
  • ビッグサンダー・マウンテン
  • スペース・マウンテン

その中の一つ、今回はスプラッシュマウンテンをご紹介。

これらの三大アトラクションは人気が故に、非常に待ち時間が長くなる傾向があります。特にスプラッシュ・マウンテンは非常に長い待ち列が出来るということでも有名です。

先日訪問した時も上記の通り...

どこがスプラッシュ・マウンテンの入り口かわからないくらい、並んでいました(苦笑)

まぁ今回は新型コロナウイルスの影響でファストパスが利用出来ない仕様になっていた時の訪問だったので、余計に列が長くなってしまったのですが...

土日祝日だと、基本60分以上待ちというのが当たり前となっているアトラクションですね。

ボートにのって、最後16mの落差から水の中に飛び込む乗り物

さて、スプラッシュ・マウンテンですが、名前の通り水が関係している乗り物になります。

水路の中をボートに乗って進んでいくのですが、外から見ると下記の通り...

岩の中から滝壺の中に落下する部分が見えます。

10秒くらいの間隔を経て、「キャー」「キャー」という声が聞こえてきます(苦笑)

落差は16m程ある模様。見た感じ、濡れそうですよね(汗)

意外と乗れる条件は低く、身長90cmあればOK。幼稚園児でも乗れる

スプラッシュ・マウンテンですが、高低差がある乗り物になるので子供が乗るのは厳しいのでは...と思うかもしれませんが、三大マウンテンの中では一番条件が低いです。

上記、乗車条件が記載されていますが、

  • 身長90cmに満たない方はご利用になれません。

と記載されていますよね。なので、90cm以上身長があればスプラッシュマウンテンに乗れてしまうんです。

mog家の場合、息子が幼稚園年少(3歳 or 4歳)の時に身長90cmをクリアしていたので、一緒に乗ったことがあります。

他のビッグサンダー・マウンテンやスペース・マウンテンは身長102cm以上なので、スプラッシュ・マウンテンに関しては比較的小さいお子さんと乗ることも可能です。

がしかし...おそらく一番怖い(苦笑)。

当時息子と乗った後、しばらくスプラッシュ・マウンテンやこういった落差がある乗り物は怖いといって乗ってくれなくなりましたので...(汗)

「濡れたらゴメンネ」という注意書きの看板あり

さて、今回メインとなる「スプラッシュ・マウンテン」は濡れるのかどうか?という部分を説明していきます。

外から見たり並んてたりしている間は濡れると言った要素はなさそうに見えますが...

こちらスタンバイの待ち列の途中に掲載されていたのですが、

  • 濡れたらゴメンネ(GET WET)

という、上記写真のような感じで、ウサギのキャラクターがビショビショになっている看板が掲載されていました。

これは...やはり濡れるということなのか(汗)

使い捨てカッパの販売などは無い、ほぼ全員がそのまま乗車

次に、皆さんどんな格好でスプラッシュ・マウンテンに乗車しているのかどうか...

まず、先ほど並んでいる列の写真を掲載しましたが、カッパなどきている人は一人も居ませんでしたよね。

乗車直前、乗車中に着る人はいるのか...実際にボートに乗っているところを確認しましたが...

上記の通り、mog家が訪問したタイミングでは誰一人カッパを来ている人は居ませんでした。

あと、乗車までの通路途中に、良くある「使い捨てカッパ」などの販売も一切ありませんでした。

これは、濡れるのを覚悟して皆さん乗っているのかな...それとも知らずに乗っているのかな...苦笑

4回落ちる場面あり。一番最後の滝壺に落ちる所でそこそこ濡れる

ということで、mog家の番までまわってきました。今回並んだ時間は70分...苦笑。

ボートに乗る時、何やらスタッフがモップを取り出してきて、mogが乗る部分を拭き拭きしだしました。

どうも、この席は空席だったようで、パッと見た感じ水がたんまり座席に溜まっていました...

これ、結構濡れるんじゃ無いか?と少々不安になりつつ、家族4人でスプラッシュ・マウンテンへ乗車♪

スプラッシュ・マウンテンですが、落ちる箇所は4箇所あります。最初は少し落ちる(カリブの海賊の最初程度)くらい。その後2回目も同じくらい。

3回目は落ちた後登ったりと少しスピードが出ますが、1回〜3回目に関してはほぼ濡れないです。多少水しぶきがかかったなぁといった程度。

それ以外はゆったりボートに乗りながら景色を楽しむことが出来るほのぼのコース♪

問題は4回目、一番最後の滝壺に落ちる時です。外からも見える落差16mという部分ですね。

角度が45度あるということで、結構怖いです。下が見えない...息子もそう言ってました。

そして...ザブーン...あぁ、思った以上に結構濡れた(汗)。下記、4回目の落下・滝壺に落ちて、濡れた直後の写真です(苦笑)

まず、落ちたタイミングでザバーンと少々粒のでかい水の固まりがバラバラと飛んできます。真上から飛んでくるのではなく、左右からですかね...

mog自身は右側に座っていたのですが、上記写真の通り右側が結構濡れました。

その後、おそらく水しぶき?が人工的に出てきるような気がして、落ちた直後からブワ〜って顔に霧状の水滴がかかります。

今回メガネをしていたのですが...メガネが全部水しぶきによって濡れて、前が一切見えなくなりました。ハンカチで拭き拭きしましたからね...

そして、当然ながら髪の毛もそこそこ濡れました。まぁ滴り落ちる...というレベルではないですが、全体的に満遍なく濡れたような感じ。

今回は夏場だったので、この後数分もあれば速攻で乾きましたが、落ちた瞬間はメガネや顔などがそこそこ濡れますので、タオル・ハンカチ程度は手元にあった方が良いかも。

このくらいなら濡れて楽しもう♪といった感じなので、ちょっと濡れるといった覚悟で乗車してみましょう。

最後に

今回はディズニーランドの大人気アトラクション「スプラッシュ・マウンテン」にて、濡れるのかどうか?という部分を詳しくご紹介しました。

想定以上には濡れたのですが、まぁ楽しんで濡れてしまったといった感じ。これもアトラクションの一部として楽しんでしまいましょう♪

Copyright© mogblog - family challenge - , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.