mog TIPS

超初心者向け、小学生でも出来るトランプのカード当てマジック。小道具不要

【 本記事のターゲット 】

  1. トランプを使ったマジック、一つでも良いから出来るようになりたい
  2. 小道具や細かい計算などは不要で、誰でも簡単に出来るカード当てマジックを習得したい

今回は小学生でも出来る超簡単カード当てトランプマジックをご紹介します。

最近小学2年生の娘がトランプのマジック・占いにハマっているんですよね。

娘が学校・友達の家で覚えてきたマジックをよく披露してくれるのですが...まぁ決まってうまくいかないんですよ(苦笑)。それはそれで可愛らしいんですが...

そんな中、娘の代わりにmogがカード当てトランプマジックを目の前で実施してみた所、非常に評判が良く...そして今は完璧に小学2年生の娘もマスター出来るようになりました。

多分、今回ご紹介するマジック(後ほど解説しますが、100%当てる事は出来ないマジックです)ですが、幼稚園児でもやろうと思えば出来るものになっているので...

是非小さいお子さんとかとトランプマジック・カード当てマジックをやってみたいと考えている方は、本記事を参考に一度チャレンジしてみて下さい。

幼稚園児・小学生でも出来る超簡単トランプカード当てマジック。小道具不要、トランプだけで実現可

カードを1枚覚えて、トランプの山の一番下に入れる

では実際に誰でも出来るカード当てトランプマジックを写真付きでご紹介します。

用意するものはトランプだけでOK、難しい計算とかもないので、一度チャレンジしてみて下さい。

まず、トランプを積みます。そして、山の一番下に分かりやすいカードを入れておきます。

覚えやすいカード、例えば上記ジョーカーとかでしょうか。

これをトランプの山の一番下に入れます。

上記トランプの一番下に、今ジョーカーが入っている状態ですね。

相手にトランプ上部にあるカードから、自由に選んでもらって覚えてもらう

この状態で、上の方にあるカード数枚から、相手に自由にカードを選んでもらいます。

そして、そのカードを自分は見ずに相手に覚えてもらいます。

今回は相手が見たカードをハートの4という形で進行してみます。

相手が覚え終わったら、カードは伏せてもらいます。

相手が選んだカードをトランプの山の一番上に置く

伏せたカードをトランプの山の一番上に置きます。

上記のような感じですね。

この時点で

  • 一番上のカードはハートの4
  • 一番下のカードはジョーカー

となっていますよね。

トランプの山の半分くらいを境目として、一度だけ混ぜる(切る)

では、この状態でトランプを切ります。

が、最初の一回目だけ、ちょっとだけ特殊な切り方をします。

上記のような感じで、半分くらいを目安に一回トランプを切って、下にある半分のカードを上に乗せます。

相手から見てもそんなに不自然には見えないはずです。

で、この時のトランプの状況ですが、一番下にあったジョーカーがハートの4の上に乗る形になります。

場所は未確定ですが、ひっくり返してカードの中を見てみると

  • ハートの4
  • ジョーカー

という順番で並んでいるという事がわかるかと。一番下にあったジョーカーをトランプの一番上に載せたので、この2枚のカードが並んでいる状態になるんです。

自由にトランプを切る。相手にも切ってもらう。高確率でカードを当てる事が可能

その後は何度かトランプを切ってみましょう。

自分で切るだけではなく、相手に怪しまれないようにトランプを渡して数回切ってもらってOKです。

で、なんで100%じゃないかというと...

そうです。基本完全にバラバラになるまでトランプを切られてしまうと、当然ハートの4とジョーカーが並んでいた法則が崩れてしまいます。

が、数回程度切っただけでは全てシャッフルする事は出来ず...

上記の通り、ひっくり返してカードの中身を見ると、ジョーカーの右隣に相手が選んだカードが来ているはずです。

なので、この状態でジョーカーの右隣に来ているカードを見て

  • あなたの選んだカードはハートの4ですね?

と言います。そこまで複数回トランプを切らなければ、高確率で当てる事が出来ますよ。

本当に知らない人に見せると結構驚かれるので、トランプマジックのカード当てをやってみたいと考えている人は、一度チャレンジしてみて下さい。

最後に

今回は誰でも簡単に実現できるカード当てトランプマジックをご紹介しました。

友人や家族の集まりなどでトランプをする機会があるという方は、是非こちらのトランプマジックを披露してみて下さいね。

© 2022 mogblog - family challenge - Powered by AFFINGER5