mog TIPS

バック or バッグ、手で持つカバン・袋の呼び名はどっちが正解?

【 本記事のターゲット 】

  1. 手で持つカバンのことを「バック」 or 「バッグ」、どっちで呼ぶ?
  2. どちらが正解の読み方なのか知りたい。

今回は手で持つカバンの呼び名に関して、バックなのかバッグなのか、どっちが正解なのかを解説します。

上記のようなカバンですね。手でそのまま持つものもあれば、肩からぶら下げて利用するものもあります。

この鞄のことを...バッグなのか、バックなのか、呼び名を迷ったという方って意外と多いんじゃないでしょうか?

一般的にはどちらを言っても通じるとは思いますが、一般常識として知っておきたいですよね。

という事で、バッグ or バック、どっちか分からなくなってしまったという方は、本記事を参考にしてみて下さい。

ちなみに、下記別記事にてどちらの呼び名か迷うものを色々記載しておりますので、気になる内容があればあわせて見てみて下さい。

手で持つカバンの事を「バッグ」と呼ぶのが正解。「バック」は間違い

手で持つカバンの名称。バックは間違い、バッグと呼ぶのが正解

手で持つカバンの事を「バッグ」と呼びますよね。けど、バックと読んでいる人も結構多いです。

もちろん名称は英語になりますので、そもそもの意味を下記に記載します。

  • バッグ【bag】:物を入れて持ち歩く袋やかばんの総称
  • バック【back】:背。背中。また、背部。裏面。後部。後援すること。また、その人。後ろ盾

という事で、正解はバッグとなります。

「ハンドバッグ」「ショルダーバッグ」「ショッピングバッグ」とか、色んな種類のバッグが世の中には存在します。

「バック」だと後ろとか後方支援とか、そういった意味になりますので「バッグ」が正解です。

何故バックと呼ぶ人がいるのか。日本人は濁音を語尾に付けるのが苦手

では何故「バック」と呼ぶ人が多いんでしょうか。

そもそも日本人の特徴として、濁点を語尾につけるのが苦手です。

例えばティーバッグもティーパックと読んでしまったり、ベッドをベットと読んでしまったり、語尾に濁点があると濁点部分をとってしまって発音する場合が結構多いです。

そういった背景もあり、バッグの「グ」という濁点部分を「ク」に置き換えて、バックと呼ぶ人が多いんですね。

最後に

今回は手に持つ鞄の事をバッグと呼ぶのか・バックと呼ぶのかをご紹介しました。

バック・バッグ、どっちの呼び名で言えば良いか迷っているという方は、本記事を参考にしてみて下さい。

© 2022 mogblog - family challenge - Powered by AFFINGER5