食べ物

兼六カレーはボリューム満点♪ゴーゴーカレー金沢駅総本山現地食レポ

投稿日:

【 本記事のターゲット 】

  1. 金沢に行く予定がある
  2. 金沢カレー・ゴーゴーカレーを食べたい
  3. お腹いっぱい食べたい、兼六カレー・百万石カレーにも興味がある

食で金沢といえば...なんでしょう?金沢の台所と言われている近江町市場もありますが、金沢カレーがもっとも有名ではないでしょうか?

その中でも「ゴーゴーカレー」と「カレーのチャンピオン」は店舗として有名かと。

ということで、今回は金沢駅構内にあるゴーゴーカレーにて超絶満腹メニューの「兼六カレー」をご紹介したいと思います。いやほんと、この兼六カレーの量がハンパなく多かったんですよ...苦笑。

ゴーゴーカレー金沢駅総本山の兼六カレー

場所、金沢駅構内に総本山店がある

金沢ですが、北陸新幹線が開通してから格段に東京からのアクセスがよくなりましたよね。

今回北陸新幹線の「かがやき」を利用して東京から金沢へ向かったのですが、所要時間としては東京〜大阪間とほとんど一緒の2時間30分程度で到着することが出来ました。

以前だと東京から行く場合は飛行機を使う必要がありましたが...北陸新幹線を使えば東京駅から一本で行くことが出来るのでめちゃくちゃ便利♪

で、せっかく金沢へ来たんだから、何かしらの名物...ということで、「金沢カレー」を食べてみることに。

金沢カレーをいえば、最近東京でも見かける機会が多くなった「ゴーゴーカレー」が一番認知度高いかと♪そのゴーゴーカレーですが、下記の通り金沢駅構内にお店があるんですよ♪

ということで、帰りの新幹線の時間まで1時間ちょっとあったので、こちらのゴーゴーカレーに立ち寄ってみることに♪

店舗の中は2人・4人掛けテーブル&カウンターあり、お昼・夕方は待ち時間も

下記がゴーゴーカレー金沢駅総本山になります。

お昼時と夕方は多少混雑している可能性が...外に椅子が並べられておりますが、結構海外からの観光客も多く、たくさんの方がこちらの駅構内のお店にいらっしゃいました。

今回2018年7月平日の18時30分前に現地訪問したのですが、運良く席があいており直ぐに案内していただけましたよ♪

ゴーゴーカレー金沢駅総本山 メニュー価格一覧

下記がゴーゴーカレー金沢駅総本山の金沢カレーメニュー一覧になります。

見るからにカツがドンと乗っていてボリューム満点感が伝わって来ます...苦笑。

最初人気No.1と記載されている左側のカツカレーを注文しようかと思ったのですが...なんだか右側の兼六カレー(金沢で有名な兼六園から来ている)とか、めちゃくちゃどでかい百万石カレーがどうしても目に入って来てしまう...苦笑。

  • 兼六カレー:1000円(中)、1150円(大)、1300円(特大)
  • 百万石カレー:2550円(サイズ指定なし、総重量2kg...)

あと辛さも調整出来るみたいですね。甘口無料。辛口は+100円となります。百万石カレー...いやこれ無理だろ(汗)

兼六カレー注文、大人の男性でギリギリ食べれる量...味は美味しい♪

色々悩んだ結果...どうもこの兼六カレーというのは他店舗にはない名物ということなので、兼六カレーの中サイズを注文することに...

最初大サイズを注文しかけたのですが、噂によるとサイズがかなり大きいということなので、一番小さい中サイズを注文♪小サイズはありませんので...

ちなみに後から調べてわかったのですが、おそらくこの兼六カレーは他店舗の「メジャーカレー」と同等のものみたいですね。

ということで、注文後10分くらいで兼六カレーの中が運ばれて来ました♪

.....でかっ。

まず金沢カレーの特徴として、カレーはフォークで食べるということなのでフォークが刺さった状態で出て来ました。

そしてカツ...どでかいものが2枚&切られた状態で運ばれて来ました。兼六カレーの中身(中サイズ)を再確認しておくと、下記の通り。

  • ご飯:300g
  • ロースカツ:1枚
  • チキンカツ:1枚
  • エビフライ:1本
  • ゆでたまご:1個
  • アルトバイエルン:2本

あと机の上には福神漬けが置かれていたので、せっかくなので福神漬けをご飯の端っこに置いた状態で真上から写真を撮って見た感じが下記。

ご飯が全然見えないですよね...苦笑。一応金沢カレーの特徴としては下記があげられるようです。

  • フォークで食べるのが金沢カレーの食し方
  • スレンレスの皿に盛られている
  • 付け合わせとして千切りキャベツが備わっている
  • ご飯の上にルーを薄く、その上にカツを乗せてカツの上にはソースがかかっている
  • 金沢カレーのルーは少なく、どろっとしているのが特徴

ということで早速実食♪

まず味はめちゃくちゃうまいです♪カツやエビフライ・ウインナーと具材も豊富で、ご飯の量に対して圧倒的に具が多いイメージ。

一方カレーとして食べるとちょっと「あれ?」っと思うかも。圧倒的にルーが少ないんです。

一般的なカレーってルーがたっぷりご飯の横にあるイメージですが、兼六カレーの場合、ご飯の上にうっすら乗っているだけで、ルーが溜まっているということはありません。

どちらかというと、ソースカツ丼のようなイメージに近いですかね。それのカレー味といった感じ。

なのでカレーと思って食べると「ルーが足りない...」となってしまいます。mog自身がそうだったので...なので食べるときは基本具と一緒に食べましょう。ルーはそれの味付けといった位置付けで。

そしてこの兼六カレーのボリューム...めちゃくちゃ多いです。カツが2枚乗っていてご飯の量も300g、大人二人が食べてちょうどいいくらいかも知れません。

男性でよく食べる方は兼六カレーを注文しても問題ないかと思いますが、女性の場合は違うメニューを注文した方が良いかと。mog自身、一応最後まで食べきりましたが、かなり無理して最後詰め込んだ感じになってしまったので...

逆にいうと、めちゃくちゃお得感はありますよ♪このボリューム・具材で1000円だったらココイチよりも全然量は多いかと。

最後に

今回はゴーゴーカレー金沢駅総本山で提供されている「兼六カレー」に関して、価格やボリューム、食レポをご紹介しました。

ボリューム満点で美味しいのですが...ちょっと量は考えて注文しないといけないかと...そもそもサイズも中が一番小さく、このサイズで男の大人の人がギリギリ食べれるくらいの量が出て来ますので...

ゴーゴーカレー金沢駅総本山へ立ち寄って、「今日はたくさん食べれるぞ♪」という方は兼六カレーにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

-食べ物

Copyright© mogblog - family challenge - , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.