公園・遊園地・水族館

遊園地ぐりんぱは弁当持ち込み可?飲食可能エリア・ゴミ箱など紹介

投稿日:2018年5月27日 更新日:

【 本記事のターゲット 】

  1. 静岡県にある遊園地「ぐりんぱ」に興味がある
  2. ぐりんぱにお弁当持ち込み&飲食可能かどうか知りたい

今回は静岡県&富士山の麓にある遊園地「ぐりんぱ」に関して、園内にお弁当を持ち込み出来るかどうか、飲食できるスペースができるかどうかを現地訪問を元に詳しくご紹介したいと思います。

先日遊園地ぐりんぱの小学校低学年向けのお勧めアトラクションをご紹介しました。

遊園地ぐりんぱ 子供が楽しめるお勧めアトラクションベスト5を紹介

今回訪問したのが2018年のGW開けだったのですが、ここは幼稚園年中以上・小学校低学年にはぴったりの遊園地♪

そしてこちらも別記事で記載したのですが、コテージやキャンプ場などがあるPICAリゾートの「キャンピカ富士ぐりんぱ」が隣接しており、宿泊も出来て家族旅行にもってこいの施設となっています。

キャンピカ富士ぐりんぱキャンプ体験ブログ 各種設備・お風呂詳細レポ

もちろん、遊園地のみを目当てに来ている人もたくさんおり、当日朝家でお弁当を作って持っていきたいとか、スーパーに立ち寄って食材を持っていきたいと考えている方も多いかと。

mog家は過去2回のこちらのぐりんぱを利用しており、どちらもお弁当持参で楽しんで来ましたよ♪

ということで、今回2018年5月にお弁当を持参して訪問した時の状況など、現地体験を元に昼食可能エリアとかゴミ箱があるのかどうかなど詳しくレポートしたいと思います。

ぐりんぱ内にあるレストラン・売店メニュー価格一覧

ワイルドグリル「ハングリー」

ではまず、mog家は実際お弁当持ち込みで利用はしていないのですが、ぐりんぱ園内にある昼食可能なレストランや売店一覧をご紹介してみたいと思います。

お弁当持参も考えているけど、現地で食べることも考えている...という方は参考にしていただければと思います。

あ、ちなみに全てに共通しますが、レストラン内がいっぱいで利用できない...という状況には基本ならないのでご安心を。今回2018年5月の土日に訪問し、何度かレストラン系をチラ見しましたが、基本座れる状態だったので...

ではまずぐりんぱ園内で一番大きいであろうレストランからご紹介。下記「ワイルドグリル ハングリー」になります。

場所は園内入ってまっすぐ進んだところ右手に見えますので、わかりやすいかと。

座れる場所も多く、がっつり昼食を食べることができます。店の名前からも想像できるかもしれませんが、メニューは下記の通り、ハンバーグがメインとなり、その他カレーや焼きそばなども提供されています。

値段は少々高めですが、遊園地内であれば適正価格かな...という気もします。富士山の麓でお肉をいただきながらビールを...最高ですよね♪

キッズカフェ

次にキッズフジQ内にあるカフェレストラン「キッズカフェ」になります。

場所は先ほどの「ハングリー」レストランの隣あたりに位置します。

上記写真の通り座れるスペースもそこそこあり、別記事でご紹介したいと思うのですが屋内で動く遊園地「フロッグホッパー」と「ティーカップ」が隣で稼働しているので、子供たちとしてはちょうどいいかも。

大人はカフェで一服、子供はアトラクションで遊ぶような使い方もできそうですね。

メニューも上記写真の通り、800円から1000円程度のハンバーガーセットやうどん、パスタなどが提供されています。

カフェなので、各種ドリンクやアイスクリームなども販売されているみたいですよ♪

M78プラネットダイニング

次に大きめのレストランとしては、階段を登った先にあるウルトラマンパーク内にあるレストラン「M78プラネットダイニング」でしょうか。

店内はウルトラマンをモチーフにした机・椅子などが配備されているみたいなので、ウルトラマン好きの子供にはもってこいの施設かと♪

メニューは上記の通り、大人だと1000円ちょっと超える程度、子供でだいたい1000円くらい(キッズメニュー)でしょうか。キッズメニューは基本大人のメニューの半分の量になるみたいです。

mog個人としては大人のメニューを頼んで子供たち二人に分けたいところですが...まぁ上記写真を見てわかる通り、キッズメニューは諸々ウルトラマンの形をしているので、少々高いですが記念に注文してもいいかと♪

路上での売店もあるよ♪

他には下記のような感じで、路上売店にて色々販売されていましたよ。

販売しているメニューもなかなかのボリューム。ラーメンやカレー、牛丼などもあり、これだけでも昼食で利用出来そうですよね。

ちょっとmog自身も食べたくなりました♪餃子ドッグとか肉巻きおにぎりなどは、軽食がてら富士山を見ながら外で食べたら最高だろうなぁ...と♪

ぐりんぱ内はお弁持ち込みOK、飲食可能スペースも色々

さて、少し話が脱線しましたが、ぐりんぱ園内には先ほどご紹介した通り多数のレストランや売店が存在します。

とはいえ、家からお弁当を持参してお昼を家族で食べたい...という方も多いかと。晴れていれば雄大な富士山も見えますしね♪

ということで、ここからはぐりんぱ園内のお弁当持ち込みに関して諸々ご紹介していきます。まずはじめに記載しておきますが、ぐりんぱ園内は基本持ち込みOKとなっています。

mog家始め、他家族も多数お弁当持参して来ていましたよ♪

多くはないが、屋外にテーブル・椅子など昼食スペース複数あり

持ち込みはOKという事はわかったが...じゃあお弁当を持参してきてどこで食べれるんだろうか...となると思います。

まず園内の屋外に関して記載しておくと、下記のような感じでそんなに多くはないですが、テーブル&椅子が複数設置されていましたよ♪

他エリアを合算すると20式くらいはあったかと...その他であれば長椅子・ベンチが多数設置されており、そこに座ってお弁当を食べている人も多数いらっしゃいました。

いやほんと、晴れていれば上記写真のように富士山がめちゃくちゃ綺麗なんですよね。

ちなみにレジャーシートを敷いてお弁当を食べれるか...?ということですが、基本ぐりんぱ内ではほとんどの方が椅子に座って昼食を取られていました。

数組だけレジャーシートを芝生の上(階段を登った先のM78ウルトラマンパーク内に芝生広場みたいな場所が少しだけあります)に広げて昼食を食べている方も...

なので外で座って食べたいという方はレジャーシートを持って来てもいいかもしれませんね。最初園内に入ったところはレジャーシートを敷く場所が基本ないので、奥のウルトラマンパークまで移動しましょう。

自販機あり、値段は遊園地価格(苦笑)

こちらはオプションとしてご紹介、園内には多数の自販機が設置されていました♪

なので昼食時に飲み物が欲しくなった時は自販機を利用しましょう。もちろん、上記写真の通り500mlペットボトルが210円と価格は遊園地価格ですけどね(苦笑)。

園内にゴミ箱多数あり、昼食後の弁当がらを捨てることも可能

お弁当持参時、皆さん困るのがお弁当がらかと。mog家の場合、家から持ってくる場合も捨てれる容器にお弁当を詰めて持参し、現地で捨てて帰るということがほとんど。

家持って帰るのも大変ですし、洗うのも面倒ですからね...

そんな時にほしい情報としては「現地にゴミ箱があるのかどうか」「現地で捨てて帰る事はできるのか」というところかと。

ぐりんぱ園内には下記の通り多数ゴミ箱が設置されている状況でした。

お弁当がらはもちろん、缶やビンといった飲み物系、ペットボトルなども捨てる事が可能ですよ。

mog家お勧め昼食場所は「キッズフジQ内」の飲食可能スペース

では次に屋内の昼食スペースをご紹介。

屋内で利用できるものとしては下記キッズフジQ内にある「休憩ラウンジ」が一番良いかと。

実はmog家のお勧めはこちらになります。過去2回訪問していますが、両方ともこちらにお弁当を持ち込んで家族皆でお弁当食べています。

キッズフジQの全体MAPは下記。

ちょっとわかりづらいかもしれませんが、上記図の右下に2Fエリアの記載があり、休憩ラウンジの下に赤文字で「飲食可」と記載されているのがわかるかと思います。

なので、ぐりんぱ公式としてこのエリアは屋内飲食スペース可能エリアという事になっています。

キッズフジQに入って右側にある階段を登っていくと、下記のような感じで靴を脱ぐエリアがありますので、ここで靴を抜いでそのまま上がります。

下駄箱がありますので、好きなところに靴をいれておきましょう。

キッズフジQ「休憩ラウンジ」現地レポート

そしてすぐ「休憩ラウンジ」というコーナーが見えてくるかと思います。

で、mog家がいつも昼前にここを利用するのですが...今回も11時半とかだったと思うのですが、誰もいない...苦笑。

あんまり知られていないのか、いつも貸切状態で今回昼食を終えるまで誰も他家族はいらっしゃいませんでした...苦笑。

上記写真のような感じで、長机が5つ準備されており、周りに椅子が多数並べられています。なので、ここから好きな机と椅子を自由に配置して昼食スペースを作ってお弁当を食べる事が可能です。

ちゃんと壁にも上記の通り「飲み物や食べ物はこちらの休憩ラウンドのみでお楽しみ下さい」という事で、このエリアであれば持ち込み&昼食可能となります。

あとこちらの休憩ラウンジにもゴミ箱が設置されていましたよ♪

さて、今回mog家は出発時東京にて近くの西友でお弁当や飲み物をがっつり購入して現地訪問しました。

という事で机・椅子を並べて早速お昼ご飯にします。下記のような感じ。

まぁ外で雄大な富士山を見ながら...というわけにはいかないですが、これはこれでなかなか快適でしたよ♪あ、一応ここの窓から富士山はバッチリ見る事が可能です。

隣のエリアが下記のような感じで、ちょっとしたキッズルームになっていました。

ちょっとしたおままごとが出来たり、ボードゲームやけん玉などが置かれていましたよ。こちらでは飲食不可となっていましたが、隣の休憩ラウンジから見えるので、早めにご飯を食べ終えた息子と娘はこちらでしばらく遊んでいました。

mogと嫁さんは遊園地の小休憩という事で、少しまったり...

最後に

今回は遊園地ぐりんぱでお弁当の持ち込みができるのかどうかという部分を、現地訪問を元に詳しくご紹介しました。

弁当持ち込みはもちろんOKですし、屋外でも屋内でも昼食スペースとして利用できる箇所がありますので、ぐりんぱに訪問予定の方でお弁当を持参したいという方は本記事を参考にして見て下さいね。

-公園・遊園地・水族館

Copyright© mogblog - family challenge - , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.