キャンプ TIPS

コーナンで購入出来るワンタッチサンシェードの種類・価格・サイズ一覧を紹介

【 本記事のターゲット 】

  1. 公園や海・プールに遊びに行く予定がある
  2. 日よけ用のテントが欲しい。ワンタッチサンシェードに興味がある
  3. ホームセンターコーナンで購入出来るワンタッチサンシェードの種類・価格を知りたい

今回は全国に展開している大型ホームセンター「コーナン」に関して、コーナン店舗内で購入出来るワンタッチサンシェードの種類・価格に関してご紹介します。

mog家は小さい子供がいるという事もあり、晴れた日には公園や海辺に出かけてピクニック・屋外遊びをする事が多いです。

そんな時、休憩スペース確保のために上記写真のような簡易テントを設置して、この中でお弁当を食べたり荷物を置いたり、適度に休憩したりします。

春・秋や冬場などはレジャーシートだけでも良いかもですが...夏場などは日差しが強いため、出来れば日よけという意味でもテントを持参しておきたい所。

そして、出来れば袋から取り出して一瞬で設置出来る「ワンタッチサンシェード」が欲しいですよね。

今回は先日コーナンへ訪問した際に、店舗内で販売しているワンタッチサンシェードを実際に見てきましたので、どんなサイズがあって、どんな価格帯で販売していたのか写真付きでご紹介します。

ちなみに、同じくホームセンターの「MrMax」で購入出来るワンタッチサンシェードに関しては、下記別記事にてご紹介しておりますので、良ければ併せて見てみて下さいね。

ホームセンター「コーナン」の店舗で購入出来るワンタッチサンシェードの種類・価格をご紹介

アウトドア商品が豊富。BBQグリルやテント・テーブル・椅子など多数販売

ホームセンター「コーナン」ですが、基本全国展開しているホームセンターとなりますが、大阪に本社があるということで、大阪周辺に店舗が多く集まっています。

なので、大阪周辺に住んでいる方は、良く訪問しているという人多いのではないでしょうか?

mog自身も新大阪周辺に3年近く住んでいた事があり、一人暮らしをしている時はコーナンに何度も足を運んでいろんな商品を購入して活用したものです。

さて、先日たまたま岡山にてコーナンへ訪問する機会があり...

上記の通り、個人的に大好きな「アウトドアコーナー」でいろんな商品を見て回ることに。

コーナンのアウトドアコーナーって結構充実していて、

  • BBQコンロ・グリル
  • 薫製用グッズ・チップ
  • テーブル
  • 椅子
  • タープ
  • テント
  • ランタン

などなど...

キャンプグッズ大好き・アウトドア大好きな人の場合、かなり魅力的なコーナーになっているんですよ♪

ワンタッチサンシェードは2種類販売。色は青と黄緑から選択可能

さて、そんなアウトドアコーナーの奥に下記ワンタッチサンシェードの販売コーナーが設置されていました。

ちなみに、今回訪問したのは2020年11月となります。

上記の通り、2種類のワンタッチサンシェードが販売されており、それぞれ色は「青」と「黄緑」の2種類から選べるような形となっていました。

どちらも、袋から取り出すだけですぐに開いて設置出来るワンタッチ式のものになります。

タープやテントも数種類販売されていましたが、今回はワンタッチ式のサンシェード(2種類)に関して、詳しく見ていきましょう。

ビーチポップアップテント:4980円。チャック付きで入り口を閉める事が可

まず最初、ビーチポップアップテントになります。下記のような感じで展示されていました。

価格は税別で4980円となっており、特徴としては前方部分の入り口にチャックがついていて、外から見えないようにする事が可能な作りとなっていました。

もちろん入り口を常にOPENにする事も出来、左右にバンドでとめる事が出来る作りになっていました。

あと前方にシートが伸ばせる作りになっているので、スペースを広く確保することが可能です。

サイズですが、

  • 200(幅) × 70 + 150 (奥行き)× 130(高さ) cm  ※収納時は57cm

となっていました。

前方のスペースを確保したいという場合や、入り口を閉めて外からなるべく見えないようにしたいという場合、こちらのワンタッチサンシェードがお勧めです。

ポップアップサンシェード:2980円。入り口は常にOPEN、安価で購入可

次にポップアップサンシェードになります。こちらも同様に、下記のような感じで展示されていました。

価格は税別で2980円となっており、先ほどのテントよりは小柄ですが、半値近くと安く購入することが可能です。

特徴としては、前方部分の入り口は常にOPENとなっていて、さらに前方へ広げるスペースも付いておらず、コンパクトな作りになっていました。

サイズですが、

  • 200(幅) × 150(奥行き) × 130(高さ) cm  ※収納時は55cm

となっていました。

先ほどのサンシェードと比べると、サイズとしては前方部分がなくなっただけとなっており、テント内のサイズは一緒となります。

入り口は常にOPENにしておきたい・安く購入したいという方はこちらがお勧めですね。収納時のサイズは2種類ともほぼ変わらず、直径55cm〜57cmとなっていました。

最後に

今回はホームセンターコーナンで販売しているワンタッチサンシェードの種類・価格をご紹介しました。

ワンタッチサンシェードは簡単設営で撤去も慣れれば楽。コンパクトに収納も出来ますので、公園や海・プール等のレジャーに活用してみてはいかがでしょうか。

© 2020 mogblog - family challenge - Powered by AFFINGER5