旅行

ホテル大洗舞凛館(まりんかん)客室広さ・設備・アメニティ・大浴場をご紹介

2020年12月20日

【 本記事のターゲット 】

  1. ホテル大洗舞凛館(まりんかん)に宿泊予定
  2. 客室の広さや設備をしっておきたい
  3. 大浴場の様子を知りたい

今回は茨城県大洗にあるホテル「舞凛館(まりんかん)」の客室設備や大浴場に関して、実際に宿泊した時の体験談を元に詳しくご紹介します。

2020年12月、家族と国営ひたち海浜公園へ遊びに行く際の宿泊としてホテル大洗「舞凛館」を利用させていただきました。

今回じゃらんにて下記プランで予約しました。遊園地の乗り物券が家族4人分で4000円分ついていたので、嫁さん分のフリーパスは4000円の乗り物券で代替えして活用させていただきましたよ。

  • 【国営ひたち海浜公園・乗り物券付】★わくわく★お得感満載★朝夕2食・完全個室でご堪能★

こちらの旅館ですが、公式HPを見てもあまり情報がなく...一体どんな客室なのか・設備があるのか...

いろいろ情報が不足しているなと感じたので、今回実際に宿泊した時の状況を元に、客室設備・アメニティ・大浴場などに関して詳しく調査してきました。

これからホテル大洗「舞凛館」に宿泊予定という方は、本記事を参考にしてみて下さい。

また下記別記事にて、舞凛館(まりんかん)の食事内容や宿泊体験も記載しておりますので、良ければあわせて見てみて下さい。

舞凛館(まりんかん)の客室間取り・設備・アメニティ、施設内の大浴場を紹介

チェックイン時、案内図と鍵を受け取る。3階建ての旅館・無料WiFiあり

今回宿泊したのが2020年12月、チェックインは15時からになるので15時30分頃旅館へ到着、フロントにてチェックイン実施しました。

上記のような用紙をフロントでもらい、いろいろ説明を受けます。

今回の客室場所は上記図別館の「鶴」となりました。

鍵を上記1セット渡して頂き、客室へ行くことに。鍵は部屋の鍵と恐らく金庫の鍵かな...

上記のような感じで、今回宿泊した場所は和風の作りとなっていました。

ちなみに、本館の方の客室廊下は下記のような感じ。

こちらは通常ですね。

ちなみに上記写真の左側にフリーWiFiのマークがついていますが、こちらの旅館・客室では無料WiFiが利用可能でした。

結構快適な速度で利用出来ましたので、スマホやタブレットなど持っている方は活用してみましょう。

入り口は結構広い、ハンガーあり。鍵を閉めるのに一苦労

では今回宿泊した「鶴」という客室をベースに紹介します。

まず入り口、先ほどの鍵をつかって入ります。扉は左右にあけるタイプとなっていました。

中に入ってまず入り口です。上記の通り結構な広さが確保されていました。

入った後ドアの鍵を閉めようとしたのですが...

上記、なかなか閉まりません(苦笑)。mog家が宿泊した客室だけかもしれませんが...

若干噛み合わせがよくなく、慣れれば閉めれるようになったのですが、最初少し時間かかりました(汗)

入り口には下記の通り鏡が置かれていて、

反対側はハンガーとトイレ・浴槽の扉となっていました。

ユニットバス、シャンプーリンス完備、洗面台にコップなし

ではトイレ・浴槽を見てみましょう。下記のような感じ。

いわゆるビジネスホテルによくあるユニットバスですね。

トイレはウォシュレットではなく通常タイプ、シャンプー等は完備されていました。

コップがないので、今回mog家は紙コップを利用。たまたま持参していたので良かったですが...

8畳でそこそこ広い、中央に机・座布団。電源数カ所、エアコンあり

ではメインとなる客室をご紹介。

下記のような感じで、8畳の広さ・そこそこ大きい机・座布団が敷かれていました。

4人で宿泊しましたが、思った以上に広く感じました。

エアコンも完備されていましたので、12月に宿泊しましたが寒くはなかったです。

ただ、加湿空気清浄機などはないので、乾燥対策として濡れたタオルを机の上に伸ばして干しておきました。

電源は部屋の中に数カ所あり、スマホなどの充電も問題なく出来ました。

押入れの中に二段ベッドあり、秘密基地のようで子供が喜ぶ

こちらの旅館、少し変わった設備があり...今回利用した客室には下記の通り押入れ内に二段ベッドが設置されていました。

上下に4箇所あるので、客室はそのままでこちらで寝ることも出来るのかな...

これを見た瞬間、子供達は自分たちの場所を真っ先に確保。秘密基地みたいで面白いのかな...苦笑。

mog自身もちょっと中に入って確認。左右のスペースは狭いですが、上下の長さは大人が寝ても問題ないくらいの広さとなっていました。

上下共に電源スイッチがあり、こちらで二段ベッド専用の電気をつけたり消したりすることが可能となっていました。

電気ポット、お茶の元・種無し梅が準備。コップ人数分あり。

机の上には下記セットが置かれていました。

人数分のコップとお茶の粉、そして種無し梅ですね。

上記の通り電気ポットも部屋に用意されていましたので、お湯をわかして利用することが可能となっていました。

小型テレビ、空の冷蔵庫あり。ガラスのコップ4セット完備

部屋には下記の通り小型の液晶テレビと冷蔵庫が用意されていました。

冷蔵庫は電源コンセントが抜かれた状態となっており、自由に利用しても良い形となっていました。

中身は空っぽになっていたので、今回mog家は家から持ち込んだビールや缶チューハイを冷やしておきましたよ。

あと上記の通りガラスのコップが人数分用意されていました。

窓からの景観は絶望的、基本開けない。金庫もあるが使い方分からず

今回利用した客室の窓ですが、下記の通り柄が付いていて外の景色がまったく見えない状態となっていました。

一応下記の通り窓は一つ設けられていたのですが...

これをあけると、お隣さんの屋根が目の前に(苦笑)。基本閉めっぱなしで利用させて頂きました。

あと上記の通り金庫が用意されていたのですが...うーん、先ほどの鍵を使っても閉めることが出来ず。

いまいち使い方が分からなかったので今回利用はしませんでした。

大人の浴衣あり、人数分のバスタオル・ハンドタオル・使い捨て歯ブラシ

二段ベッドの下に下記の通り浴衣・タオル類のアメニティが用意されていました。

使い捨て歯ブラシも人数分用意されていました。

浴衣は大人分のみとなりますので、子供分のパジャマ・着替えなどは持参してくるようにしましょう。

寝具はマット・上下布団・毛布・枕あり、二段ベッドはマット入らず

寝具は押入れの中に用意されており、セルフ形式(現在は新型コロナ対策で、従来はサービスとして敷いていたようです)で敷く形となっていました。

敷きマットも用意されていましたので、結構快適に利用することが出来ましたよ。

ただ...二段ベッドの中に敷きマットを入れることが出来ず...

敷布団と掛け布団+毛布を敷いてみました。

子供達はこれで十分満足し、娘・息子共に今回こちらで寝ていました。

大浴場レポ。浴槽は浅いが広い。シャンプー選び放題・ドライヤーあり

最後にいろいろと噂?になっている大浴場です。

口コミをみると、お湯がぬるくて寒いとかシャンプー選び放題とかかなり謎に包まれた空間でもあります。

大浴場はフロント横(1F)にあります。下記のようなのれんが掛かっているので、すぐに分かるかと。

中に入ってみると、かごに着替え・荷物を入れる感じになっていました。タオル等はないので部屋にあるバスタオルなどを持っていきましょう。

そして上記の通り、かごの中に入っているシャンプーやリンスが選び放題になっていました。なるほど、こういうことか...

とりあえず自分の好きなものを一つ選んで、カゴごと大浴場の中に持って入りました。

大浴場ですが、洗い場は4つ用意されており、浴場は広く思った以上に快適でした。16時過ぎに行ったのでほぼ一番風呂、お湯の温度もどちらかと言うと熱いくらいでしたよ。

たしかに口コミであった浴槽の深さはめちゃくちゃ浅かったです(苦笑)。が、子供にとってはちょうど良かったみたい。

大人もゴロンと足を伸ばして寝転がる感じで入れば、十分肩まで入って温まることが出来ますよ。

あと何か成分が入っているのかな...若干白く濁ったお湯となっていました。

お風呂から上がった後ですが、足をしっかりマットで拭いてあがるようにしましょう。床がベトベトになりますので...

ドライヤーや綿棒なども上記の通り用意されていました。

最後に

今回は舞凛館(まりんかん)の客室設備や大浴場に関して、実際に宿泊した時の体験談を元に詳しくご紹介しました。

これから舞凛館(まりんかん)へ宿泊予定という方は、本記事を参考にしてみて下さい。

© 2021 mogblog - family challenge - Powered by AFFINGER5