ゲーム

マリオカートオンライン対戦が勝てない RATE10000overの攻略法を紹介

投稿日:

【 本記事のターゲット 】

  1. ニンテンドースイッチのマリオカート8DXを持っている
  2. オンラインレース対戦で中々相手に勝てない
  3. RATEが中々上がらない

今回はニンテンドースイッチで発売中の「マリオカート8 デラックス」に関して、インターネット経由で全国のマリオカートプレイヤーと対戦出来るオンラインレース対戦の攻略法をご紹介したいと思います。

目次

CPU対戦だと常に1位なのに...オンラインレース対戦になると弱い

最新のマリオカート8DXはインターネット経由で世界中のプレイヤーと対戦可能

mog家では昨年のクリスマスプレゼントに、息子へニンテンドースイッチのマリオカート8DXを購入しました。

そして息子だけではなく、mog自身も昔からマリオカートをプレイしていた事もあり、結構ガッツリプレイしています♪

以前別記事にて、マリオカートのオンラインレース対戦の事を詳しく記載させて頂いたのですが...

マリオカートオンライン対戦の内容を紹介 世界中のプレイヤーと対戦

スーパーファミコンのマリオカートの時では考えられなかった「人間同士でMAX12人がオンラインでレース対戦」という事が今のマリオカートでは見事に実現可能となっています。

昔はコントローラーも2つで、人間が2人&後はCPUといった楽しみ方しか出来なかったですよね...それが今では全員が人間、それもインターネット経由で日本だけでなく、世界中のプレイヤーと同じレースを対戦する事が出来るんですよ♪

人間同士のオンラインレース対戦では勝つのは至難の業

で、オンラインレース対戦では「レート」という概念が存在し、勝てば勝つ程レートが上がり、レースは基本レートが近い物同士がマッチングするような仕様になっています。

最初はRATE1000からスタートするのですが....まぁやってみれば分かるのですが、人間同士の戦いだと中々1位を取る事は出来ません。

あれ?自分ってマリオカート上手かったはずなのに...コンピューターの対戦だったら絶対負けないのに...と思うかもしれませんが、基本オンライン対戦の全プレイヤーが同じような状況です(苦笑)。なのでそう簡単に勝てず、下手になったわけではないので安心して下さい(苦笑)。

RATE1000前後であれば、まだドリフトが出来れば基本勝てると思うのですが...RATE2000を超えてくると、ドリフトは当たり前でその上を目指さないと勝つ事は難しいです。

mogの実力、オンラインレース対戦でRATE10000突破♪

マリオカート購入後4ヶ月でRATE10000を突破♪

ここでマリオカート攻略法を語る前に、mog自身の実力をご紹介します。まだRATEは上がると思うのですが、とりあえず一度もRATEは下がる事なく、10000を突破しました♪

一応昔からマリオカートに関しては得意分野(ゲーム)だったので...けどオンライン対戦なので、何度も12位(最下位)取りましたし、上位に入れない事もしばしば...

ブログを書きながら&仕事をしながらだったので、4ヶ月と結構時間が掛かってしまった...汗。

オンラインレース対戦って仮に上記のように1位をとっても20〜30くらいしかRATEが上がらないので、1000から10000まで上げようとすると仮にずっと1位をとっても400レースくらいしないと辿り着けない領域です。

残念ながらこれ以上のRATEを記録している方にとっては、今から記載する内容は当たり前...という事になると思うので参考にならないかも...

RATE4000前後とか、中々RATEが上がらないという方は今から記載する内容を再確認してみて下さい。もしかしたらヒントが見つかるかもです♪

スプラトゥーンが好きなのでガールを選択、けどお勧めしません。

一応mog自身が選定しているキャラクターとカートスペックも掲載しておきます。が、あんまり参考にならないかと...

まずキャラクターはスプラトゥーンが好きなので常に「ガール」を選択♪

が、まったくこれはお勧め出来ません。まぁオンラインレースをやっていると分かるのですが、大抵皆「ワリオ」とか「クッパ」とか「ドンキー」、はたまた「メタル系キャラクター」といった重量系を皆さん好んで利用しているようです。

という事で、多分勝つためだけであれば、重量級のキャラクターの方が良いかと思います。mog自身はただ単にスプラトゥーンが好きというだけの理由なので...

加速を重視したカートスペック♪

mogが利用しているカートスペックは下記となります。

こちらは色々レースをしながら試していたのですが、最終的に辿り着いたのが「加速を最大限活用した方が良い」という事。

タイムアタックとか、相手の攻撃を受けないレースであればスピード重視でも良いかと思うのですが、基本オンライン対戦って人間同士で赤甲羅の当て合いやサンダー、スター、ロケットなどで色々相手の攻撃を被弾する事が多いです。

手持ちアイテムでキノコがあればリカバリー出来ますが、それ以外の時で被弾した時、この「かそく」が一番重要です。直に体勢を立て直して直に走り出す事が出来ますので...

という事で、加速を最大限に利用出来るようなカートスペックの選定をしてプレイしています。

スペック見ての通り軽量級なので、ワリオとかとぶつかった時にはそれはもう外に弾き飛ばされる&落ちるといった事が多々...なのでmogの場合はプレイヤーとなるべく当たらないように気をつけています。

オンラインレース対戦で勝つ&RATEを上げる為の攻略法

ではここからは実際にRATE10000overを達成したmogが実戦している内容を元にご紹介していきたいと思います。

全て知っているよ!という方もいらっしゃるかと思いますが...その方は復習という意味も込めてみて頂ければ...(汗)。あんまり攻略法を知らない方にとっては、有意義な項目もあるかと思うので、まずは一度内容を見て頂ければと思います。

ハンドルアシストはOFFに

まず最初にプレイスタイルの確認です。マリオカートを購入したてで、そのまま設定を変えていない場合は「ハンドルアシスト」という機能がONになっている状態になります。

別記事にてハンドルアシストをOFFにする方法をご紹介しましたが...

マリオカート8DX ジャイロやハンドルアシストをオフにする手順

これがONになっていると、オンライン対戦の時に諸々支障が出てきます。CPU対戦とか、子供がプレイする場合はいい機能なのですが...

ハンドルアシストは簡単に言ってしまうと、コースアウト&コースから落ちないように自動でカートの操作をしてくれる機能になります。

初心者の方にとっては良い機能なのですが、オンライン対戦で勝つ事を目指す中級&上級者には下記のような支障が出てきます。

  • ウルトラミニターボが使えない
  • ショートカットしようとすると、コースアウトと判定され勝手にカートが曲がる

例えばキノコを使ってショートカットをする時に、まっすぐ進んでくれずに強制的に曲がってしまうといった事が発生します。

コースを問題なく走れるようになったらハンドルアシストはOFFにしておきましょう。じゃないと、間違いなくオンラインレースでは勝てない&RATE10000はほど遠いですよ...

ドリフト&ミニターボ(ウルトラミニターボ)を使いこなせるように

次にドリフトです。マリオカートといえば、ドリフトを使いこなさないと基本勝てないゲームになります。初代の頃からありますよね、スピードを落とさずコーナーを曲がる手法になります。

こればっかりは慣れて使えるように...としか言いようがありません。最近mog家の8歳の子供もドリフトを使いこなせているので、これ自体はそんなに難しくないはず...RATE2000くらいでは基本全員ドリフトを使いこなしているので、まずはこのドリフトを使いこなせるようにしましょう。

そしてドリフトが出来出したら、「ミニターボ」を基本狙って行きましょう。ミニターボですが、マリオカート8DXの場合、ドリフトを継続しているだけで、カートのタイヤの火花の色が変化していきます。下記3種類。

  • ミニターボ (青色)
  • スーパーミニターボ (オレンジ)
  • ウルトラミニターボ (紫)

ドリフトの継続時間が長い(カーブの方向にスティックを倒した方が時間短縮出来る)と、上記のように色が変化していき、最終的にウルトラミニターボの紫の火花がタイヤから出るようになります。

このミニターボで火花が出た状態でドリフトを終えると、その瞬間にカートが加速します。そしてミニターボの種類によって、その加速継続時間が変わってきます。

カーブの時は基本このミニターボを狙って行くわけですが、少々大回りになってもミニターボの種類を一つ上に上げれるのであれば、やってみる価値はあるくらい重要な項目になりますので、是非習得し、コース中はなるべくこのミニターボを使いながら進むようにしましょう。

ジャンプアクションを忘れずに

mog自身マリオカート8DXをするまでやった事が無かったのですが、もう一つミニターボを出す方法があります。それが「ジャンプアクション」になります。

コースの至る所で可能なのですが、走っている時にジャンプ台があったり、ちょっとした段差がある場合、カートが浮いた瞬間にミニジャンプボタン(ドリフトをするボタン)を押すと、キャラクターが反応して着地時にミニターボが出て加速&早く走る事が可能になります。

ちょっとした段差というのが結構コース内にあるので、先ほどのドリフト&ミニターボと一緒に、このジャンプアクションもなるべく使いながら進むようにしましょう。

コースは隅々まで把握。ミラーも動揺しないように。インコースを走る癖を付けよう

こちらもプレイを何度も繰り返すしかないと思うのですが、コースは基本隅々まで把握しておきましょう。大回りになってタイムロスなどをしないように...アイテムの場所やコインの場所なども把握しておきましょう。

ミラーでコースが反転しても、コース自体が頭の中に入っていれば1周目は失敗するかもしれませんが2周目で修正出来るようになるはずなので...

インコースをついたドリフト等は順位を上げるコツにもなってくるので、インコースでの走りは基本癖になるくらい練習しておきましょう。

キノコのショートカットは全コース抑えておく

コース状況を全て把握した上で、キノコを使う場所を決めておきましょう。特にレース後半や3周目では、このキノコによるショートカットが物を言う時が多々ありますので...

上記はドッスン遺跡ですが、あからさまにショートカット用に用意されているジャンプ台があります。キノコで芝の上でもスピードを落とさず、ジャンプ台まで加速してさらにジャンプアクションを決めて加速。

これだけで大分タイムが変わってきますよ。

下記はネイチャーロード、最後のゴール直前にショートカットがあるので、3周目はここで大混戦になる事が多いです。

あとはピーチサーキットのキャプチャも撮っておいたので一応紹介。こちらはジャンプ台&アイテムも用意されていますよね。

キノコがアイテムに出た場合、そのままコースで使うのではなく基本このようなショートカットが出来る場所で利用するようにしましょう。

アイテムは直に使うな、被弾しないようにバナナと甲羅はストック

次にアイテムの使い方なのですが、緑 or 赤甲羅とかバナナが出たときは直には使わずストックする癖を付けておきましょう。(ボム兵も可能)

オンラインレース対戦では、出来るだけ他プレイヤーからの攻撃に被弾しないという事がかなり重要。一度攻撃をくらってしまうと、順位は一気に下がってしまいますからね...防げる攻撃は防がないといけません。

なので、上位に居るときは基本バナナとか緑甲羅を使わずストックしておき、不安であればアイテムボタンを押しっぱなしにしてお尻にバナナ等を付けておくようにしましょう。

1位の場合はアイテム2個で入れ替え&「スーパークラクション」が出ればラッキー♪

オンライン対戦中、1位を維持しているときは基本先ほどの緑甲羅やバナナをストックしておく感じになりますが、アイテムが2個取れる時は積極的にアイテムを入れ替えて行きましょう。

ポイントとなる部分ですが、実は手元にコインがある状態でアイテムと取ると、大抵バナナか緑甲羅が出てコインは出ない仕様になっています。

2個アイテムを取った場合は、どちらかが緑甲羅かバナナ、どちらかがコインといったケースが多いのですが、たまに「スーパークラクション」が出現する場合があります。

1位を維持している時に一番嫌なのが青甲羅「トゲゾー甲羅」になります。以前別記事でも紹介したのですが...

マリオカートの青甲羅(トゲゾーこうら)を避ける方法 キノコを活用しよう

1位を維持していると、1位のプレイヤー目がけて飛んでくるので絶対に当たると思われがちですが、実は回避策は色々用意されています。その中で比較的簡単&確実なのが「スーパークラクション」。

仮にスーパークラクションを持っている状態でトゲゾー甲羅が飛んで来たら、頭の上くらいに見えたタイミングでスーパークラクションを使ってみましょう。見事にトゲゾー甲羅が粉砕して回避する事が出来ますので。

あとスーパークラクションは赤甲羅なども消す事が出来ます。タイミングを合わせる必要があるので、バックミラーを見ながら赤甲羅がカートに近づいて来た時に使うようにしましょう。最初ちょっとコツが入りますが、慣れればそんなに難しくないです。

3周目が勝負!スターとキラーを使うタイミングによって下位から上位を狙える

オンラインレース対戦は3周勝負(一部コースによって違いますが...)。1周目や2周目の順位が良くても、3周目の最後で被弾しまくって順位を落としたりすると意味がありません...

逆に、1周目や2周目の順位が悪くても、最悪3周目で順位を上げればOKなのです。

という事で、3周目に突入する際に下位にいる時、場合に寄っては一気に上位を狙えます。特に「スター」と「キラー」は使うタイミングが重要。

何故かというと、これらのアイテムを使っている時に他プレイヤーがサンダーを使うと、自分は加速している上に他プレイヤー全員被弾&小さくなってスピードダウンしているので、一気に上位を狙える可能性があります。

じゃあ何時使うのか...これが分かれば苦労しないのですが...サンダー自体は基本最下位あたりの人しか出ないようなアイテム。直に使う人も入れば、上位陣が空中に飛んでいるようなシーンを狙って使う人も多いです。

なので使うタイミングは

  • 最下位の人がアイテムを取って内容が決まったあたり(サンダーをすぐ使う事を想定)
  • コースで上位陣がなるべく大きなタイムロスが発生する箇所
  • 次のアイテムを取るタイミング

の3つかなと思います。下位にいてスター等が出た際は、上記タイミングを狙ってみるのが良いかと思います。

意外と重要、「サンダー」の使うタイミング

先ほどのスターやキラーを使うタイミングにも記載しましたが、サンダーって結構使うタイミングが重要だったりします。最下位あたりにいてサンダーが出た時、皆さん直に利用してしまいますか?

折角なら...なるべく上位陣に最大限攻撃を与えるように使ってみたいですよね。そんな時、使うタイミングでベストな所といえば...上位陣がアイテムをとった当たりで利用でしょうか。

そうすると、サンダーを食らった上にアイテムを全て手放さないと行けない状態になります。その間に自分はさらに強いアイテムで上位陣をごぼう抜き...何て事にも繋がります。

コースによっては、落下するタイミング(空中に浮かんでいる)で利用するのも良いかと思いますが、サンダーは単純に使うのではなく、タイミングを見計らって利用するようにしましょう。

6位以内に入れればOKとする、最下位には絶対ならないように

ここまで記載した内容を実現出来れば、基本RATE5000以上にはなれるはず...あとは順位を意識して、なるべくRATEが下がらないように取り組みましょう。RATEを上げる...という意識よりもRATEを下げないという意識を持った方が個人的にはいい気がします。

RATEが下がる場合、対戦相手のRATEにもよりますが、基本下位に入ってしまうと多少なりともRATEが下がってしまいます。が、その下がり幅は順位によって様々。

特に最下位になった時のRATEの下がり幅はかなりキツいです。-20とか下がる時もありますので...けど1つ、2つ前の順位、例えば10位などではどうでしょうか?-8とか下がる場合が多いですが、二桁下がるというのはあんまりないかと...

なので、3周目の後半に入って明らかに勝てなさそうだな...と思ったら、出来れば上位6位以内に食い込むよう頑張るか、それも無理なら最下位だけは避けてアイテムの力などを上手く使って最下位手前でゴールイン出来るようにしましょう。

RATEが高いプレイヤーとの対戦を挑む

最後にRATEを上げるための最大ポイントといっても過言ではないのですが...これは実力ありきの方法になるので、もしかしたら単純にストレス(負けが続く可能性大)がたまるだけかもしれません。

その方法というのが、オンラインレース対戦を終える毎に部屋を抜けて何度か入り直すという方法です。基本自己RATE周辺の相手とマッチングするのですが、下記のような感じでたまにめちゃくちゃRATEが高い部屋・プレイヤーとマッチングする時があります。

上記なんて、明らかに勝てる相手ではありません...mogのみRATE9000で、他は1万over、2万over...中には4万overも...(汗)

がしかし、この中でオンラインレース対戦し、上手い具合に上位に入れば...

上記のように、たとえ4位でもRATEは+24と大幅に上がる事が期待出来るんです。+24って基本1位とか取らないと上がらない数字ですよね。

まぁこれもメリットなのですが、先ほども記載した通り、RATEを上げるにはRATEを下げないと意識する方が良いという事。

仮にこのようなRATE差で戦って下位に入ってしまったとしても...

上記キャプチャを見て頂ければわかると思いますが、何と下から2番目の10位でもRATEは+2と上がっているんですよね。

なのでこの状態であれば、11位と12位だけ取らなければ、あとはRATEは上がって行くのみ...という状況に持って行く事が可能です。

10位以内であれば、3周目のアイテム運だけで何とかなる場合が多いので、どうしてもRATEが上がらない...という方はこのように何度か部屋を入り直して、自分より強い&RATEが高いプレイヤーを対戦してみては如何でしょうか。

最後に

今回はマリオカートのオンライン対戦で勝てない方向けの攻略ポイントやRATEを上げる為のポイントなどをご紹介しました。

最低限の練習とテクニックは必要ですが、

  • 相手の攻撃をなるべく被弾しないようにする
  • アイテムの使いどころをマスターしておく

を心がけて実戦出来れば、RATE10000は辿り着ける領域だと思います。実際にmog自身がこれでRATE10000を突破しましたので...

オンラインレース対戦でなかなかRATEが上がらない方は是非参考にしてみて下さいね。

-ゲーム

Copyright© mogblog - family challenge - , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.