キャンプ

パディントンベア・キャンプグラウンド ゴミ捨て無料?シャワー・トイレ設備レポ

投稿日:

【 本記事のターゲット 】

  1. 関東から比較的近い場所でキャンプをしたい
  2. パディントンベア・キャンプグラウンドへ行きたい
  3. 現地でゴミ捨ては可能か?シャワーやトイレ設備など詳細を知りたい

今回は東京都からも比較的アクセスが良い相模湖(神奈川県相模原市)の近くにある巨大キャンプ・アウトドア施設の「パディントン ベア・キャンプグラウンド」にて、「セットアップテントサイト」や「コテージ」などを利用する際に現地施設にあるシャワー・トイレ、ゴミ捨ては可能なのかどうか?という部分を詳しくご紹介したいと思います。

2018年9月の3連休に「セットアップテントサイト デラックステラス付」を利用して手ぶらキャンプを体験してきました。

その時の様子を先日下記記事にてご紹介致しました。

が、記事スペースの関係上「現地ゴミ捨て可否」や「トイレ」「シャワー」といった設備関連の情報が記載出来なかったので、本記事はこちらを中心に詳しく見て行きたいと思います。

「パディントン ベア・キャンプグラウンド」を利用される予定の方は是非参考にしてみて下さいね。

パディントン ベア・キャンプグラウンドで出たゴミは指定袋に入れて廃棄可能

チェックイン時に3種類の袋が入った指定ゴミ袋を1枚ずつ入手可能(無料)

まず現地にゴミ捨て場はあるのか、無料で捨てれるのかといった部分をご紹介。

チェックイン時、下記写真に写っている指定のゴミ袋を1式無料で提供されます。

渡された下記利用規程の用紙にも記載されているのですが...

  • 燃えるゴミは黄色の袋
  • ペットボドルは青色の袋
  • 缶は緑色の袋

に入れて指定箇所へ廃棄する事が可能です。もちろんゴミ箱を利用するのは無料ですよ。

場内にゴミ箱は3ヶ所、指定袋に入れてチェックアウトまでに出す

廃棄する場所(ゴミ箱)ですが、下記案内図を見る限りは恐らく3ヶ所...

  • セットアップテントサイトデラックステラス付付近(図の上段、シャワー・トイレと併設)
  • ワイルドクッキングガーデン
  • 宿泊受付付近

その他にもあるかも知れませんが...

今回はセットアップテントサイトデラックステラス付を利用したので、図面の上部にあったトイレ・シャワーと併設されているゴミ箱を利用させて頂きました。

上記のような感じで、シャワートイレ施設は青色の小屋となっており...

その目の前に、上記の通りフタ付き&メッシュ状のゴミ箱が設置されていました。フタはチェックイン〜チェックアウトの間常に空いていたので、いつでも捨ててOKかと。

ちなみに上記写真の左、少し見えづらい場所にありますが、「空き瓶」も廃棄可能となっていました。こちらは指定袋はなく、カゴの中に直接入れる形となっていました。

トイレ・シャワー設備はびっくりするくらい綺麗になっている

場内には5箇所?トイレとシャワーが設置されている

次にトイレ、シャワーに関してご紹介。

こちらも先ほどのの場内案内図を見ていると...多分5ヶ所ですかね。

満遍なく設置されているので、利用に関してはそんなに不便はしないかと...

トイレ・シャワーも入り口は一緒だが、男女別になっていて途中で分岐している

という事で、実際に中を見て行きましょう。

こちらチェックイン時にキャストの方から教えて頂いたのですが、最近全て作り直したそうでめちゃくちゃ綺麗になっているそうな...楽しみです♪

今回利用したのは先ほどのゴミ箱があった場所、セットアップテントサイトデラックステラス付き付近、場内案内図の右上あたりの施設になります。

まず、小屋の正面から写真を取ってみた感じが下記の通り。

既にこの時点でめちゃくちゃ綺麗です。

ってあれ?シャワー&トイレのマークが同じ入り口にある...男女は分かれていますが、こちら中に入った後にトイレ側とシャワー側のドアが分かれているような仕様になっていました。

正面のドアをあけるとシャワールームになります。まずはシャワーから。

シャワーは2機設置(セットアップテントサイトDX付近)、鍵付き&脱衣所あり

セットアップテントサイトデラックステラス付き付近のシャワーは男女共に2機設置されていました。

シャワールーム内ですが、下記のような感じ...

手前に脱衣所がありますが、一人はいるのが丁度良いくらいのスペースしかありません。mog家は子供と一緒に入ったのですが何とか入れるくらいのスペースとなっています。

脱衣所は棚が無い&足拭き等もないので、一応地面が濡れていても大丈夫なようにカバンとかビニール袋に着替えを入れて持って行った方が良いかと思います。

が、思った以上に地面は濡れていなかったので快適に利用出来ましたよ♪

シャワーはもちろんお湯が出る&ボディーソープとシャンプー付き

シャワー施設内は下記のような感じで、お湯はもちろん出ますし、なんとボディーソープとシャンプーも常設されていました。

こちらのシャワールーム、6時〜23時まで利用可能となっていますが、基本混雑している&待ち時間が発生しているという事はありませんでした。

というのは、こちらのキャンプ施設、場所は遊園地側になりますが「うるり」という温泉施設が備わっています。別途有料になりますが、利用すると1000円の駐車場料金が戻ってくる特典が利用出来ます。

それでも家族4人で行くと2000円くらい取られるので...今回はシャワーを利用♪

恐らく半数以上の方が温泉を利用しているので、シャワーで混雑するという事は基本無いかと思いますよ。

ちなみに余談ですが...上記の通り、受付から温泉施設「うるり」までは無料バスが利用可能です。

夕方BBQでお酒を飲んで車が運転出来ない...という方でも、こちらのバスを利用すれば「うるり」まで行く事が可能ですよ♪

トイレに鏡&ドライヤーがあるので、風呂上がりはここで髪を乾かす事が可能

シャワールーム内には鏡はありませんし、ドライヤーもありません。まぁアウトドアなので、これは仕方が無いか...と思ってトイレに入ってみると...

何と!トレイの洗面台の上にドライヤーが1式電源に繋がれた状態で置かれているではないですか(苦笑)。これは男女共にあり、ここで鏡を見ながら髪の毛を乾かす事が可能です。

上記見ての通り、トイレ・洗面台もめちゃくちゃ綺麗なので、使っていて気持ち良いくらいですよ♪虫も殆どいませんでした。

トイレは全て洋式&ウォシュレット付き、アウトドアとは思えない綺麗さ♪

トイレ内の設備ですが、下記のとおり全て洋式&ウォシュレットとなっていました。

上記写真を見ての通り、かなり綺麗&清潔感が溢れています。

アウトドアとはまったく思えないくらいの綺麗さです♪

最後に

今回はパディントンベア・キャンプグラウンドにて、ゴミの廃棄は現地で可能かどうか、シャワーやトイレはどういった感じなのかという部分に関して、現地訪問を元に詳しくご紹介しました。

首都圏からアクセス抜群&超大型アウトドア施設のパディントンベア・キャンプグラウンド、興味がある方は家族や友人などと気分転換も兼ねて是非利用して見てくださいね。

-キャンプ

Copyright© mogblog - family challenge - , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.