プール&スパ

ホテルサンハトヤプール&スパ チェックイン前の利用&設備内容現地レポ

投稿日:

【 本記事のターゲット 】

  1. ホテルサンハトヤのプール&スパに興味がある
  2. HP上では確認出来ない詳細項目を知りたい
  3. 現地に行った事がある人の話を聞きたい

今回は静岡県伊東市にあるホテルサンハトヤのプール&スパ「古代ビーチ」に関して、HPでは紹介されていない内容を詳しくご紹介したいと思います。

出典:ホテルサンハトヤ

今回2018年3月下旬に家族旅行にて静岡県伊東市にあるプール付きホテルに行ってきました。

mog家としては過去「ホテル三日月系列」や「箱根ユネッサン」など子供が楽しめるプール&スパに何度か出向いていて、その度に子供たちが大喜び♪なので今回も子供が満足出来るような施設をという事で、諸々調査した結果「ホテルサンハトヤ」に行く事になりました♪

公式HPなどで色々調べた上で訪問したのですが、それでも色々と分からない事も多々ありましたので、実際に訪問した体験を元に当ブログにてご紹介してみたいと思います。これから訪問をする方・プール&スパ付きのホテルを探している方にとって有益な情報になればと思います。

目次

チェックイン前・チェックアウト後のプール&スパの利用に関して

駐車場はフリースペース

mog家は東京江戸川区、そこから車で静岡県伊東市にあるホテルサンハトヤに来たのですが…春休み期間中だった事も重なり、毎度の事ながら伊豆半島の渋滞に巻き込まれてしまいました…以前湯河原温泉に来た時も結構な渋滞にハマりましたが、今回はそれ以上…

今回は月曜日会社の有給を取って、子供たちは春休みなので日〜月で訪問したので渋滞に引っかかる事は想定していなかったのですが…汗。

という事で、本来は13時前にホテルに到着したかったのですが、到着したのは14時前に…ですので車で訪問される方はある程度渋滞を覚悟しておいた方が良さそうです。

さて、車で現地に到着しましたらどこに駐車しようか…と迷うかと思いますが、特に有料駐車場とか発券機などはなく、そのまま空いているスペースであれば何処でも停めて良いような感じになっていました。

上記のような感じで、サンハトヤの黄色い看板が目印です。駐車場は上記&下記のような感じで、結構なスペースがあり、満車になる事はなさそう…

車を停めたら、水着や浮き輪などを持って入り口を入りロビーに向かいましょう。

ロビーにて仮チェックイン&利用券を発券

ロビーの受付で予約をしている&先にプールに入りたいと言うと、仮チェックインの手続きを求められますので、名前や住所・電話番号などを記載しましょう。

ホテルサンハトヤの受付スタッフの方は愛想が良い♪不明点など聞きやすかったですよ。無事仮チェックインが出来たら、下記利用券を発券していただけますので、こちらを持ってプール&スパに向かいましょう。

一応規定ではチェックイン日は午前8時30分から、チェックアウト日は午後3時まで無料でプール&スパが利用出来ます。が、注意事項としてはタオルの準備をしておく事。

チェックイン後であれば部屋に備え付けのタオルを利用出来るのですが、チェックイン前や後ではタオルが利用出来ないという事なので、家から持ってくるようにしましょう。

ホテル内3Fから歩いて温泉・プール&スパへ移動可能

外から見た感じだと、ホテルとプール&スパは離れているのかな…と思っていたのですが、3Fの館内で繋がっているようで、特に外に出ずとも歩いて向かう事が出来ます。

なのでまず受付が終わったらそのまま3Fにエレベーターで上り、

かなり分かりやすい感じで案内板があるので、そのまま矢印の方向に歩いて行きます。

先ほど車を停めた駐車場を右手にどんどん奥に進んで行くとプール&スパに辿り着きます。

現地で水着や浮き輪・水遊びパンツは購入可能?

水着の有料販売あり、結構高い…

ホテルサンハトヤに限らず、ホテル三日月系列や箱根ユネッサンなどに行った際…

  • あれ?水着持ってくるの忘れた…
  • あ、子供の水遊びパンツ持ってくるの忘れた…

という事は結構多いかと。実際にmog家も何度か水遊びパンツを忘れた事があり、現地で調達しました…汗。

という事で、現地で販売している物をここでご紹介。まずは水着です。

プール&スパの入り口近くに上記のようなハンガーで掛けられた状態で水着が販売されていました。そんなに種類は多くない&値段も3000円〜と結構高額です。

もし忘れてもここでサイズが合う物に関しては購入可能ですが…見た感じそんなに多くないので必ず持ってくる様にしましょう。

浮き輪・ゴーグルの販売有り、水遊びパンツも販売有り

こちらのホテルのプール&スパですが、オムツの取れていない乳幼児の子供も利用可能です。但し、水遊びパンツの装着が必須となっています。これが良く忘れるんですよね…mog家は夏のプールでも数えるだけで2回は忘れた事がある記憶が…

けど大丈夫、水遊びパンツは現地調達可能です。3枚入り450円♪

あと気をつけたいのが浮き具。後ほどご紹介しますが、こちらのプール&スパは浮き輪等の持ち込みはOKです。

スパで浮き輪は他の人の邪魔になるんじゃないか…と思って持ってこない人もいるかと思いますが、小さいお子さんがいる方は絶対に持ってくるようにしましょう。

というのは、プール&スパの水深が110cmあるんです。小さいお子さんの場合、確実に足が付かないです。mog家の小学校2年生の息子ですら顔を出すのがギリギリといった感じ。4歳の娘は完全アウト。

一応キッズエリアも設けられており、そちらは水深50cmなのですが浮き具を持って来て皆で一緒に楽しみましょう。っと、ちょっと話しが逸れましたが、浮き輪やゴーグルもここで販売されていたので現地調達可能ですよ♪

TIPS:空気入れも用意されています♪

浮き具を利用する際に是非使いたいのが下記♪

そう、空気入れです。浮き輪って口で膨らますの大変なんですよね…下手したら酸欠になります。こちらスタッフが2名常駐していて、浮き輪をこちらの空気入れを使って膨らませてもらいました。これだけで大助かりです♪

プール&スパの注意事項、飲食持ち込み可能?

小学生以下は保護者付き添い必要、ガラス製品やシュノーケルは持ち込み不可

さて、プール&スパに持ち込んでも良いものをここでご紹介します。浮き輪はもちろん、ビーチボールやその他浮き具はOK、ボート類などは不可となっています。

またシュノーケル・ガラス製品はNG、極端に大きな浮き輪などは混雑時に規制が入る事があるようです。その他は下記の通り、入り口に注意書きが記載されていましたよ。

飲食物の持ち込みNG、クーラーボックスや水筒もNG。お風呂場に冷水機あり

あと気になったのが「子供用に水筒を持って入りたいなぁ…」と思っていたのですが、入り口に下記看板が…

食べ物や空き缶などが不可というのは理解していたのですが、まさか水筒までNGとは…というのは、こちらも後ほど記載しますが、ホテルサンハトヤのプール&スパには椅子や机が一切なく、座って休憩する所はありません。

なので飲食物を持ち込んでもゆっくり食べたり飲んだりするスペースがまず無い…そして思った以上に喉は乾かないので、水筒も確かに不要です。

もしどうしても喉が乾いた場合は、一旦お風呂コーナーへ行くようにしましょう。お風呂場に冷水機が設置されていましたよ♪

着替えはお風呂の脱衣所で、そこから水着でプール&スパへ

ちょっと話しは逸れるかもしれませんが、プール&スパには机・椅子がないのはもちろん、脱衣所もありません。どうやって着替えるのか…それは隣にあるお風呂場の脱衣所で男女別で着替えて、荷物は脱衣所において水着&浮き具をもって歩いてスパへ向かう形になります。

一応荷物置きらしいものはプール&スパの入り口にもあるのですが…それは後ほどご紹介します。

その他持ち込み禁止製品一覧&禁止事項

その他持ち込み禁止製品などは注意書きに纏められていました。

東京サマーランド見たいな大きなスペースはありませんので、サンシェードやレジャーシートなども不要、基本タオル以外は手ぶらでOKかと思います。写真撮影はOKなので、子供たちとの記念等にカメラやスマホを持参されている方は沢山いらっしゃいましたよ♪

現地に貴重品入れやプール施設内に荷物を置く場所はある?

貴重品は入り口の鍵付きロッカーへ(無料)

さて、先ほど少しご紹介しましたが、基本はお風呂の脱衣所に荷物を置く形になります。が、貴重品は流石に置けないですよね…

そこで、入り口には無料の小さい鍵付きの貴重品入れコーナーが多数設けられていましたよ♪下記のような感じ。

なのでこちらに財布や鍵、スマホ等利用しないのであれば入れておきましょう。

入り口に仮置き場有り

プール&スパの入り口の左に一応棚らしきものはありました。

こちらにタオル等を置いている方もいらっしゃいましたが…まぁ見ての通り殆ど誰も利用していない状況です。

古代ビーチ内には椅子机等は一切無し、壁にタオル等を置いている

じゃあ皆さん一体何処に荷物を置くのか…机も椅子もなければ置く場所も無いのでは?と思うかと思います。

mog家は下記の通り、プール&スパの壁の段になっている部分にタオル等を置いていました。

他の方も大体同じ。そんなにスペースはないですが、物を多少置くくらいであれば大丈夫かと。なので基本は手ぶらで来るようにしましょう。

ホテルサンハトヤ「古代ビーチ」詳細レポ

プール&スパの全体図、広さ

では実際にホテルサンハトヤのプール&スパ「古代ビーチ」の現地レポを下記にご紹介してみたいと思います。まずは全体像と広さから。

スパの入り口を入ると、いきなり2Fと1Fに分岐します。1Fはそのままスパへドボン…なので、2Fでプール&スパの上を歩いて移動し、荷物を置いてからスパに入る事に。

下記写真が入り口入ってスパ2Fから撮影した写真になります。濡れないように橋がかかっているイメージです。

逆方向から撮影した写真が下記。橋になっているイメージが分かるかと。

広さでいうと、龍宮城スパホテル三日月の流れるプールを半分くらい除いたくらいの大きさでしょうか。思った以上に広かったですよ♪20人くらいであれば全然スカスカな感じ。

荷物は先ほどご紹介した通り、壁の段に皆さん置かれている感じ。下記写真くらいしか休憩スペースはありませんでした。

上記写真の奥から外に出れる様になっており…冬場はクローズされていますが、夏場は外のプール&滑り台が利用出来るみたいですね。

下記公式HPより抜粋

屋外水着ゾーン「渚プール」/8:30~17:00 夏期期間のみ営業 2018年度営業予定期間…7月中旬以降 ※都合により日程が前後する場合がございますのでご了承くださいませ。

という事なので、屋外プールゾーンを利用したい方は7月中旬以降に予約をとるようにしましょう。

子供用プール有り、水深50cm(チャイルドプール)

一番奥の右側にチャイルドプールが設置されていましたよ♪

先ほども少し触れましたが、通常のプール側は水深110cm、幼稚園児でも浮き輪無しでは利用出来ないような深さになっています。

が、上記チャイルドプールは水深50cm、幼稚園年少の4歳娘でも全然足が付くくらいの大きさでしたよ♪

ちなみに水温ですが、温度計表記はなかったですが恐らく35度前後かと…今回3月下旬だったので、少し肌寒い感じですかね。特に問題はなかったです。

あと他ブログで見たのですが「海水」とか「目がしょぼしょぼする」という表記があったので、このスパ海水なのか!?と思いながら入ったのですが…大丈夫です、安心して下さい。淡水でしたよ♪合計2時間くらい楽しみましたが、目も特にしょぼしょぼする事は無かったです。

大人用スパは水深110cm

大人用は先ほどから記載している通り水深は110cmになります。

一番深い所…という分けではなく、全体的に水深は均一で110cmとなっていました。

ミステリアスフォール(滝)

ではここからスパ内の設備に関してご紹介していきます。

まずは入り口近くの滝「ミステリアスフォール」になります。

結構勢いが良いので、小さい子供はちょっと無理かな…8歳の息子は上記写真の通り、浮き輪に入ったまま滝に打たれて楽しんでいましたよ♪

きのこ噴水

次にきのこ噴水になります。傘の周りからお湯が溢れ出てきます。

中に入っていれば水は掛からないので、子供は楽しめるかと。

ちなみに水が降ってくるタイミングは時間等ではなく、近くにあるボタンを押す事で噴水させる事が出来ますので、楽しみたい時に楽しめるシステムになっていますよ。

ツインフォール

次にツインフォールです。これは大人にとっては肩こりに丁度良い打たせ湯のような感じでした。

こちらもボタンを押す事で調整可能♪これも結構勢いは良いので…娘はめちゃくちゃ嫌がって(怖がって)いました(苦笑)。

ウォーキングスパ

次にウォーキングスパです。息子に歩いてってお願いしたのに下記写真の通りもぐって遊んでいました。ウォーキングスパの意味ありません(苦笑)。

こちらもボタンがあり、押すと水流が発生&地面が凸凹なので足裏に刺激を与えながら水中を歩く事が出来るエリアです。が、基本子供の遊び場となっていました。

リラックススパ

大人が多かったのがこちら、リラックススパになります。

お湯の温度や質はプールと全く同じ。特に温かいという事もありませんでした。が、ボタンでジェットバス化する事が出来るので、リラックス&スパ気分を味わう事が出来ますよ♪こちらは2つ設置されていました。

その奥にもリラックススペースとして、寝湯&ジェットバスコーナーがありました。

こちらもお湯の温度や質はプールと全く同じ、ただ寝転がれるのでちょっとした休憩にどうぞ♪ずっとプールで遊んでいると、意外と疲れるものですので…苦笑

流水プール

そして一番奥にあるのが流水プール。こちら結構な広さがあり、1往復すれば25m泳いだ事になりそうな大きさ。

で、手前にボタンがあり、押すと一番奥から3ヶ所お湯の流れが発生するのですが…流水プールという程流水にはならず…うーん、よくわからない(苦笑)。まぁ広いので思いっきり遊ぶのであればこのスペースを利用すればOKかと。

ビーチボールは持ち込み可能?大きめの浮き輪はOK?

ここで再度おさらい。ホテルサンハトヤのプール&スパはそこまで大きくないので、ボールとか持ち込んで遊ぶスペースはあるのか…という所なのですが、先ほど紹介した流水プールエリアであれば、下記の通りがっつりボールで遊ぶ事が出来ましたよ♪

普通にボールのぶつけ合い&キャッチボールをmog家内で行っていました。もちろん、他の方がいるときは注意&控えるようにするべきですが、誰もいなかったので…苦笑。

あとは先ほどのキッズエリアで子供たちとボールをキャッチしあいながら遊んでいる家族もいらっしゃいました。

浮き輪ですが、上記写真の青色の浮き輪は大人用で結構デカいのですが、特に邪魔になる事はなかった&利用しても特に問題はありませんでした。

先ほどから何度か写真に写っている4歳の娘は、何処のエリアにいっても常に黄色の子供用浮き輪を付けている状態でした。移動する時も入る時も常に浮き輪を装着した状態でしたよ♪

最後に

今回はホテルサンハトヤのプール&スパ施設「古代ビーチ」に関して、チェックイン前・チェックアウト後の利用手順や持ち込み可能グッズ、現地設備などを詳しくご紹介しました。

これからホテルサンハトヤへ行かれる方、もしくは検討している方は是非本記事を参考にして頂ければと思います。

スポンサーリンク

-プール&スパ

執筆者:

関連記事

湯処葛西マッサージ(癒し処)価格一覧&システム現地レポ

【 本記事のターゲット 】 湯処葛西にいく予定がある お風呂のついでにマッサージも受けたい 今回は東京都江戸川区にある都 …

【銭湯】浦安万華郷の土日混雑状況・駐車場・各種アメニティ設備を解説

【 本記事のターゲット 】 大江戸温泉浦安万華郷に行きたい 土日の混雑状況を知りたい タオル貸し出しやシャンプーなど、用 …

関東にある広いプール&スパ 家族で行く東京サマーランド体験レポ屋外編

【 本記事のターゲット 】 家族で東京最大級のプールに行きたい 東京サマーランドで小さい子供でも遊べる施設 今回ご紹介す …

【プール&スパ】龍宮城スパホテル三日月と昼食バイキングを家族で楽しむ

【 本記事のターゲット 】 比較的大きめの温泉施設(1日中遊べる)に行きたい プールが大きめ・スライダーなども楽しみたい …

【銭湯】浦安万華郷 家族で一緒に楽しめる水着露天風呂&まったり温泉

【 本記事のターゲット 】 家族で大きい温泉施設に行きたい 日帰り、東京から近いエリアがいい 家族全員で楽しめる所がいい …




管理人:mog
昔からキャンプ・旅行好き。東京都在住。現在8歳の息子と4歳の娘の2児の父。家族旅行・キャンプに奮闘中。

ブログの更新内容をメールでお知らせします。