公園・遊園地・水族館

チュウブ鳥取砂丘こどもの国、家族訪問体験ブログ。遊具が豊富、小さい子供にぴったり

【 本記事のターゲット 】

  1. 家族でチュウブ鳥取砂丘こどもの国へ行ってみたい
  2. 実際に鳥取砂丘こどもの国へ行った人の体験談を聞いてみたい

今回は鳥取砂丘の近くにある「チュウブ鳥取砂丘こどもの国」に関して、家族で訪問した時の体験談を詳しくご紹介します。

2022年5月3日、家族で岡山から鳥取へ旅行に行ってきました。

車で訪問したのですが、この時のGWは3年ぶりとなる行動制限がかかっていない長期休暇&最大10連休ということもあって、日本各地で観光地が大混雑したというニュースが流れていました。

今回訪問した鳥取砂丘も非常に多くの人で賑わっていましたよ。

さて、上記鳥取砂丘へは午前中訪問してきたのですが、その後ちょっと遊び足りないな...と思い、車で数分という所にある「チュウブ鳥取砂丘こどもの国」へ訪問してきました。

テーマパーク...というよりも、公園・遊具の方がぴったりくるような気がしますが、一部乗り物・アトラクションも用意されていて、午後だけでしたが子供たちと楽しんできました。

けど、当初この「チュウブ鳥取砂丘こどもの国」ってそもそもどういった施設なのかいまいちわかっておらず...

実際に詳細を知りたいという人もいるかなと思ったので、今回子供達と訪問して遊んできた体験談を元に詳しくご紹介します。

これからチュウブ鳥取砂丘こどもの国へ訪問予定という方は、本記事を参考にしてみて下さい。

鳥取にある遊園地・テーマパーク「鳥取砂丘こどもの国」家族体験ブログ。アスレチック遊具豊富、芝生広場あり。乗り物アトラクションもある

鳥取砂丘からこどもの国までのアクセスは車で数分。めちゃくちゃ近い

先ほども記載しましたが、2022年5月3日というGW期間中&快晴という絶好のコンディション・大混雑時期に鳥取へ日帰り旅行を家族でしてきました。

午前中は下記鳥取砂丘を満喫して、レストランで食事をとり...

午後から車で移動して鳥取砂丘こどもの国へ向かうことに。

鳥取砂丘と鳥取砂丘こどもの国って地図で見ても分かる通りほとんど離れていないんですよ。ただ、徒歩だと若干辛い距離かも...

ということで、鳥取砂丘の無料駐車場にとめていた車に乗って、数分で鳥取砂丘こどもの国へ到着。

駐車場は無料、土日祝日・長期休暇期間などは駐車場大混雑必至

現地に到着すると、さすがはGW期間中...駐車場はもちろん、下記駐車場に続く通路まで片側全部車が停まっていて、そこそこ混雑していました。

現地ではスタッフが空いている場所を誘導してくれるので、指示にしたがって車を移動させます。駐車場自体は無料で利用できますよ。

駐車場の混雑状況に関しては、下記別記事にてご紹介しておりますので、気になる方はあわせて御見てみて下さい。

子供は入園料無料!大人料金のみで入園可能。各種割引あり、めちゃ安い!

無事車を駐車して、早速こどもの国へ入ってみます。

入り口で入園料を支払うシステムになっているのですが...なんとビックリなことに、子供は大学生まで土日祝日無料という料金設定なんですよ。

え?普通土日祝日にお金を取るんじゃないの?と思ったんですが...

mog家は大人二人、小学生二人での訪問だったため、大人二人の料金で入園OKでした。さらにJAFカードが手元にあったので50円引き...

結果、900円で今回入園することが出来ましたよ。めちゃくちゃ安い!

鳥取砂丘こどもの国全体MAP。園内はそこそこ広い、広場多数あり

無事入園できた所で全体MAPを把握しておきましょう。

上記が鳥取砂丘こどもの国の全体MAPとなります。

この後順番にご紹介しますが、入り口入るとすぐに野外ステージがあり、そこにアスレチック遊具があります。その奥にもアスレチック遊具があり、さらに奥に行くと乗り物エリアへ到達します。

最初左側に曲がってまっすぐいくと、ぼうけん広場に出て多数の複合遊具が設置されていました。

MAP中央あたりは広大な芝生広場が広がっているので、テントを設置したりお弁当を食べたりするのに丁度良いですよ。

アスレチック遊具が豊富。空中回廊遊具や木造遊具・複合遊具が沢山

では、順番にmog家の子供達が体験したものをご紹介していきます。

まずは園内に入って最初に目の前に現れるのが下記屋外ステージに設置されている空中回廊遊具。

かなり立派な遊具になっていて、屋根の至る所に通路があり、いろんなルートで登って楽しむことが可能です。

屋根のルートは他の建物まで伸びていて...

例えば上記管理棟の中に入ると、下記の通り先ほどの空中回廊遊具へつながる入り口が用意されています。

なかなかここまで大きい遊具って無い気がします。子供も楽しんでいましたよ。

その他、屋外に下記のような立派な木造遊具だったり...

大型滑り台などの複合遊具など、いろんなアスレチック遊具が設置されていました。

詳しくは下記記事にてご紹介しておりますので、遊具・アスレチックが気になるという方はあわせて見てみて下さい。

広大な芝生広場あり。テント・お弁当持ち込み、ボール遊びなども可能

次にこの園内の芝生広場が非常に広いという点。

上記のような感じですね。こちらはわんぱく広場の芝生広場ですが、下記はイベント広場の芝生広場になります。

テントを設置してピクニック気分で過ごしているご家族だったり、お弁当を食べているご家族だったり...

ボールなどを持ち込んでサッカーやキャッチボールをしているご家族もいらっしゃいました。

上記の通りバスケットゴールなどもあったので、ボール持参してくれば色々と楽しめそうです。

テント・お弁当持ち込みに関しては、下記別記事でもご紹介しておりますので、よければあわせて見て下さい。

有料アトラクションも5種類。一番並んだアトラクションで30分待ち

次に有料の乗り物・アトラクションも色々と利用してみました。

遊具と違って有料なのですが、値段は格安なのでそこまで気にならないかと...一番高いので200円です(苦笑)

上記チケットを購入して、空中サイクリングを家族で楽しんでみました。

そんなに長い乗り物ではなかったのですが、この日は快晴だったので、とっても気持ちよかったですよ。

その他、変形自転車乗り場があったので、娘がチャレンジしたり...

一人で乗れるF1というバッテリーカーもありました。

こちらの乗り物に関しては、下記記事にて混雑状況含めて詳しく解説しておりますので、気になる方は見てみて下さい。

TIPS:記念撮影スポットあり。実物大のSL機関車・消防車が設置されている

あとは園内の所々に記念撮影スポットがありました。

園内...ではないですね。入り口に入る前に下記SL機関車が設置されていました。

実物大なので非常に大きく感じましたよ。

上記の通り中に入って記念撮影も可能です。

あとは園内・イベント広場近くに消防車が設置されていました。

上記のような感じですね。

こちらも中に入ることが可能です。

滞在時間は3時間ほど、全部回りきれなかった・一日中遊べる施設

という感じで、今回午前中鳥取砂丘・午後こどもの国というプランで訪問したのですが...

鳥取砂丘こどもの国の滞在時間は閉園間際まで滞在して3時間ほどだったのですが、全部周りきることができなかったです。

まぁGW期間中で乗り物で多少並んだというのも影響しているかもしれませんが...

お弁当やサンシェード・テント持参で来たら、一日中遊べる施設なんじゃないかなと思います。少なくとも半日は遊べるかと。

最後に

今回は鳥取県にある「チュウブ鳥取砂丘こどもの国」へ訪問した時の体験談をご紹介しました。

鳥取で遊びたい・こどもの国へ行きたいと思っている方は、本記事を参考にしてみて下さい。

© 2022 mogblog - family challenge - Powered by AFFINGER5