旅行

鳥取砂丘、家族旅行体験ブログ。小学生と一緒に訪問、現地の様子・滞在時間をご紹介

【 本記事のターゲット 】

  1. 家族旅行で鳥取砂丘に行ってみたい
  2. 鳥取砂丘ではどのくらいの滞在時間なのか、実際に家族で鳥取砂丘へ行った人の体験談を知りたい

今回は国内の砂丘で有名な鳥取砂丘に関して、家族で旅行・訪問した時の体験談をご紹介します。

2022年5月3日というGW期間中に家族で鳥取砂丘に車で訪問してきました。

GW期間中ということもあり、非常に多くの人で賑わっていましたよ。

mog自身は過去鳥取に住んでいたこともあり、10回近く訪問しているのですが、家族で旅行として鳥取砂丘に来るのは初めてだったため、とても新鮮でいろいろ楽しむことが出来ました。

ただ、鳥取砂丘に行ったことがないという人にとっては、現地がどんな様子なのか分からないかと思いますので、今回家族旅行で鳥取砂丘に訪問してきた様子を写真付きで詳しくご紹介します。

これから鳥取砂丘へ訪問予定・旅行で行ってみたいと考えている方は、本記事を参考にしてみて下さい。

鳥取砂丘へ家族日帰り旅行体験ブログ。車で訪問、砂丘での楽しみ方・レストランなどまとめてご紹介

2022年5月3日、ゴールデンティーク期間中に車で訪問

先ほども記載しましたが、2022年5月3日というゴールデンウィーク期間中に車で鳥取砂丘へ訪問しました。

2022年のゴールデンティークといえば、3年ぶりに行動制限がかかっていない長期休暇となっていて、多くの人出で賑わったとニュースにもなったくらい。

当然鳥取砂丘にも多数の観光客が押し寄せてきて...

結果、車の大渋滞が発生(汗)

ただ、mog家は事前にどこに車を止めればよいのか事前下調べをしていたので、上記渋滞に巻き込まれることなく、すんなり駐車することが出来ました。

この件に関しては、下記別記事にて詳しく記載しておりますので、気になる方はあわせて見てみて下さい。

砂丘センター駐車場からリフトで鳥取砂丘へ移動

砂丘センターの駐車場に車をとめて、少し歩くと下記リフト乗り場が見えてきます。

このリフトですが、下記MAPの通り砂丘センターと鳥取砂丘を繋いでいる観光リフトになります。

有料にはなりますが、家族旅行の記念にもなるかなと思ったので、全員で乗って砂丘を目指しました。

リフトに関しても下記別記事にて詳しく記載しておりますので、よければあわせて見てみて下さい。

リフトを降りると目の前が砂丘、時期的に裸足で歩いて移動することに

リフトを降りると、目の前は砂一面、鳥取砂丘に到着となります。

最初は上記の通り靴を履いて歩いていたのですが、砂が靴の中に入って歩きにくいということで...

速攻で裸足になって鳥取砂丘を走り回っていました。

ただ、季節によっては裸足だとやけどする恐れがあるので、下記記事でもご紹介しておりますが注意するようにしましょう。

有料でらくだとの記念撮影・らくだ乗りが楽しめる

鳥取砂丘に入って左手を確認すると、なにやら人の行列が...

鳥取砂丘ではラクダに乗ったり記念撮影することも可能となっていました。もちろん有料になりますが...

この日はなんと2時間待ちという大行列が出来ていましたよ。詳しくは下記別記事にてご紹介しておりますので、良ければ見てみて下さい。

まっすぐ進んでいくと、鳥取砂丘名所の「馬の背」が。ダッシュで上まで登る

鳥取砂丘をまっすぐ進んでいくと、鳥取砂丘の名所となっている「馬の背」が見えてきます。

上記のような急な砂坂・砂の丘になります。第二砂丘列という部分になりますが、通称「馬の背」と呼ぶんですよ。

こちら最大傾斜角度が32度となっていて、目の前で見るとまるで砂の絶壁に見えます。

その砂の絶壁に果敢に攻めるmog家の息子と娘...mogと妻もこの坂を登ったのですが、めちゃくちゃきつい(汗)

詳しくは下記別記事にてご紹介しておりますので、馬の背に興味がある方はあわせて見てみて下さい。

馬の背のてっぺんに到着、日本海が見えて綺麗

必死の思いで馬の背のてっぺんに到着。

いやぁ、良い景色です。日本海が見えますね。

上から登ってきた箇所をみると本当に絶壁...

日本海側へ向けて、パラグライダーを楽しんでいる人もいらっしゃいましたよ。

せっかくなので日本海へ少し入って磯遊びをしてみることに

せっかくなので、日本海の海岸沿いまで歩いて向かってみることに。

上記の通り多くの家族連れで賑わっていました。

こちらは遊泳は禁止となっていますが、上記の通り地面は砂でさらさら・綺麗ですし、海の水も透き通っていてめちゃくちゃ綺麗。

ちょっとした磯遊びとしても遊ぶことが可能です。下記別記事に詳しく記載しておりますので、良ければ見てみて下さい。

鳥取砂丘に入ってから出るまでの滞在時間は2時間

砂丘と日本海を堪能したので、そろそろ戻ろうかと再度日本海側から馬の背のてっぺんまで登り...

こんどはダッシュで上から下まで降りてくる息子と娘。最初降りるのは怖いと言ってた娘ですが、やってみるとかなり面白かった模様。

ちなみに、この坂の部分にてソリを持ち込んで楽しんでいる人も発見。ソリ滑りに関しては下記別記事にてご紹介しておりますので、気になる方は見てみてください。

ということで、滞在時間としては2時間ほどでしたが、家族でたっぷり鳥取砂丘を堪能することが出来ましたよ。

おそらく多くの人が1時間・2時間程度の滞在時間になるかと。

砂丘会館のレストランを利用、生サーモン丼・イカ丼・牛骨ラーメン注文

気がつけば12時過ぎということで、砂丘会館という鳥取砂丘の目の前にある施設の中のレストランで、お昼を食べてみることに。

日本海・山陰ということで、やはりメインは海鮮丼系。

レストランで利用できるメニュー等は下記記事にてまとめていますので、良ければ参考にしてみて下さい。

帰りのリフトへ乗車、砂丘センターで梨アイスクリームを食べる

お腹もいっぱいになったところで、そろそろ帰ろうかと帰りのリフトを利用して駐車場・砂丘センターまで戻ることに。

帰りのリフトのみ、上記の通り写真撮影スポットがあり、後で有料にはなりますが写真を購入することが可能です。

砂丘センターへ到着後、せっかくなので名物「梨ソフトクリーム」を食べてみることに。

実際に食べてみると、本当に梨の味がしてとっても美味しかったですよ。

息子はかき氷が良いということで、300円で下記梨かき氷を購入していました。

その後、下記別記事でもご紹介しておりますが、チュウブ鳥取砂丘こどもの国へ訪問して、午後目一杯遊んで鳥取砂丘・こどもの国の日帰り旅行を満喫してきました。

  • チュウブ鳥取砂丘こどもの国(作成中)

最後に

今回は日帰り旅行として家族で鳥取砂丘へ訪問した時の様子をご紹介しました。

同じように鳥取砂丘へ旅行として訪問したいと考えている方は、本記事を参考にして頂ければと思います。

© 2022 mogblog - family challenge - Powered by AFFINGER5