公園・遊園地・水族館

鳥取砂丘でソリの持ち込み&ソリ滑りは可能?現地訪問・調査ブログ

【 本記事のターゲット 】

  1. 鳥取砂丘へ子供と訪問予定
  2. ソリを持参していきたい。持ち込み可否や現地で利用している人がいるかどうか知りたい

今回は国内の砂丘で有名な鳥取砂丘に関して、馬の背という急な砂坂でソリが利用出来るのかどうか?現地体験を元にご紹介します。

先日2022年5月3日というGW期間中に家族で鳥取砂丘に車で訪問してきました。

GW期間中ということもあり、非常に多くの人で賑わっていましたよ。

今回訪問時では天候も非常によく、鳥取砂丘の砂もさらっさら。特にあぶないものもなさそうだったので子供たちは最初から裸足で砂丘を走り回っていました。

で、mog自身が鳥取砂丘に行ったら子供たちと必ずやろうと決めていたのが「馬の背」を登ることと駆け下りです。

今回訪問時に馬の背にいって子供たちといろいろ遊んでいたのですが、その中で他家族が「ソリ」を使っていたんですよね。

そこでふと「鳥取砂丘ってソリ持ち込みってOKなのかな?」と思ったので、現地様子とともに詳しくご紹介します。

これから鳥取砂丘へ子供と一緒に訪問予定・ソリを持ち込みたいと思っている方は、本記事を参考にしてみて下さい。

また、他の鳥取砂丘情報を下記別記事にてまとめていますので、気になる項目あればあわせて見てみて下さい。

鳥取砂丘ではソリ持ち込み可能。利用出来るのは馬の背の東側(海側ではない方)

鳥取砂丘には馬の背(第二砂丘列)と呼ばれる急な砂坂がある

まず鳥取砂丘でソリが出来ると言われてる馬の背を改めてご紹介します。

下記鳥取砂丘の全体MAPになりますが、赤い線が三本入っているのが分かるかと。

この赤い線が「砂丘列」と言われていて、その第二砂丘列が鳥取砂丘の観光名所にもなっている「馬の背」と呼ばれるポイントになります。

実際の写真が下記。

鳥取砂丘に入って日本海側へ進んでいくと必ず見えてくる観光名所ですね。

鳥取砂丘へ行ったことがある人は、かならずここを見たり散策したりして楽しんでいるかと。

馬の背で数組ソリを持ち込んで遊んでいる家族を発見。そこそこ滑る

今回2022年5月3日に家族で鳥取砂丘にいったのですが、非常に多くの人で賑わっていて、多くの家族がこの馬の背を登ったり駆け下りたりして遊んでいました。

mog家も子供たちと下から上まで登ったりダッシュで駆け下ったりして遊んでいたのですが、他家族でソリを使っている人を数組見かけました。

馬の背の急登をソリをもって上まであがるお父さんと思われる人物...なかなか大変そうです。

そして、馬の背で傾斜があるポイントを選んで、ソリに乗って滑り出します。

ちなみに、馬の背の傾斜は32度と言われており、馬の背の下から見ると本当に絶壁に見えるくらい角度が急になっています。

ソリもそこそこのスピードで滑っています。

上記の通り、一番下までソリで滑り降りていました。

今回ダンボール等を持ってきている人はいませんでしたが、ソリと芝滑り・滑り台でよく利用するお尻敷きを持ってきている人が数組いらっしゃいました。

公式HPでもソリ・ダンボール持ち込み可と記載。馬の背の東側のみ利用可

ということで、普通にソリを利用している人が複数組いたので、問題なく利用できるんじゃないかと思ってはいたのですが、せっかくなので公式HPにて調査してみました。

すると、下記のようなコメントが記載されていました。

Q:鳥取砂丘でソリがしたいです。

A:砂丘内でのソリの使用に規制はありませんが、いくつか注意事項がございます。

  • 馬の背の東側でのみ滑走可能
  • サンドボード体験者がいる場合には注意して行う
  • ソリ、ダンボールは持ち帰る

出典:鳥取砂丘の総合案内・観光ガイド

ということで、鳥取砂丘でソリがしたいという方は家から持参していただき、馬の背の東側(先ほど写真で撮影した日本海側ではない方向)で砂ソリ滑りを楽しみましょう。

最後に

今回は鳥取砂丘でのソリ滑りに関して、現地訪問体験を元に詳しくご紹介しました。

鳥取砂丘でソリ滑りがしたいという方は、本記事を参考にしてみて下さい。

© 2022 mogblog - family challenge - Powered by AFFINGER5