食べ物

鳥取砂丘のレストラン土日祝日混雑状況・待ち時間。数分で入店可・海鮮丼が人気

【 本記事のターゲット 】

  1. 鳥取砂丘へ訪問予定
  2. 鳥取砂丘に隣接しているレストランで食事したい
  3. 土日祝日やゴールデンウィークなど、混雑時期のレストラン待ち時間を知っておきたい

今回は国内の砂丘で有名な鳥取砂丘に関して、土日祝日・GW期間中のレストラン混雑状況をご紹介します。

先日2022年5月3日というGW期間中に家族で鳥取砂丘に車で訪問してきました。

GW期間中ということもあり、非常に多くの人で賑わっていましたよ。

今回訪問時では天候も非常によく、鳥取砂丘の砂もさらっさら。特にあぶないものもなさそうだったので子供たちは最初から裸足で砂丘を走り回っていました。

目一杯走り回ったら...そう、お腹がすきますよね。

今回mog家では鳥取砂丘に隣接しているレストランを利用させていただき、海鮮丼などを食べたのですが、GWということもあり利用する人もかなり多かったです。

実際にレストランの混雑状況や待ち時間、あとどのようなメニューが提供されているのか、現地写真と共に詳しくご紹介します。

これから鳥取砂丘へ訪問予定・レストランを利用予定という方は、本記事を参考にしてみて下さい。

また、他の鳥取砂丘情報を下記別記事にてまとめていますので、気になる項目あればあわせて見てみて下さい。

鳥取砂丘の砂丘会館・砂丘センターレストラン利用体験ブログ。土日祝日・GW混雑状況、海鮮丼が人気

ゴールデンウィークという大混雑時期に鳥取砂丘へ訪問

先ほども記載しましたが、2022年5月3日のゴールデンウィーク&快晴という絶好のコンディション&大混雑時期に鳥取砂丘へ訪問してきました。

いやぁ、すごい人でしたよ。駐車場も砂丘前は満車で大渋滞になっていたほどなので...

けど、さすがは鳥取砂丘。めちゃくちゃ広いので、砂丘に入ってしまったら混雑しているとはそんなに感じなかったです。

上記の通り、初めてみる・体験する砂丘に子供たちは大興奮。まだGWということで砂もそんなに熱くなかったので、裸足で走り回ってました。

そしてかの有名な砂丘の坂「馬の背」に向かって直進して駆け上げる子供たち。いやぁ、元気ですね(苦笑)

これだけ走り回ると...そう、お腹が空いてきますよね。当初鳥取砂丘でご飯を食べるつもりはなかったのですが、折角なので近くのレストランで食事を取ることに。

けど...GWという大混雑時期、そんなにすんなりレストランに入れるのかな...少々不安が残ります。

鳥取砂丘&駐車場に隣接しているレストランは2箇所ある

ここで鳥取砂丘・駐車場に隣接しているレストランをご紹介。他にもいろいろあるのですが、大きく分けると2店舗となります。

上記鳥取砂丘のMAPになりますが、「P」と記載されているのが無料駐車場になります。2箇所ありますよね。

それぞれの駐車場に「砂丘会館」と「砂丘センター」という建物が隣接しているのですが、その中にレストランがあります。名物にもなっている海鮮丼も注文出来ますよ。

ちなみに地元の方などで有名はお店として、近くに「鯛喜」という海鮮丼で有名なお店もあるのですが...

GWなどの混雑時期は持ち帰り容器での販売&限定メニューということで、今回は調査対象外とさせて頂きます。

平日や通常の土日等であれば、こちらのお店もお勧めになりますので是非検討してみて下さい。

砂丘会館レストラン混雑状況。昼時は10組程度の待ちが発生、数分で入店可

ではまず砂丘会館のレストランからご紹介。

mog家は今回こちらのレストランを利用しました。訪問したのは12時過ぎといかにも混雑しそうな時間帯...それもGWの期間中ですからね。

上記が砂丘会館ですが、既に屋台として外で営業しているやきそば屋さんやかき氷屋さんで大行列が出来ていました(苦笑)

砂丘会館の左側に「レストラン砂丘会館」があるのですが...

やっぱり、多くの人で列を作っていました。どれだけ並んでいるのか...

上記の通り、外まで人の列が出来ていました。組数にすると10〜15組くらいかな。30人くらい並んでいたような気がします。

結構並ぶのかな...けど砂丘センターのレストランまで戻って並んでいてもいやだなと思って、ここで少し並んでいたのですが...

あれ?思った以上に人が進む...

なんと、たった6分で入店することが出来ました。思った以上に店内が広いのかな。席へはスタッフが案内してくれます。

ということで、2022年5月3日といえば、ラクダ遊覧でも2時間待ちという驚異の人出を記録した日の昼時訪問だったのですが、それでもすんなり入れましたので...

おそらく他の土日・平日などではほとんど並ぶことはないんじゃないかと思います。

レストラン砂丘会館メニュー一覧。海鮮丼が人気、日によって具材は変わる。

ではレストラン砂丘会館のメニューをご紹介。2022年5月時点の情報となります。

  • 鳥取和牛(120g)ステーキ重:2650円
  • 贅沢8種 海鮮丼:2400円
  • 生サーモン丼:1800円

  • ざるうどん or ざるそば:700円
  • おまかせ6種 刺身定食:2000円
  • 鳥取産 白いか丼:1700円

ちなみにですが、海鮮丼と刺身定食は日によって具材が変わるらしく...

入り口にて上記の通り本日の具材が記載されていました。

  • 大山ハーブ鶏 唐揚げ定食:1300円
  • 鳥取和牛カレー:950円
  • 海老フライ丼:1550円
  • 鳥取牛骨ラーメン:800円
  • 鳥取和牛肉うどん:950円
  • かき揚げうどん:850円
  • かき揚げそば:850円
  • かけうどん or かけそば:700円

その他、単品メニューやアルコール飲料・ソフトドリンクは上記の通り。

ちなみにお店の中では上記の通りお水・お茶はセルフで利用できるシステムになっていました。

あとはお子様メニューも用意されていましたよ。お子様用の椅子も用意されていたので、小さいお子さんでも安心ですね。

各種大盛り注文可能。食券売場で注文してスタッフへ席番号と共に伝える

あとこちらのレストランでは各種大盛りが注文可能となっていました。

  • 丼ぶり・定食ごはん大盛り:+100円
  • 麺大盛り:+200円

注文メニューが決まったら、下記食券売場でチケットを購入します。

今回mog家が注文したのはサーモン丼×2・イカ丼・牛骨ラーメンになります。

小学3年生の娘以外は全員大盛り注文(苦笑)

こちらのチケットをスタッフに渡して、さらに各テーブルにある番号を伝えておきます。

上記のような番号が各テーブルに置かれていますので、覚えておきましょう。じゃないと、料理を席まで運んでもらえませんので...

生サーモン丼、白イカ丼、牛骨ラーメン食レポ。まぁまぁ美味しい

注文後しばらくすると、料理がぞくぞくと運ばれてきます。

まずは息子が注文した生サーモン丼の大盛り。いくらも乗っていて豪華ですね。

子供が若干嫌がったのは「わさび」。お店の人への注文としては、今後是非別皿を検討していただきたい(苦笑)

次に娘が注文した生サーモン丼の普通盛り。器がどうやら違うみたい...

次にイカ丼の大盛り。こちらもいくらが乗っていて、わさびではなくしょうがが乗っていました。

最後に牛骨ラーメン大盛り。

スープが透き通っています。麺大盛りにしたので麺が山盛り....

ということで、家族全員で頂きます。いやぁ、本当にお腹一杯になった。

こちらのレストランの大盛り自体はそんな大したことない量なのですが、元々あまり食べない娘が半分以上サーモン丼を残したので、それをわけわけしていたらお腹いっぱいに。

味は...まぁまぁ美味しかったですね。妻と子供たち曰く、イカよりサーモンが美味しかったとのこと。イカ丼は妻曰く微妙だったようです。

mogが注文した牛骨ラーメンもさっぱりしていて美味しかったのですが、具材より麺が本当に多く...麺でお腹が膨れたという感じ。

砂丘センターレストラン混雑状況。満席にはなっていないが食券売場が大混雑

今回は利用自体していないのですが、近くの駐車場に車をとめていたので、折角なので砂丘センターにあるレストラン混雑状況をご紹介します。

上記の通り、「砂丘センター見晴らしの丘」という建物があり、その中にレストランが用意されています。

今回訪問したのが13時30分と昼時を少し過ぎた時間帯だったのですが...

おぉ、結構並んでいる。

砂丘会館と同じく、砂丘センターのレストランも外まで列が出来ていました。同じく10組前後かと...しかし、列はそこそこスムーズに動いている模様。

なんでスムーズに動いているんだろうとレストランの中を見てみると...あれ?ガラガラのような気が...

どうやら席で混んでいるのではなく、食券売り場(自動発券機)が1つしかなく、メニューで迷っている間に食券購入待ちで列が出来てしまっているようです。

なので、砂丘会館と同じく数分並べば入店できるような混雑状況でした。

砂丘センターレストランメニュー一覧

では砂丘センターのレストランメニュー一覧も見ておきましょう。

上記のようなメニューが並んでおり、下記食券販売機で購入するシステムになっていました。

紙幣は1000円・2000円札しか使えないようなので、予め両替しておきましょう。

メニューを箇条書きで書き出すと下記の通り。2022年5月時点の情報となります。

  • 砂丘海鮮丼:1800円
  • あさり飯定食:900円
  • いかとろろ定食:1600円
  • かに定食:2500円
  • ちょっぴり大きな海老フライ定食:1100円
  • カニコロッケ定食:900円
  • とんかつ定食:1000円
  • からあげ定食:1000円
  • カツライス:1100円
  • 大山鶏カレー:700円
  • カツカレー:900円
  • キッズプレート:900円
  • ライス:260円
  • 味噌汁:110円
  • 砂丘らっきょう:300円
  • 砂丘旨乗せ牛骨ちゃんぽん:1000円
  • 鳥取牛骨ラーメン:750円
  • きつねうどん or きつねそば:550円
  • 肉うどん or 肉そば:750円
  • やまかけうどん or やまかけそば:750円
  • 大山鶏丼:900円
  • カニ玉丼:900円
  • カツ丼:900円
  • いか刺し:850円
  • 甘海老刺身:600円

その他、アルコール飲料・デザートなどが販売されていました。

海鮮丼はこちらのほうが安いので、こちらで食べても良かったかも...ただサーモン丼・イカ丼などはこちらにはなかったですね。

最後に

今回は鳥取砂丘に隣接しているレストランの土日祝日混雑状況・各種メニューをご紹介しました。

ゴールデンウィーク期間中でもそこまで並ぶことなく利用出来ましたので、通常の土日等であればそんなに心配しなくて良いかと。

これから鳥取砂丘へ訪問予定という方は、本記事を参考にしてみて下さい。

© 2022 mogblog - family challenge - Powered by AFFINGER5