公園・遊園地・水族館

那須ハイランドパークはお弁当持込可能?レジャーシートは必要?昼食可能エリアレポ

2019年7月2日

【 本記事のターゲット 】

  1. 那須ハイランドパークに遊びに行く予定
  2. お弁当など飲食持ち込みは可能か?お昼を食べるエリアやレジャーシートなどが必要なのかどうかを知りたい

今回は栃木県那須高原にある那須ハイランドパークに関して、お弁当など飲食持ち込み可能かどうか、昼食ができるエリアはどんな感じなのかをご紹介してみたいと思います。

先日2019年6月の土日にて、家族で栃木県の那須高原へ家族旅行に行ってきました♪

泊まりでの訪問となり、那須ハイランドパークのオフィシャルホテル「TOWAピュアコテージ」に宿泊しての二日間那須ハイを楽しんで来ました。

施設詳細は下記となりますが...

二日目の朝食バイキングでたんまりご飯を食べてしまい...実際には飲み物しか持ち込んではいないのですが...

mog家がいつも遊園地に来た時にチェックするポイントとして

  • 飲み物などのペットボトルは持ち込みOKなのか?
  • お弁当などを持ち込んで園内で食べる事ができるのか?
  • 昼食スペースはどんな感じか?レジャーシートやサンシェードなどの持ち込みは必要か?

といった部分。

この部分に関しては遊園地によって様々で...全くもって全部OKというところもあれば、ペットボトルの持ち込みすら制限されている遊園地もあり...

じゃあ那須ハイランドパークはどうなのか?という部分を現地訪問を元に詳しくご紹介してみたいと思います。

これから那須ハイランドパークへ訪問&お弁当持ち込みを検討されている方は、是非本記事を参考にしてみて下さいね。

那須ハイランドパークへの飲食持込可否&昼食可能エリア現地レポ

那須ハイランドパーク内へのお弁当持込はOK、飲食はレストラン内以外の場所で

ではまず那須ハイランドパーク内への持ち込みに関してですが、この部分は公式HPにて下記記述がしっかり明記されています。

Q:園内にお弁当は持ち込めますか?

A:はい。ただし、レストラン内には持ち込み出来ませんので、園内ベンチ等をご利用ください。

という事で、お弁当の持ち込みはOKです。

飲食、飲み物に関する記載はなかったですが...園内には多数の自動販売機もありましたし、ペットボトル系の飲み物持ち込みも問題ないと思いますよ♪

mog家は子供用の水筒などを持ち込んで遊園地内を楽しみました♪

では園内のどこでお弁当を食べれば良いのだろうか...レストラン内はダメという事なので、レストラン外に座れる場所があるのかどうか、実際に現地情報を元にご紹介していきます。

ちなみに、最初に記載してしまいますが、レジャーシートやサンシェードは持ち込み不要です。芝生広場などのスペースはなく、持ち込んでも利用する場所がありませんので...

以前別遊園地に行った時に、レジャーシート持ち込んで一度も使わないままずっと持ち歩いたという苦い記憶がmogにはあるので...不要なものはできるだけ持ってこないようにしましょう。

手荷物を少なくする事も、遊園地を快適に楽しむためのポイントになりますので...

屋根付き昼食可能エリアその1:フードコート屋外エリア

ではまず屋根付きの昼食可能エリアからご紹介していきましょう。

那須ハイランドパーク内で多分もっとも目立つ位置にあるのが下記フードコート♪

上記の通り、大きな屋根が付いているので仮に雨が降ったり日差しが強い日でも影で食べる事が出来そうですね。

ただ、こちら右側にフードコートのお店があります。

以前mog家も利用させていただいた事があり、屋内スペースにもかなり広いエリアがあるのですが...それでも混雑時は満席になってしまう事があります。

そうなった場合、外に人が流れてくる事があるので、もし仮に屋外エリアのスペースも満席に近いようでしたらフードコート利用者を優先させた方が良いですね。

とはいえ、mog自身過去4回那須ハイランドパークへ訪問していますが、この屋外エリアが全て満席になっているというのはあまり見た事がありません。

フードコートで注文までに30分以上並んだことはありますが...苦笑。

上記、誰も居ない時に写真を撮ってみました。

円状の机に椅子が置いてある感じですね。このスペースが問題なく空いているという状況であれば、ここでお弁当を快適に食べるということが出来そうですね♪

ちなみに、今回訪問した6月上旬の日曜日、雨も降っておらず晴れ(くもり?)という状況での訪問になりましたが、屋外エリアはガラガラでしたよ♪

屋根付き昼食可能エリアその2:ぐるり森のテラス席エリア

では次の屋根付き昼食エリアですが、先ほどのエリアと近い場所にあり、さらに穴場的にあんまり人目につかない場所にあるのでもしかしたらおすすめかも...

場所としては、アトラクションに「ぐるりの森」という動物園&ファンカヤック近くの建物があるのですが、その出口付近に下記の通りテラス席が用意されていました。

上記のような感じ。屋根が付いているので日差しが強い時でも大丈夫そうですよね。

そして、あんまり知られていないせいか昼過ぎでも人がほとんどいなかったですよ♪

ここは近くにお店がないので、空いていれば自由に使って良いかと。

屋根付き昼食可能エリアその3:トロピカーナの屋外エリア

次にトロピカーナといったレストランにある席をご紹介。

こちらも先ほどのフードコートと同じで、店の中への持ち込みはダメですが...店の外に設置されている机や椅子であれば利用出来そうですよね。

実際の現地の様子は上記のような感じ。屋根がある部分は...混雑時以外であれば利用しても良いかと。

けどここの屋外エリアは屋根付きスペースあまりないので、夏場で日差しが強い時などはちょっとしんどいかも...

屋根付き昼食可能エリアその4:ギャラクシーカフェ屋外エリア

次にギャラクシーカフェ付近の屋根付きエリア。

こちらもメインはギャラクシーカフェ利用者が使う部分になるので、混雑 or 満席時はちょっと利用を控えた方が良いかもですが...

上記の通り屋根が付いているので、スペースが空いている状況であればこちらでお弁当を食べることが出来そうです。

ちなみに、mog家が訪問した時は上記の通りほとんど座っている人は居ませんでしたよ。

屋根付き昼食可能エリアその5:アメリカンフーズ屋外エリア

次にこちらはコースターエリア付近になってくるのですが、アメリカンな場所に下記のような屋根付きスペースが用意されていました。

こちらはアメリカンフーズというレストランが中にあるのですが、そのテラス席として屋外に設置されているエリアとなります。

上記の通り屋根が付いていて、混雑時以外であればこちらも昼食エリアとして利用出来そうですね。

屋根無し昼食可能エリアその1:アメリカン・コースターエリアの通路

けどやっぱり店を利用している人の目線が痛い...気兼ねなく食べたいという方も多いですよね。mog自身も変に気を使うほうなので...

ということで、ここからは屋根無しとなりますが、お店等が連動していないエリアをご紹介。

まずはアメリカンエリアから。

上記の通り、普通に通路状にたくさんの机と椅子が設置されていましたよ。

ただ日陰やパラソルなどもないので...日傘とかがあれば良いかも。

屋根無し昼食可能エリアその2:ギャラクシーカフェ外&スペースショット付近エリア

次に先ほど紹介したギャラクシーカフェの外、スペースショットの横にある広いスペースになります。

広さの割に机と椅子が少なくてちょっと寂しい感じもしますが...ここであれば人が全くいないので、気兼ねなくお弁当を広げて食べる事ができると思いますよ♪

屋根無し昼食可能エリアその3:パラボ!付近の休憩エリア

次に遊園地アトラクション周辺にある休憩エリアを活用する方法です。

まずは下記パラボ!アトラクションの周辺。

上記の通り、多数の机と椅子が並んでいましたよ。

アトラクションの中心部分にあるので、お昼食べながら休憩としても利用出来そうですね。

屋根無し昼食可能エリアその4:メリーゴーランド周辺にある休憩エリア

次にメリーゴーランド周辺にある休憩スペース。

ここはそんなに席数は多くなかったですが...子供達をメリーゴーランドに乗せて外から休憩がてらに見るという事も出来そうです。

もちろんお弁当を食べてもOKですよ♪

屋根無し昼食可能エリアその5:じゃぶじゃぶ池周辺エリア(日陰有り)

次にファンタジーランド前にあるじゃぶじゃぶ池周辺にある机&椅子コーナー。

こちら、大きな木があるので上記の通り日陰になる箇所もありました♪

ただ席数が3式くらいしかないので、じゃぶじゃぶ池で遊んでいる子供を見て休憩している人など、席が満席になっている可能性が高いですが...

席が確保できれば、この場所で日陰の状態でお弁当を食べる事が出来そうですね。

屋根無し昼食可能エリアその6:リバーアドベンチャーへ向かう通路途中

通路途中にも多数の休憩スペースがあります。

入園してからリバーアドベンチャーへ向かう途中の通路が下記なのですが...

一定間隔を置いて、テーブル&椅子の4人席が並べられていますよね。

あとはリバーアドベンチャー手前の川付近。

上記の通り、自由に使えるテラス席も用意されていました。

こちらも先ほどのじゃぶじゃぶ池同様に、一部木で日陰になっているので涼しい状態でお弁当を食べる事が出来そうですね。

あとは園内通路に上記のような長椅子も多数設置されていたので...

とにかく席を確保する&座るだけであれば、混雑時でも問題なく利用できると思いますよ♪

TIPS:遊園地内にある自動販売機の価格、ゴミ箱も完備

最後にTIPSとなりますが...お弁当持ってきたけど飲み物が足らなくなってしまった...

そんな方は園内にある自動販売機を利用しましょう。値段は下記のような感じ。

まぁ遊園地なので多少高めの設定になっていますが、500mlのペットボトルであれば200円で購入する事が出来ますよ。

そして園内には下記の通りゴミ箱も多数完備されていました。

もちろんゴミを持ち込んで捨てるなんで事はダメですが...

空のペットボトルや多少のお弁当のゴミであれば、園内のゴミ箱を利用する事が可能ですよ♪

最後に

今回は那須ハイランドパークでの飲食持ち込み可否&お弁当を食べる事ができる場所を詳しくご紹介しました。

持ち込みはOK・園内には多数の休憩施設がありますので、お弁当を持ち込んで食べる事は問題なく出来ますよ♪

これから那須ハイランドパークへ訪問予定&お弁当を持参していきたいという方は、本記事を参考にしてみて下さいね。

-公園・遊園地・水族館

Copyright© mogblog - family challenge - , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.