mog TIPS

トリマ招待コードの利用回数上限は?招待側は最大10回まで・利用側は無制限

【 本記事のターゲット 】

  1. スマホでお小遣いを稼ぎたい、ポイ活に興味がある
  2. 移動するだけでマイルが貰える「トリマ」を利用している
  3. 招待コードを使ってマイルを貯めたい。招待コードの利用回数上限を知りたい

今回はポイ活として有名なスマホアプリ「トリマ」に関して、他人に使ってもらうと5000マイル取得できる招待コードの利用回数に関してご紹介します。

最近ポイ活という言葉をよく耳にするようになってきました。

ポイント活動の略語となっていて、様々なデータをスマホアプリ経由でお金に変換する事が可能です。

今回ご紹介する「トリマ」というのは、地図を作る為に多くの人の行動履歴のデータをスマホアプリ経由で集めて、それに協力してくれた人に対して、マイル(100マイル=1円程度)を付与するというもの。

主に徒歩と電車などの移動時にマイルが貯まっていくのですが、まだトリマを使っていない人に対して、招待コードを送付して使ってもらうと5000マイルゲットできるという仕様が備わっています。

5000マイルを貯めようとすると、そこそこ徒歩・移動をする必要があるので、この招待コードは上手に使っておきたい所。けど、利用回数など上限は設けられているのだろうか...

ということで、本記事ではトリマの招待コード上限利用回数に関して、実体験を元に詳しくご紹介します。

トリマの招待コードを使いたい・上限回数を知りたいという方は、本記事を参考にしてみて下さい。

ちなみに、下記別記事にて新幹線・飛行機でのトリマ利用可否やWiFiのみで利用可能かどうか、1日のタンク利用上限回数などをまとめていますので、気になる人はあわせて見て下さいね。

トリマ招待コードを他の人に送付する手順&利用上限回数。招待側は上限10回、利用者側は無制限

移動するだけでマイルがどんどん貯まっていくポイ活アプリ「トリマ」

簡単にトリマに関して説明しておくと、iPhoneやAndroidスマホなどで無料でインストールできるポイ活アプリとなります。

上記の通り、ストア経由でアプリインストールが可能です。まだインストールされていない方、よければ下記招待コードを使ってインストール・設定してみて下さい。

初回設定時に利用していただくと、5000マイルが皆さんに付与されると同時に、mog自身にもマイルが付与されますので、ご協力いただけると嬉しいです。

  • インストール先URL(ページ内のApp Store かGoogle Play をタップして下さい):https://mapfan.to/trip-mile
  • 招待コード:9Pm5DkVYN

アプリインストール後の利用規約同意後に招待コード入力画面が表示されますので、招待コード欄に入力すれば設定完了・5000マイルゲットです♪

さて、アプリ自体は下記のような感じ。

主に

  • 移動(電車・車など)
  • 徒歩

どちらかの移動手段によって、位置情報を使って移動した距離等によってマイルが日々換算されるというものになります。

事前に広告を見ておくことで、貯まるスピードを2倍・3倍にしたり、マイルへの交換に必要なタンク(移動)や歩数(徒歩)の上限を解除したりして、マイルを貯めやすくする仕組みなども備わっています。

ゲーム感覚で楽しめますので、日々の楽しみとしてもGoodですよ♪

貯まったマイルはAmazonギフト券や商品と交換する事が可能

日々電車や車・徒歩などで貯めたマイルですが、様々な商品に交換する事が可能です。

例えば下記の通り。

Amazonギフト券やiTunesギフトコードへ交換することが出来ます。

あとは...

コンビニの各商品と交換する事も可能ですよ。

100マイル=1円相当の価値となりますので、そんなにいうほど儲けれないですが...日々積み重ねていけば、これらの商品と交換可能となります。

招待コード確認方法&送付手順。トリマを使ってない人が使うと5000マイルゲット

そんなトリマですが、まだトリマを使ったことがない人に対して、ご自身の招待コードを元にアプリをインストール&起動してもらうと、招待する側・招待される側共に「5000マイル」をゲットすることが出来るんですよ。

招待する側は、招待した人の人数分5000マイルがゲットでき、初めて利用・起動する人も最初から5000マイルある状態でスタートできるという、とてもお得なシステムとなっています。

では実施にどうやって使うのか。下記はトリマのアプリTOPページになりますが、右下のマイページをタップします。

すると、下記の通りマイページが表示されます。

少しスクロールしてみると...

上記の通り、英語・数字で記載されたコードが表示されます。

招待コードのシェアをタップすると、LINEなど様々な方法でシェアすることが可能ですよ。単純に招待コードをコピーして、mogみたいにブログの中に掲載して使ってもらうといった方法もOKです。

ちなみに、初回アプリ起動時に必ず上記画面が表示されるステップがあります。

ここに、先ほど確認した英数字の文字列を入力すると、その後認証完了後(各種アカウント)に初回利用者に対して5000マイルが付与されますよ。

招待コードの報酬は最大10回・50000マイルが上限。利用者側は無制限

では招待した方はどうなるのか。

当日は特に反応はないのですが、翌日トリマアプリを起動すると、下記画面が表示されます。

上記画面が表示されると、ご自身のマイルに 5000マイル × 招待人数分が加算されているはずです。

マイルの詳細を見ると、上記の通り「招待コード + 5000」という表記が入っているはずです。

ちなみに、先ほどの「あなたの招待コードが利用されました」という画面下に表示されていましたが、

  • 招待コードの報酬は最大10回まで獲得できます

ということですので、無限に何度も招待コードを利用して報酬を得ることは出来ない仕組みになっています。最大で10回・50000マイルまで。

ちなみに、利用者側は何人でも同じコードを使って5000マイルゲットすることが出来ます。

11人以上招待する人がいるという方は、ご自身は50000マイルまで、招待した人それぞれは11人以上でもそれぞれ5000マイルゲットすることが可能という事になります。

最後に

今回はトリマの招待コードを他の人に使ってもらう方法と、利用回数上限に関してご紹介させて頂きました。

トリマの招待コードを使ってみたい、複数人に対して招待したいと考えている方は、本記事を参考にしてみて下さい。

© 2021 mogblog - family challenge - Powered by AFFINGER5