mog TIPS

新幹線で移動、トリマのマイルは貯まる?車内WiFi接続で利用可?検証レポ

2021年11月12日

【 本記事のターゲット 】

  1. スマホでお小遣いを稼ぎたい、ポイ活に興味がある
  2. 移動するだけでマイルが貰える「トリマ」を利用している
  3. 新幹線など高速で移動する乗り物でも、移動距離の測定が出来るのか知りたい

今回はポイ活として有名なスマホアプリ「トリマ」に関して、新幹線で移動している最中でも利用できるのか、実体験を元にご紹介します。

最近ポイ活という言葉をよく耳にするようになってきました。

ポイント活動の略語となっていて、様々なデータをスマホアプリ経由でお金に変換する事が可能です。

今回ご紹介する「トリマ」というのは、地図を作る為に多くの人の行動履歴のデータをスマホアプリ経由で集めて、それに協力してくれた人に対して、マイル(100マイル=1円程度)を付与するというもの。

通常歩きや車・電車での移動に関しては問題なく測定出来るのですが、新幹線といった高速で移動する乗り物の中では測定する事は可能なのかどうか気になる方も多いかと。

そんな方向けに、実際に品川駅=岡山駅の間を新幹線で移動した際に、iPhoneのトリマを使って利用可能なのか測定検証してみました。

新幹線でのトリマの移動距離測定は可能なのか、気になる方は本記事を参考にしてみて下さい。

ちなみに、飛行機でのトリマ移動測定に関しては、下記別記事にて詳しく解説しておりますので、気になる方はあわせて見てみて下さい。

その他、下記別記事にてトリマに関する様々な情報を記載しておりますので、気になる項目あればあわせて見てみて下さい。

新幹線での移動中、ポイ活アプリ「トリマ」では移動距離は計測される?マイルはどれだけ貯まる?検証レポート

移動するだけでマイルがどんどん貯まっていくポイ活アプリ「トリマ」

先ほどと少し繰り返しとなりますが、トリマはiPhoneやAndroidスマホなどで無料でインストールできるポイ活アプリとなります。

上記の通り、ストア経由でアプリをインストールしましょう。まだインストールされていない方、よければ下記招待コードをご利用下さい。

初回設定時に利用していただくと、5000マイルが皆さんに付与されると同時に、mog自身にもマイルが付与されますので、ご協力いただけると嬉しいです。

  • インストール先URL(ページ内のApp Store かGoogle Play をタップして下さい):https://mapfan.to/trip-mile
  • 招待コード:9Pm5DkVYN

アプリインストール後の利用規約同意後に招待コード入力画面が表示されますので、招待コード欄に入力すれば設定完了・5000マイルゲットです♪

さて、アプリ自体は下記のような感じ。

主に

  • 移動(電車・車など)
  • 徒歩

どちらかの移動手段によって、位置情報を使って移動した距離等によってマイルが日々換算されるというものになります。

事前に広告を見ておくことで、貯まるスピードを2倍・3倍にしたり、マイルへの交換に必要なタンク(移動)や歩数(徒歩)の上限を解除したりして、マイルを貯めやすくする仕組みなども備わっています。

ゲーム感覚で楽しめますので、日々の楽しみとしてもGoodですよ♪

貯まったマイルはAmazonギフト券や商品と交換する事が可能

日々電車や車・徒歩などで貯めたマイルですが、様々な商品に交換する事が可能です。

例えば下記の通り。

Amazonギフト券やiTunesギフトコードへ交換することが出来ます。

あとは...

コンビニの各商品と交換する事も可能ですよ。

100マイル=1円相当の価値となりますので、そんなにいうほど儲けれないですが...日々積み重ねていけば、これらの商品と交換可能となります。

新幹線移動中にトリマは利用可能?最近はトンネル内でも問題なく通信可能

さて、そんなトリマのアプリですが、新幹線といった高速で移動する乗り物でも計測可能なのかどうか気になる所。

ひと昔前は新幹線内だと携帯・スマホの電波が悪く、よく通信できない事があったのですが、最近だと基本新幹線内ではどんな状況でも通信する事が可能となっています。

山奥でも、トンネルの中でも、基本スマホのモバイルデータ通信が途切れる事はほぼないですね。本当に快適に利用出来るようになったあぁと感心するくらいです。

そういう事であれば、トリマも問題なく利用出来そうですよね。

TIPS:月の通信容量が制限されている場合、新幹線内の無料WiFiが利用可能

ただ、mog自身もそうなのですが、格安スマホ・格安SIMを使っている方も多いかと。

mog自身は月のデータ通信量が1GBという格安タイプの契約をしており、トリマを使ってモバイルデータ通信を行っていると、あっという間に1GBを超えてしまいます。

なので、下記別記事にてご紹介しておりますが、普段トリマを使う時はモバイルデータ通信をOFFにして、家のWiFiなどを繋いだタイミングで、マイル交換などを実施するようにしています。

ただ、これだと新幹線内はインターネットが利用出来ない状況になりますので、下記別記事に記載している通り、新幹線内で無料で提供されているインターネット・Wi-Fiを利用してみました。

快適...とは言い難い感じのサービスですが、無料ですので出来る範囲で今回トリマの検証を実施してみたいと思います。

新幹線移動中は高速でトリマの移動距離が貯まっていく。めちゃくちゃ稼げる

では実際に岡山駅から品川駅まで新幹線で移動した際、iPhoneにてトリマを起動しっぱなしにしてどれだけ移動距離・マイルが貯まるのか検証してみました。

先ほども説明した通り、mog自身月に1GBしかデータ通信出来ないプランになっていますので、新幹線車内では無料のWiFiへ接続した状態で、どれだけマイルが貯まるか実験してみました。

まずログ測定ですが...

上記の通り、岡山から品川まで途切れる事なく測定できています。

静岡あたり、あと神戸あたりで若干移動距離が換算されず、タンクがたまらない区間はありましたが、おおよそタンクを貯める事が出来ました。

タンクが貯まった後は、車内の無料WiFi経由で動画をできるだけ閲覧して、1タンクに付き100マイルへ変換できるよう頑張ってみました。

まず、新幹線での貯まる速度ですが、一番スピードが出ている285 〜 300 km / h の場合だと、1タンク満タンになって動画をみて1タンク消耗する間に、丁度プラスで1タンク貯まるような感じとなります。

うまくいけば常にタンクを消耗しながら貯めていく、新幹線移動中は常に動画を見て100マイルに換算していくという事が可能となります。

なので基本新幹線内では結構忙しいです(苦笑)。動画は30秒前後のものが多いので、スマホを定期的にタップしなければならず...

今回品川から岡山へ新幹線で移動するにあたって、常に貯まったタンクを動画を見てマイルへ変換し続けた結果、15000マイル(約150円)貯める事が出来ました。

本来は20000マイル超えそうな気がするのですが...うーん、どうしても新幹線内のWiFi環境が悪く、動画を再生するまで時間がかかったり、動画の再生自体が出来ない区間がそこそこありました。

スマホのデータ通信を多く使える人は快適にマイルを貯めれると思いますが、新幹線内のWiFiを使う場合は思った以上にストレスを感じるはずです。

とはいえ、新幹線で移動するというのは、トリマを使って一番稼げる移動手段なんじゃないかなと思います。

最後に

今回は新幹線で移動する際、トリマを使って移動距離・マイルを貯める事が出来るかどうか、どのくらいのスピードでタンクが貯まっていくのか実体験ベースでご紹介しました。

新幹線での移動中にトリマを利用したいと考えている方は、本記事を参考にしてみて下さい。

© 2021 mogblog - family challenge - Powered by AFFINGER5