公園・遊園地・水族館

ヤクルト工場見学体験レポ 子供が楽しめる施設多数&お土産もらえるよ♪

投稿日:

【 本記事のターゲット 】

  1. ヤクルトの工場見学に行ってみたい
  2. 家族・小さい子供と一緒に訪問したい
  3. 子供が遊べる施設やもらえるお土産を知っておきたい

2018年8月のお盆期間中に、岡山県和気にあるヤクルト工場見学に子供たちも含めて家族で訪問してみました。

工場見学はどんな感じなのか、子供も楽しめるのか、どんなお土産がもらえるのか...などなど...

色々気になることも多いかと思いますので、実際に訪問して体験してみた時の状況を元に詳しくご紹介します。

岡山和気ヤクルト工場見学は無料&予約手順

工場見学は無料、1時間見学。予約は電話&3ヶ月前から当日まで可能

工場見学なのでもちろん無料で利用可能です。下記が岡山和気ヤクルト工場の見学チラシ。

詳細は下記の通り。

見学自体は60分。グループでまとめて話を聞いたり工場内を見たりすることが可能です。

見学日は日曜日を除く月〜土曜日、時間帯は6つに別れて好きな時間帯(空いていれば)を選択することが出来ます。

申し込み方法は工場へ直接電話(月〜土曜日の8時から16時半の間)して、希望日と希望時間、人数などをスタッフの方に伝えて問題なければ予約完了です。

駐車場ももちろん無料、車で訪問。ご飯を食べるところはないので事前に済ませよう

予約が完了したら当日車で訪問しましょう。

場所的に車でしか基本無理だと思うので...一応JRの最寄駅からタクシーで10分で訪問可能のようですが、ほとんどの方が車でしたね...

そのままヤクルト工場の入口から入り、警備員の方が見学者一覧用紙を持っているので名前を伝えます。

すると、場内に無料で駐車できるチケットを発行してもらえますので、それをフロントガラスの見える位置に置いてそのまま場内の空いているスペース(ある程度警備員の方に指定されます)に駐車します。

ヤクルト工場内には売店や食べるところはありませんので、お昼などはあらかじめ済ませるか、工場見学後に別場所で食べるようにしましょう。

岡山和気ヤクルト工場見学レポ

10分前には工場に到着できるようにしよう

では実際にヤクルト工場内を見ていきましょう。

駐車場に車を停めたら早速施設内に入っていきます。まずは入口に下記撮影スポットがあるので1枚パシャり。

ヤクルトのいろんな展示物や下記プロ野球選手のサインなどが展示されていました。

訪問時間ですが、早めに訪問して後ほど紹介するPRホールで遊ぶのもいいですが、10分前には訪問するようにしましょう。

グループ(他家族)として一緒に工場見学をスタートすることになるので、途中からだと若干入りづらいと思いますよ。

2FのPRホールで受付&待機、トイレや授乳室(1F)も完備

岡山和気工場の場合、2Fがメインの見学ツアーの場所となります。工場1Fで受付を行なった後、2Fのホールで見学時間になるまで待機します。

館内の間取りは上記のような感じ。

トイレはもちろん、授乳室(2Fではなく1Fにありました)も完備されていましたよ♪

工場見学スタート♪挨拶&アニメ風のヤクルト説明&試飲(1人1本)25分程度

工場見学の時間になりましたら、先ほどの間取り図の「PR室」に入るようにスタッフの方から案内を受けます。

席は自由席で好きな場所に座る感じです。今回8月13日のお盆という日程もあったのか、上記写真の通りほぼ満席状態でした。

座った後はスタッフの方が1人1本ヤクルトを配ってくれますよ♪

ヤクルト工場見学35分、容器やラベル高速作成、液体注入、パッケージまで一通り見れる(写真撮影NG)

全員席に着いてヤクルトが配られたら、スタッフの方から初めの挨拶がありヤクルトで乾杯します♪

そしてその後ヤクルトの商品に関してシロタ株などの説明が含まれた映像が20分ほど流れます。

これ、子供たちが耐えれるかな...と思ったのですが、大丈夫です。完全にアニメ化されているので、比較的小さい子供でも問題ないかと。

今回8歳の息子と5歳の娘と一緒に訪問したのですが、5歳の娘は最後まで真剣に映像を見ていましたよ♪

その後工場内の見学ツアーとなります。今回満席だったので2つのグループに別れて、少し時間をずらして工場内を見学します。

工場内・製造過程は写真撮影NGだったので、テキストベースで簡単に見学内容を箇条書きにすると下記のような感じ

  • バーチャルで工場内の服装に着替えることができるディスプレイ
  • 空気で服に着いているゴミなどを取り除く体験
  • ヤクルトの大元の容器を作成するところを見学
  • 用意にラベル(消費期限など)を印字するところ、ラベルを貼るところを見学
  • 容器内に液体を注入、7個に並べてグループパッケージするところを見学
  • 商品として出荷する手前の部分(冷蔵保存)を見学

大体上記のような感じでしょうか。

今回は30人くらい1グループとして、スタッフ1人がまとめて場面場面を説明しながら一緒に行動して見学しました。

子供たちの様子ですが、実際に動いているところを見るのは楽しいみたいで、結構ちゃんと見学してくれましたよ♪機械が高速で作っていく様子が見飽きないようです。すごいスピードでヤクルトが出来ていくので...

まぁ途中若干飽きたような感じもありましたが...大部分は問題なく、しっかり聞いて見て見学してくれました。他の子も大体同じような感じ。

最後にお土産ゲット♪1人1個もらえるよ♪

見学が全て終わると最後に1人1個お土産をもらえます。下記が今回mog家がもらった4人分のお土産♪

ヤクルトの容器で出来た定規(子供はこちら)と蓋開け(大人はこちら)、紙パックに入ったミルージュを見ただきました♪

PRホールが何気にすごい!子供たちが遊べる施設多数あり♪

PRホールは工場見学前と工場見学後に利用可能♪もちろん無料。

見学が終了したので、帰るか...と思ったのですが、下記2FにあるPRホールがかなり充実していて、見学後40分ほどこちらで子供たちと遊んで帰りましたよ♪

こちらのエリアですが、見学前にも利用することができるので、早めに工場に着いてしまった場合はこちらで時間を潰す&遊ぶことができるようになっています。

ということで、PRホールの内容を順番に見ていきましょう。

ヤクルトの形をした乗り物♪

まずはヤクルトの模型をした乗り物です♪

座ってハンドルを自由に回すことが出来ます。記念撮影にどうぞ♪

昔のヤクルト瓶とキャップ

下記のとおり展示物も置かれていました。

昔のヤクルトの容器とふたです。時代を感じることが出来ますよね。

シロタ株を学べるヤクルト型バーチャルボックル

壁にヤクルトの説明がずらっと記載されているのですが、下記の通り映像で楽しむような装置も設置されていました。

上記はヤクルトに入っているシロタ株に関して、映像で見て知ることが出来ます。

が、あんまりこちらは活用されていなかったですね...下記に記載するゲーム感覚の設備が子供たちに大人気でした♪

ヤクルトリズム、リズムゲーム&高得点を目指せ♪

ということで、ここからは楽しいゲーム機のご紹介です。が、あくまでもヤクルトの商品知識を身につけるためのものなので、学びも頭の片隅に置いておきましょう。

まぁ楽しみの方がまさってしまって、最終的にはゲームを楽しむだけになってしまいますが...(苦笑)。

まずは下記リズムゲームです。

食事を食べるゲームになっており、ボタンをタイミングよく押すことで、子供が目の前に出て来た食事を食べます。

バランスの良い食事・悪玉菌を避ける・ヤクルトを飲むと子供が健康体になります。悪玉菌をとったり、食事を取らなかったりするとどんどん子供が痩せ細っていって不健康になってしまいます。

このリズムゲーム、おそらくmog家だけでも10回以上プレイしたでしょうか...

混雑時は3人程度並んでいる感じになっていましたが、mog家は今回最後までPRホールに残って遊んでいたので、上記写真の通りだれもいない状態で何回もチャレンジ(苦笑)。

その結果...上記の通り満点を取ることが出来ましたよ♪

悪い菌をやっつけろ!悪玉菌バスター、手で触れて菌を撲滅&高得点を目指せ♪

次に体を動かして点数を競うゲーム「悪玉菌バスター」になります。

下記のような感じで、画面前で人を検知するとゲームがスタートします。

こちらは両面にディスプレイが付いているので2機あり、複数人で出来るので小さい子供と一緒に楽しんでいる家族も多数いらっしゃいました。

ルールは簡単で、画面上に多数出てくる悪玉菌を手で動かして触れるだけでやっつけることが出来ます。

20秒くらいでしょうか、ゲームが終わると上記の通り点数が発表されます。家族内で競い合ってみてはいかが?

こちらのゲーム機も人気なのですが、2機あるので混雑時順番待ちしていても比較的すぐに順番が回って来ますよ♪

ヤクルトウェイ、ピンボールみたいにゲーム感覚で楽しめる

次に玉転がしゲームが奥に1機設置されていました。

人物の形をした板の上に善玉菌?の玉を口から入れて、板を左右に動かしながらうまく腸まで届けるゲームになります。

これが以外と難しい...途中下に落ちやすいように枠がなくなっている部分があり...腸の途中でボールがポトり...

最後までうまく玉を運ぶことが出来れば、成功の音がなるような仕掛けになっていましたよ♪こちらのゲームは結構人気で、多い時で5人くらい並んでいました。

体内アドベンチャー(バーチャルシアター )10人程度閲覧可能

一番奥には下記体内アドベンチャーという施設がありました。

こちら自由に出入りすることが出来、施設内には10人くらいが座れるように椅子が置かれていました。

前方スクリーンだけでなく、下記のような感じで上も左右も映像が流れるのでなんだか本当に体内にいるような感覚になります。3Dを見ているような感じ...

5歳の娘はちょっと気分が悪くなったそうなので途中退席...苦笑。

結構すごいと思うのですが、しっかり見る人も少なくあんまり人気はなかったですね。やはり子供たちにはゲーム感覚の方がいいみたいですね。

最後に

今回はヤクルト工場見学に関して、予約方法や見学ツアー、その他子供たちが遊べる施設に関して詳しくご紹介しました。

個人的にはPRホールが充実していて、小さい子供が一緒でも十分楽しめる内容となっていました。ヤクルト工場見学を検討しているという方は、本記事を参考にして見てくださいね。

-公園・遊園地・水族館

Copyright© mogblog - family challenge - , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.