mog TIPS

30ゲーム(30を言ったら負け)で勝つコツ・必勝法をご紹介

【 本記事のターゲット 】

  1. 1から順番に数字を言っていく。1人3つまで数字を言う事が出来、最後に30を言った人が負けるゲーム
  2. 30を言ったら負けるゲームの必勝法を知りたい

今回は1から順番に数字を言っていき、最後に30をいったら負けになるゲームの必勝法をご紹介したいと思います。

おそらく...だれもが一度はやったことがあるゲームではないでしょうか。

2人で手軽に、または複数人でプレイすることが出来るゲームとなっており、30を言ったら負けというゲーム。

これ、単純なんですけど結構奥が深い...そして二人でする場合、必勝法を知っている人が必ず勝つというゲームになります。

複数人でやる場合はちょっと読めない部分がありますが...二人で30を言ったら負けるゲームをする際に、勝つコツ・必勝法に関して今回ご紹介します。

30ゲームでよく負ける...必勝法を知りたいという方は、本記事を参考にしてみて下さいね。

ちなみに、別記事にてひらめき問題や脳トレ問題なども記載しておりますので、良ければ併せて見てみて下さい。

30を言ったら負けになるゲームで勝つコツ。ある法則にもっていければ勝率100%

30を言ったら負けゲームのルールを再確認。3つまで数字をいう事が可能

まず30を言ったら負けになるゲームのルールを再確認しておきましょう。

  • 1から順番に数字を言っていき、30を言った人が負け
  • 数字は最大3つまで言うことが出来る。
  • 1つでも、2つでも、3つでも問題なし
  • 二人の場合は交互に順番を、複数人の場合は数字を言ったら次の人に順番を進める

といった感じ。

二人でやる場合、例えばA君とB君がいた場合は下記のような感じですね。

  • A君:1、2
  • B君:3、4、5
  • A君:6
  • B君:7、8、9
  • A君:10、11、12
  • B君:13、14、15

...という感じで進んでいくかと。そして、最終的に30を言わされた方が負けですね。

30を言ったら負けになるゲームの必勝法。1+4の倍数の数字を言えれば勝ち

さて、この30を言ったら負けゲームですが、必勝法があります。

それは...、「29」を言えれば勝ちになるんです。まぁ当然でずよね。次30しかないので、相手は30を言うしかありません。

けど、これを逆算して考えてみましょう。

「29」を言うためには...「25」を言えれば良いんです。例えば、相手が

  • 22、23、24

と言ってきたとします。次に

  • 25

と言ってしまえば勝ちは確定です。なぜなら、相手側がどんな数字を言ったとしても、下記の通り29を宣言する事が可能ですよね。

  • 26 → 27、28、29 と言えばOK
  • 26、27 → 28、29 と言えばOK
  • 26、27、28 → 29 と言えばOK

そう、3つまで数字をいう事が出来るので、25で数字を止めた時点で勝ちが確定します。

これをさらに逆算すると...そう、「21」を言えれば勝ち確定ですよね。たとえば相手が18、19と言ってきたら、20、21と言って21で数字を止めておきます。

そのあとは下記のような感じで...

  • 22 → 23、24、25 と言えばOK
  • 22、23 → 24、25 と言えばOK
  • 22、23、24 → 25 と言えばOK

同じように25を無事宣言する事が出来ますよね。

じゃあさらに逆算すると...「17」「13」「9」「5」「1」となります。「4の倍数+1」ですね。

この数字で止める事が出来れば、あとは同じパターンで、これらの数字を言えるように誘導すれば勝ちが確定します。

という事で、二人で実施する場合、必勝法としては

  • 先手番になったら速攻で「1」のみ言う。あとは「5」「9」「13」...「25」「29」の数字が言えるように持っていく
  • 後手番の場合、どこかで「5」「9」「13」...「25」「29」といった「4の倍数+1」を言えるように誘導する

といった感じ。

もし相手が「5」「9」「13」...「25」「29」の数字を言ってくる場合、相手もこの必勝法を知っている可能性大です(苦笑)

最後に

今回は30まで言うと負けになるゲームの必勝法をご紹介しました。

必ず勝ちたい・必勝法を知りたいという方は、本記事で記載した内容を参考にして、是非チャレンジしてみて下さいね。

© 2020 mogblog - family challenge - Powered by AFFINGER5