ITラボルーム

iPhoneの画面上に表示したQRコード(Web・画像)の読み取り方をご紹介

【 本記事のターゲット 】

  1. スマホ(iPhone)を利用している
  2. iPhoneの画面上に表示されているQRコードの読み取り方を知りたい

今回は最近めっきり見かけることが多くなってきた「QRコード」に関して、iPhoneの画面上に表示されたQRコードの読み取り方をご紹介します。

1次元バーコードに関しては、よく買い物などレジで読み取る時に利用しますよね。いろんな商品に付属しているかと。

しかし、最近では2次元バーコードと呼ばれるものが多く登場してきています。

従来の横方向にしか情報を持たない1次元バーコードに対し、水平と垂直に情報があるコードになります。

その代表的なものが「QRコード」ですね。最近はスマホの決済などでも非常に目にする機会が多くなってきています。

そんな中、日常生活においてスマホでQRコードを読み取れた方が良い場面も非常に多いです。

通常はスマホのカメラをかざしてQRコードを読み取るのですが...WebページやPDF資料などにQRコードが記載されている場合もあります。

そんな時、iPhoneの画面上に表示されているQRコードを読み取る方法に関して、画面キャプチャ付きで詳しくご紹介します。

ちなみにAndroidスマホの画面に表示されているQRコードの読み取り方や、カメラ越しにQRコードを読み取る方法に関して下記別記事にまとめていますので、気になる方は見てみて下さい。

iPhone画面内のWebページに記載されているQRコードを読み取る方法

QRコードが表示されている該当のWebページを開く

iPhone画面上に表示されているQRコードを読み取りたいというパターン、色々あると思いますが、下記2パターンに関して今回はご紹介します。

  • iPhoneのWebページ上に表示されているQRコードを読み取る方法
  • iPhone内に保存されている資料・データなどに記載されているQRコードを読み取る方法

まずはWebページに表示されているQRコードを読み取る方法になります。

上記サンプルですが、当ブログのTOPページにアクセスするためのQRコードを作成してみました。

上記の通り、iPhoneのSafari(ブラウザ)にて表示されているQRコードになりますので、先ほど別記事でご紹介しておりますカメラ経由で読み取る事は出来ない状態です。

QRコード部分を指で長押し。拡大後に「開く」をタップすればOK

ではどうやったらiPhone上に表示されているQRコードを読み取る事が出来るのか...

非常に簡単です。QRコード部分を指で長押ししてみて下さい。

上記の通り、QRコード部分が拡大し、画面下にどのように対応するのか各種メニューが表示されます。

「開く」をタップしてみると...

上記の通り、QRコードの情報に記載されているWebページを開く事が可能となります。

iPhoneに保存している資料・データのQRコードを読み取る方法

資料内のQRコードを画像として保存(スクリーンショット等)

ではもう一つのパターン、iPhoneの中に保存されているデータ・資料に記載されているQRコードを読み取る方法になります。

最初のステップとしては、資料に記載されているQRコード部分を画像としてiPhone内に保存します。

一番簡単な方法だとスクリーンショットですね。音量ボタンとサイドボタンなどを同時押しする事でスクリーンショットが可能となります。

機種によってスクリーンショットの方法は違いますので、こちらのApple HPよりご確認下さい。

上記は先ほどのWebページをスクリーンショットした画像となりますが、QRコード部分が全部含まれている事を確認しましょう。

ちなみに、QRコードだけを抜き出す必要はありません。多少他の項目が入っていても大丈夫です。

この画像に変換したQRコードから情報を読み取っていきます。

LINEアプリを起動。「友だち追加」の「QRコードリーダー」機能を活用

画像に記載されているQRコードを読み取る方法は色々あるのですが...

おそらく皆さんが良く利用するiPhoneアプリ「LINEアプリ」が入っている状態かと思いますので、こちらを使った画像QRコードの読み取り方法をご紹介します。

上記の通りLINEアプリを起動し、ホーム画面に表示されている右上の人のマーク「友だち追加」アイコンをタップします。

上記画面になりますので、画面上部にある「QRコード」をタップします。

上記の通り、QRコードを読み取る画面が表示されます。

この状態で、右下に表示されている画像サムネイルを一度タップして下さい。

QRコードが記載された画像を選択後、「リンクを開く」をタップ

すると、下記の通り写真アプリの中にはいっている画像一覧が表示されます。

先ほどスクリーンショットで保存したQRコードが記載されている画像を選択します。

すると...

上記の通り、QRコードのURL情報が画面上に表示され、「リンクを開く」をタップすると...

上記の通り、QRコードに記載されているWebページを表示する事が可能です。

画像に関してはちゃんとQRコード部分を読み取ってくれるので、結構手軽&正確にQRコードを読み取る事が可能ですよ。

最後に

今回はiPhoneの画面上に表示されたQRコードの読み取り方をご紹介しました。

カメラ越しでQRコードを読み取るのではなく、iPhone上の電子データに記載されているQRコードを読み取りたい場合は、今回記載した本記事の内容を試してみて下さい。

© 2021 mogblog - family challenge - Powered by AFFINGER5