ITラボルーム

ワイホー(Wi-Ho)はハワイで問題なくネットに繋がる?4日間利用レポ

【 本記事のターゲット 】

  1. ハワイに行く予定がある
  2. 海外レンタルWiFiルーター「Wi-Ho(ワイホー)」を持っていきたい
  3. ハワイオワフ島やハワイ島で問題なくインターネットに接続出来るかどうか知りたい

今回はハワイで利用出来る格安レンタルWiFi(Wi-Ho)が実際に現地で問題なくインターネットに接続出来るのかどうかという部分に関して、実体験をベースにご紹介します。

2019年9月、ハワイへ訪問してきましたよ♪

ハワイはいいですね♪

常夏ですし、アクティビティは沢山ありますし、食べ物は美味しいですし、カタコトの英語でも大丈夫ですし...値段が高い事以外は本当に日本人向けの旅先かと♪

さて、今回ハワイへはmog一人での訪問となったのですが、家族と連絡を取りあえる&現地で不明な事があったらすぐに検索ができるようにインターネット環境を現地で整えたかったんですよ。

色々調査した結果、イモトのWiFiとか色々ある中で、今回mogが選んだのは2019年9月時点でおそらく一番安く提供されている「Wi-Ho」というレンタルWiFi。

多分2019年9月時点で聞いた事があるという人はほとんどいないのではないでしょうか...mog自身も今回調べた上で初めて知りました。

ただ、周りの人に聞いてみても知らないという人ばかりで...ネット検索で口コミなどをみていると「繋がる」とか「繋がらない」とかいろんな体験談が...

という事で、今回mog自身が手配したWi-HoのWiFiルーターが問題なくハワイで接続出来たのかどうかという部分を詳しくご紹介してみます。

ちなみに、海外WiFiルーターの手配方法など、Wi-Hoをベースに下記別記事にてご紹介しておりますので、一度も利用した事がなくてどうやって手配したらいいか分からない&不安だという方は、下記記事も参考にしてみて下さいね。

オワフ島&ハワイ島Wi-Ho(ワイホー)インターネット接続検証レポ

レンタルWiFiは小さいが意外と厚くて重い、ハワイ現地コンセントで簡単充電可能

ではここからは実体験ベースで詳しくご紹介。

まず今回利用したWi-Hoの海外WiFiルーターに関して、どんな感じなのかをちょっとだけご紹介します。

先ほど紹介した記事に記載しておりますが、予約・手配後、現地成田空港で受け取ったのが下記。

ポーチの中に説明書と下記の通りルーターと電源が入っていましたよ♪

ちなみにこのモバイルルーターの大きさですが...

ちょっと比較するものが近くになかったので、とりあえずiPad mini 5 と並べてみた感じが下記。

片手ですんなり持てるくらいの小型タイプとなっていました。普通にウェストポーチなどに入る大きさでしたよ。

ただ、思った以上に分厚い&重いというのが個人的な印象です。側面から撮影してみたのが下記となるのですが...

モバイルバッテリーよりも分厚いです。iPad mini の4倍くらいの厚さがあるかも。

なので、mogはハワイ滞在時には常にショルダーバッグにこのルーターを入れて、いつでもiPhoneで通信できる環境を作っていたのですが、ちょっと重たいなという部分がネックでした。

こちらのルーターの仕様は下記の通り。

まぁバッテリーがたっぷり搭載されているので、分厚い&重くなっているのかな...

ちなみに、今回ハワイ観光中は朝から夜まで充電せずに1日中付けっ放しにしていたのですが、電池は半分も減る事なくバッテリー性能はめちゃくちゃ良かったですよ♪

1日の観光が終了したら、下記の通りホテル内で日本同様に充電する事が可能です。

充電口はMicro USBとなっていて、ハワイの場合だとコンセントが日本と同じなので、だれでも迷う事なく充電する事が可能かと。

ハワイホノルル空港(ダニエルKイノウエ空港)到着後、電源入れると自動接続

さて、では実際にハワイ到着後このWi-Ho(ワイホー)のWiFiルーターの利用に関して、実体験ベースでご紹介していきます。

ちなみに注意書きにも記載されていたのですが、こちらのワイホーのルーターですが、すでに受け取り時にはハワイ向けの設定が完了しており、日本国内ではテスト以外での利用は控えて下さいと記載されていました。

mog自身は日本国内では一度も電源を入れる事なく、ハワイ現地へ持ち込んで初めて電源を入れてみましたよ。

下記がホノルル空港(ダニエルKイノウエ空港)で初めて電源を入れた時の状況です。

まず、充電はMAXになっていて、しばらく上記の通り「インターネット接続中」という表示になっていました。

設定などの操作は一切なく、そのまま待機しておくと...

上記の通り画面中央に「利用データ合計」がどでかく表示されるようになっていて、その下に「Wi-Fi名(SSID)」と「PW」がわかりやすく記載されていました。

こちらを元にiPhoneやiPadで設定のWi-Fi項目から接続します。

上記iPadの画面になりますが、iPhoneやiPadの設定アプリをタップして、「Wi-Fi」に表示されている一覧の中に先ほど表示されたWi-Fi名が出て来ます。

そちらをタップしてパスワードを入力すれば、ハワイ現地でiPhoneやiPadをインターネットに接続する事が可能となります。

ちなみに、Wi-Fi名は間違えないようにタップしましょう。周りに日本人が多かったせいか、やたらと同じような名前のWi-Fi名がたくさん表示されていたので...

多分同じように海外ルータを日本から持って来て接続している人が多数いるんだと思います。数字連番になっていて結構間違えやすいので...ちゃんと手元に表示されているWi-Fi名をタップするようにしましょう。

1日目はワイキキ周辺散策(ショッピング&ビーチ)で利用、問題なく接続可能

さて、ハワイでモバイルWiFiルータを使ってiPhoneなどの接続が完了したら、早速現地で色々使っていきましょう。

まず初日ですが、下記の通りオワフ島のワイキキ周辺を色々散策してみました。

どのあたりにショッピングセンターがあるのか、有名なハンバーガー屋さんや夕食レストランはどのあたりにあるのか...

色々Webで検索したりメッセージやLINEで連絡を取り合いながら初日を終える事が出来ました。

初日は基本ワイキキから外に出なかったのですが、一度もインターネットが途切れる事なく快適に利用する事が出来ましたよ♪

そして初日利用したデータ量は下記の通り。

50MBという結果になりました。バッテリーもほとんど減っていない...

まぁ動画を閲覧したり、TwitterなどSNSで写真などもアップしなかったので、基本テキストベースのやりとりや検索程度であれば1日300MBあれば十分かと思いますよ♪

TIPS:現地でスピードテスト実施、速度は出ているが体感的には結構遅い

あと現地ハワイでの海外WiFIルーターを使った際の速度はどのくらいでるのか...という部分を調査してみました。結果は下記の通り。

  • ダウンロード(下り):28.6Mbps
  • アップロード(上り):22.1Mbps

測定場所は今回宿泊した「ヒルトンハワイアンビレッジ」のホテル内になります。

思った以上に速度は出ているのですが...個人的には通信は少し遅かったような気がします。検索しても、表示されるまで数秒待たないといけないといった感じ。

まぁそこまで不便はしなかったので、個人的には問題ない速度が出ていたかと思いますよ。

ちなみに、上記スピードテストをしただけで一気に30MBほど容量を消費...スピードテストって結構通信するんですね...まぁダウンロードとアップロードを計測しているから、当然といえば当然なのかな。

初日終了時に実施したので特に影響はなかったのですが、安易にスピードテストをしないほうが良さそうです(苦笑)。容量が無くなってしまいますよ。

2日目はハワイ島(キラウエア火山見学ツアー)で利用、基本問題なく接続可能

では続いて2日目のWi-Hoの接続状態をご紹介

2日目はワイキキ → ホノルル空港(オワフ島) → ヒロ空港(ハワイ島) → キラウエア火山(ハワイ島)とオワフ島から飛行機にのって別島へ訪問してみました。

火山で有名なキラウエア火山ですね。昨年溶岩が流れ出て、日本でもニュースで度々放送されていたかと。

そんなハワイ島ですが、空港到着時や車で下記クッキー(BIG ISLAND本社)の工場...

あとはロコモコ発祥の地とか色々観光したのですが、ハワイ島にも関わらず基本全ての箇所において問題なくインターネットに接続する事が出来ていました。

個人的にはハワイ島は厳しいのではないか...と思っていたのですが、まったく問題なく通信出来ていましたよ♪

詳しくは分かりませんが、オワフ島と同じなんですかね。そして、下記キラウエア火山...

去年の溶岩流出により、火口がかなり変化したとの事。それでも水蒸気は黙々と立ち上っていましたよ。このキラウエア火山でも問題なく通信は出来ていました。

あとは下記キラウエア火山から溶岩が流出して、辺り一帯溶岩で覆われてしまった溶岩台地へも訪問...

上記、なかなかすごい光景ですよね。ここ、元は街や道路があったんですよ。それが全て溶岩で覆い尽くされてしまったという場所になります。

上記写真の通り建物もまったくなく...流石にこのエリアに関してはインターネットに接続する事が出来ませんでした。基地局自体がないのかな...

とはいえ、ハワイ島で観光するにあたって有名な箇所は問題なくインターネットが接続できる環境になっていました。

さて、ハワイ島で1日中利用した時の結果としては上記の通り、ちょっと多めの通信という事で100MBを超えましたが、300MBにはまだまだ到達しない状況でした。

あとバッテリーも半分なくなるかどうか?というくらいで、まだまだ余裕で利用出来そうなくらい電池残量は残っていましたよ。

3日目&4日目はハワイオワフ島で利用、接続が切れる事は一度もない

さて、翌日3日目 or 4日目もハワイ・オワフ島での観光となりましたが...

まぁ先ほど初日分記載しているとおり、オワフ島内は基本問題なく通信は出来ていました。

アラモアナショッピングセンターとかにいって、現地で調べ物とかもしましたが、インターネットへは問題なく接続出来ていましたよ。

3日目の結果、通信容量は30MBちょっと...

やはり1日300MBあれば十分でした。電池残量も余裕です♪

通信容量は使い方にもよるが、調べ物(検索)や連絡を取り合う程度であれば1日300MBで十分

今回4日間ハワイで海外レンタルWiFiルーター「Wi-Ho(ワイホー)」を使ってみた感想ですが...

思った以上に使い勝手は良かったです。一度も設定をいじる事なく、現地で電源を入れて待機しておけばそのままインターネットに接続出来ますので...

通信速度も多少遅いと感じる部分はありましたが、個人的には問題なし。

バッテリーも大容量で、電池も1日中問題なく持ちました。ちょっと重たいのがネックですが通信できなくなるよりは全然ましかと。

あと別記事でご紹介する予定なのですが、今回宿泊した「ヒルトンハワイアンビレッジ」では部屋内で無料でインターネットが利用出来るので、iPadで漫画をみたりYouTubeをみたりする時はホテルのWiFiを利用していたんですよね。

なので、モバイルWiFiルーターは基本外出時の連絡手段のみに利用、結果的には1日300MBを超えることは一度もなく、一番利用した日で100MBちょっとの通信量という結果になりました。

最後に

今回はハワイなど海外で利用出来る格安WiFiレンタルルーター「Wi-Ho(ワイホー)」に関して、実際にハワイ島・オワフ島で使ってみた体験談を元に、インターネットへの接続が問題ないかどうかをご紹介しました。

最初手配時はちょっと不安だったのですが、上記記事の通り問題なく現地でインターネット接続する事ができましたよ♪

これからハワイや海外へ行く予定の方で、Wi-Hoを検討しているという方は、本記事を参考にしてみて下さいね。

-ITラボルーム

Copyright© mogblog - family challenge - , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.