公園・遊園地・水族館

ふなばしアンデルセン公園のアスレチック土日祝日・連休中混雑状況を紹介

【 本記事のターゲット 】

  1. 千葉県船橋市にある「ふなばしアンデルセン公園」へ行ってみたい
  2. 土日祝日・連休中に訪問予定
  3. アスレチックの混雑状況・待ち時間を知りたい

今回は千葉県船橋市にある有名な公園「ふなばしアンデルセン公園」で利用出来るアスレチックに関して、土日祝日・連休中の混雑状況をご紹介します。

2020年3月の3連休快晴日にて、家族でふなばしアンデルセン公園に訪問してきました。

アンデルセン公園、いつ来ても良いですよね♪

お花も綺麗ですし、遊具もそろってますし、アスレチックは豊富にありますし...家族でピクニック気分で来るにはちょうど良いです♪

さて、mog家は過去5回以上アンデルセン公園に来ているとは思うのですが...今回2020年3月の3連休&快晴日という日程にて、アンデルセン公園に訪問してきました。

いやぁ...凄い人だったんですよ...多分過去最高に人が多かったんじゃないですかね...

そんな状況だったのですが、今回天気も気候もよかったので、ガッツリ子供たちとアスレチックを体験してきました。

アンデルセン公園のアスレチックはかなり膨大な施設なのですが、今回大混雑時期にてどのくらいの人が利用していたのか、どのくらい待ち時間が発生していたのかという点をご紹介します。

ふなばしアンデルセン公園へ土日祝日訪問予定&アスレチックを利用したいという方は、本記事を参考にしてみて下さいね。

ちなみに他記事にて、アンデルセン公園の駐車場混雑状況・テントやお弁当持ち込み、パターゴルフなどの情報もご紹介していますので、良ければ合わせて見てみて下さいね。

アンデルセン公園の土日祝日アスレチック混雑状況現地レポ

1年間のうちで最もアンデルセン公園が混雑する日程に訪問

今回アンデルセン公園に訪問したのが3月の3連休&ど真ん中の快晴日となります。

アンデルセン公園ですが、1年間のうちで最も混雑が予想されている日程は下記となります。

  • GW期間中
  • 3月の3連休中

夏場が多いのかな...と思いがちなのですが、アンデルセン公園できれいにお花が咲く時期&気候が良いとされる3月下旬とGWに人が集中します。

今回そのうちの一つ、3月の3連休に訪問したのですが...

上記、アンデルセン公園中央にあるワンパク王国の広場ですが、テントでぎっしり...

過去何度か訪問んしていますが、こんなにテントが広場に設置されているのは初めて見たかも(苦笑)。既に広場ではなくテント設営エリアになってしまってます(汗)

駐車場も臨時駐車場がOPENしているような状況の中、アスレチックはどのくらい混雑していたのか、実際の現地状況を元にご紹介していきます。

アンデルセン公園のワンパク王国エリアを囲むようにアスレチックが用意

まず、アンデルセン公園にあるアスレチックの場所を確認しておきましょう。

下記がふなばしアンデルセン公園の全体MAPになります。

駐車場は北・東・南・西とそれぞれ用意されており、アスレチックがある場所は上記MAPの「ワンパク王国」エリアになります。

ワンパク王国自体は大きめの広場&滑り台などの複合遊具が設置されている場所なのですが、こちらのエリアを囲む様な形でアスレチックが用意されているんですよ♪

「森のアスレチック」は全部で4コース&80施設以上!ボリューム満点

では実際のアスレチックがどんな感じなのか見ていきましょう。

ふなばしアンデルセン公園のアスレチックは「森のアスレチック」という名称になっていて、先ほどもご紹介した通り「ワンパク王国」を囲む様な形でアスレチックが設置されています。

下記が森のアスレチック全体MAPになります。

中央がワンパク王国ゾーンになっていて、ぐるっと半円として囲む様に森の中に設置されています。

全部でコースは4つあり、

  • じゅえむの冒険コース:20ポイント
  • ファミリーコース:25ポイント
  • ダイナミックコース:28ポイント
  • 力だめしコース:9ポイント

となり、全部で82ポイントのアスレチックが存在します。

さて、こちらのアスレチックなのですが、コースに設置されているそれぞれのアスレチック遊具に対して難易度が設定されています。

こちらをみると7歳以上からスタートしているので、年齢としては小学校1年生からが目安ですかね...幼稚園児のお子さんなども多数見かけました。mog家も6歳の娘と共にアスレチックを利用させていただいたので。

ちなみに、アンデルセン公園入場者に関して、全てこちらのアスレチックは無料で利用出来ます♪

入り口なども自由に出入り出来るので、まずは気楽にチャレンジしてみましょう。

じゅえむの冒険コース&ファミリーコース土日祝日混雑状況

では、実際にアスレチックの各コース混雑状況からご紹介します。

まず、小さい子供向けのコース「じゅえむの冒険コース」と「ファミリーコース」の混雑状況からご紹介。

こちら、実際に6歳の娘と14時前に一通り利用してみたのですが、、、まぁ中々混雑していましたよ。

下記じゅえむの冒険コース3つ目?くらいのアスレチック遊具ですが...子供たちが10人以上並んでいる状況でした。

その後も下記の様なロープにぶら下がって進むアスレチックも大渋滞...

とはいえ、数分待てば利用出来るくらいの混雑状況だったので、ディズニーのようにそこまで待ち時間が長いという事はありませんでした。

あえて言うなら下記アスレチック遊具が危険でしょうか...

イカダを使って池をぐるっと円状に回るものなのですが、1式しかない上に一人しか利用できないので...

20人近く並んでいましたが、1周30秒と考えても10分以上は並ばないと利用出来ないような状況でした。

しかし、これ以外のアスレチックは基本並んでいても数人程度。

ただ、子供たちの年齢によって、当然進むスピードがバラバラなので...

上記の様なアスレチックの場合、アスレチック途中で渋滞が発生していました。

とはいえ、mog家としてはそこそこ快適に遊ぶ事が出来ましたよ♪

ダイナミックコース土日祝日混雑状況

次にダイナミックコースの混雑状況をご紹介します。こちらのコースは12時前に息子(10歳)と娘(6歳)で一通り利用させて頂きました。

ダイナミックコースですが、先ほどのコースより難易度が高いので...小さい子供たちは少なく、さらにアスレチック中の渋滞もそこまで発生していなかったです。

上記の通り、通常のアスレチックに関しては待ち時間はほぼなく、快適に利用する事が出来ました。

上記は丸太をまたいで進むというものですが...これに関しては2式しかない&進むスピードがどうしても遅くなるので、見ての通り渋滞が発生していましたね(汗)

とはいえ、待ち時間は特になかった印象です。

小学校高学年以上が多かったので、人が沢山いてアスレチックを利用していても、結構スイスイ進んで行きましたよ。

どのアスレチックも人は多かったですが、じゅえむの冒険コース&ファミリーコースよりは空いていたかな?といった印象です。

力だめしの森コース土日祝日混雑状況

では最後に力だめしの森コースの混雑状況をご紹介。

こちらに関しては、先ほどの3つのコースとは少し離れた場所にあります。

そのせいか、まず入った瞬間そこまで混雑していないといった印象を受けました。

あと特徴的なのが、上記の様にアスレチック自体が3つ用意されているという事。

上記は網のトンネルを潜っていくものになりますが、大中小と3つ用意されているのが分かるかと。

上記もそうですね、力だめしコースに関しては、こういった形で1つのアスレチックに対して3種類用意されていて、小さい子供から大人まで幅広く年齢別に楽しめる様な作りになっていました。

こちらのおかげなのか、混雑状況も先ほどの3つのコースと比べても一番空いていたと思います。少し並ぶアスレチック施設はありますが、基本快適に利用する事が出来たので...

ただ、力だめしコースの途中にある下記芝滑りだけは、長い待ち列が出来ていました。

上記みて分かる通り、芝滑りは1つしかなく、滑るためのそりも2式しかない為、今回の混雑日の状況では20人近くが並ぶ&10分程度の待ち時間が発生していました。

が、これ以外は比較的快適にアスレチックを利用する事が出来ましたよ♪

最後に

今回はふなばしアンデルセン公園の土日祝日・連休中のアスレチック混雑状況をご紹介しました。

1年のうちでアンデルセン公園が最も混雑する時期に訪問&快晴という条件の元でしたが、そこまで混雑する事はなく、基本快適に利用する事が出来ましたよ♪

これからアンデルセン公園へ訪問予定・アスレチックを利用したいと考えている方は、本記事を参考にしてみてくださいね。

Copyright© mogblog - family challenge - , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.