キャンプ

【キャンプ】千石台オートキャンプ場家族体験レポ 川遊びも出来る

投稿日:2017年1月19日 更新日:

【 本記事のターゲット 】

  1. 千葉で静かな場所でキャンプがしたい。
  2. 自然が豊で、川遊びができる場所
  3. 手持ち花火が出来る

千葉件の南房総にはキャンプ場がたくさんあり、山奥や海岸など様々な場所でキャンプをする事が可能です。今回は千葉南房総・君津市にあるキャンプ場を紹介します。

状況、宿泊プラン

■ 当時
2015年6月
mog(父)、嫁、長男(5歳)、長女(1歳半)

■ 訪問先
千石台オートキャンプ場

■ プラン
オートキャンプ 1区画

mogが家族で初めてキャンプに行った場所、言わばスタート地点となります。まだ子供が小さかったので、一応プレで「相模湖プレジャーフォレスト セットアップテントサイト」へ行って問題ない事を確認してからのキャンプとなります。

流石に小さい子供をいきなりキャンプに連れて行くのは少々勇気がいるので…もし同じような方がいらっしゃいましたら、まずはキャンプグッズを揃えてなくてもキャンプが出来るプレジャーフォレストをお勧めします。下記投稿に内容記載しておりますので、よければ参照していただければと思います。

【キャンプ】相模湖プレジャーフォレスト セットアップテントサイト 家族で初キャンプ♪

到着まで

キャンプ場までは東関東道+館山自動車道を経由して、一般道を山奥へと進んでいきます。途中の山道は本当に狭い箇所があります(車1台しか通れない箇所あり)

運転慣れしている方は大丈夫かと思いますが、気をつけてキャンプ場を目指しましょう。

東京江戸川区からだと、渋滞していなければだいたい2時間半くらいで着きます。キャンプ場手前に立て看板がありますので、見逃さないようにしましょう。

千石台オートキャンプ場

チェックインは13:00からとなります。現地には13:00過ぎに着いたと思います。看板を見かけたら、まず車で奥まで入ります。そうすると一軒家と小屋が見えます。

こちらは家族でキャンプ場を経営しているようで、ご主人が小屋にて受付やキャンパーの対応などを行っているようです。(mogが訪問したのが土日なので、それ以外はちょっと分からないですが…)

ここのキャンプ場は林間サイトとオートキャンプサイトの2種類があります。今回オートキャンプサイトだったので、受付小屋奥の道を案内されたサイトNoまでそのまま車で移動します。

キャンプ区画の広さは十分で、テント+タープが2式は設置出来そうな広さでした。区画中央の地面は砂利ですが、区画内の地面は芝になりますのでテント下がごつごつするという事は有りませんでした。

今回東京に引っ越して子供が産まれてからの初キャンプだったので、久々のテント(今使っているサウスフィールドのテントを購入したのは2007年頃…)を8年ぶり?に開けて設置を初めます。一応くる前に中身などは確認したのですが、やはり8年ぶりともなると設置がそう簡単には行かず

まずはメインポールを立てる所でうまく行かない…子供を放ったらかしにして苛立つ2人(子供は車の中でiPad ドラえもん映画鑑賞中)…そして、ワンダーフォーゲル部時代にも遭遇した事がない事態が…

なんだか…テントのポールの傾き具合がおかしい…恐る恐るポールを取り出してみると…見事にメインポールが折れていました…ありえない…これは、キャンプどころではない。そもそもテントが立たない…

唖然とする二人、近くのアウトドアショップ探してテントを買いにいこうとする興奮気味のmog、それを止める嫁…子供たちはドラえもん…

という事があって、今回初めてのキャンプだったにも関わらず、殆ど写真をとらず(苦笑)

結局どうしたかというと、まずはキャンプ場のご主人にガムテープをお借りし、折れたポール部分をぐるぐる巻きに。当然それだけだとポールのしなりには耐えれないので、ロープは複数本有ったので、近くの木にロープで括り付け、折れた部分がなるべくまっすぐになるようにロープで引っ張るという、かなり強引な方法でテント(かなり折れた部分がとんがっている、今にもテントを突き破りそう…)を設営しました。

さすがにこれは周りの目もあって恥ずかしかったのですが、今回梅雨の時期にも関わらず快晴でとりあえずテントの中で寝れればいいかという事で、なんとかキャンプ再開…

ちなみに後から知ったのですが、こういうときはまずガムテープを借りるのではなく、キャンプ場の人に「予備のポール無いですか?」と聞くのがいいらしいです。結構各キャンプ場でテントの予備ポールなどが有るらしく、そこそこ長さも合うという話も。

そしてポールが折れてしまった際は、保有しているテントメーカー取扱店(mogの場合はDEPO)でポールのみ発注する事が出来ます。2,000円かかりましたけど、良い経験?が出来ました…

川遊び

とりあえずテント事件が一段落した後、梅雨の時期にも関わらずかなりの快晴、そしてめちゃ暑い...まだ初回という事でタープを持ってきておらず、テントの屋根だと限界の暑さに…タープ内で涼しんでいる他の組をみて、絶対次回買ってやるという思いが…※今現在はキャンプ時必ずタープは持っていっています。

ここは川遊びでも有名な場所のようで、少し歩いた所に沢におりれる所があるとキャンプ場のご主人から聞いたので遊びに行ってみる事に。

大体歩いて10分くらいでしょうか。下記のような自然の中で川遊びが出来るスペースがあり、暑さの関係から水の中がめちゃ気持ちよかったです。子供たちも喜んで遊んでいました。中には沢釣りをしている人もいました。ここに来る際は水鉄砲や網など水遊び道具を持ってくるようにしましょう。

ただその後に再度事件が…

子供二人+嫁さんと、mog以外がヤマビルに吸血され…特に上の子は悲鳴に近い勢いで泣きじゃくってました…今まで結構山登り(学生時代は中四国エリア)をしてきたつもりだったのですが、ヤマビルは初めて遭遇しました。ブヨやアブなどは良く有るのですが…

その名の通りヒルなので、吸い付かれたら血を吸血され、手で取ろうとしてもなかなかとれません。むしろ、無理矢理とろうとすると、吸い付き口の皮ごとはがれて出血がより酷く…こちらもキャンプ場のご主人に聞いたのですが、こういうときは無理にはがさず、ライターで炙るか虫除けスプレーをかければ自然とはがれるらしいです。

あえて写真は掲載しませんが、一度調べたい方はヤマビルで検索してみてください。今回梅雨というタイミングと前日雨が降っていた事、そしてこの日快晴だったという事で、ヤマビルが活発に動く条件が整っていたみたいです。結構他の組も被害に有っていたので、もしこの時期に行かれる方は対策していった方が良いかと思います。

ちなみに、ヤマビルは無害です。血を吸われるので出血は結構しますが、毒などは持っていないのでもし吸われたら血が止まるまで待って消毒+絆創膏などで処置をしておきましょう。

夕食、花火

夕食はBBQをしました。各テントサイトに炭入れが設置されているので、片付けは非常に楽でした。また、ここの家庭菜園?でとれたどでかいトマトが無料で配布されていたので、こちらを水で冷やして丸かじりしてみました。美味しかったです。

花火は芝はさけてほしいとの事で、中央道路の砂利道で手持ち花火を行いました。他の組も子連れが多く、手持ち花火を楽しんでいました。

2日目

朝食はスパゲッティーを作りました。子供達が喜びそうなミートスパゲッティーです。ここはチェックアウト12:00という事で、比較的ゆっくり撤収など行いました。今回梅雨だったので、テント干しが必要と思っていましたが、からっからに晴れていた+隣のテントサイトが空いていたので、地面に接している部分でぬれている箇所を撤収時に干して、帰ってからテント干しをしなくても良いようにしました。

実は元気だったら鴨川シーワールドに行きたかったのですが…ちょっと今回mogの体調が悪く、今回はそのまま撤収、帰宅する事にしました。

最後に

こちらのキャンプ場は山間の静かな場所にあって、自然の中でまったりとキャンプを楽しむことが出来ます。他の組で3世代でこられている所もあり、見ていて微笑ましかったです。

また夏であれば川遊びなどの体験も子供たちにさせる事が出来ます。ヤマビルのみ、注意が必要ですが…鴨川シーワールドまで近いので、2日目のプランなどに合わす事も出来るかと思います。

スポンサーリンク

-キャンプ

執筆者:

関連記事

【キャンプ】磯遊びやホタル鑑賞も 千葉白浜フラワーパーク

【 本記事のターゲット 】 千葉県南房総のオートキャンプ場 海で磯遊び、ホタル鑑賞、花火が出来る 温泉が付いている 仕事 …

【キャンプ】PICA富士吉田オートテントサイト体験レポ 富士急も近くて便利

【 本記事のターゲット 】 富士急ハイランドの近くにあるオートキャンプ場 設備が整っている(炊事場、お風呂、ごみ処理等) …

【キャンプ】相模湖プレジャーフォレスト セットアップテントサイト 家族で初キャンプ♪

【 本記事のターゲット 】 家族で初めてキャンプに行きたい キャンプをする為の装備をほとんどもっていない 遊園地など子供 …

【キャンプ】いわき市遠野オートキャンプ場 スパリゾートハワイアンズも

【 本記事のターゲット 】 オートキャンプサイトで区画が広い所に泊まりたい 電源と水場が区画に付いている所を希望 スパリ …

【キャンプ】成田ゆめ牧場ファミリーオートキャンプ場体験レポ

【 本記事のターゲット 】 フリー区間でオートキャンプがしたい。 滞在時間が長いキャンプ場 動物と触れ合いたい 前回紹介 …




管理人:mog
昔からキャンプ・旅行好き。東京都在住。現在7歳の息子と4歳の娘の2児の父。家族旅行・キャンプに奮闘中。

ブログの更新内容をメールでお知らせします。